CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
CATEGORIES
                
ARCHIVES
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ
リストランテ・タナカ@豊島園
今日は12月23日ということでクリスマス前だし
それっぽい写真をアップしたいなと思っても
あまりこ洒落た所へ行かないので悩む。
悩んだ結果、ブログにアップし忘れた良いお店のことを思い出す。
それは豊島園にある「リストランテ・タナカ」。
一応イタリアンのお店だけど、
ちょっとビストロっぽい感じもあり。
最寄り駅が豊島園なので、テレビや雑誌とかで
あまり取り上げられることが少ない地域だけど、
もう1軒ピザが激うまい店もあるというさりげない場所柄。
そのピザの名店はまた後日。
今回のお店は、千川通りから豊島園駅前を通る道沿いで
よく車で通ることが多かった。
ある時、ぽつんとかわいい感じのお店ができたので
機会をみて行ってみようと思い月日は流れる。
寒くなる前頃の夜にやっと行くことにしてみた。
ネットで情報を仕入れたところ、
昼も夜もコースが1種類あるのみだという。
本当はアラカルトで食べたいけど仕方がない。
予約して行ってみると、こじんまりした店内で
どうもご夫婦と女性のホールスタッフ1名で
切り盛りしているみたい。
今回は2人で行ったので、最初っから赤ワインをボトルで注文。
2人でこういうお店に行って、途中でボトルのワインを頼むと
意外と飲みきれない時が多いので、とっとと最初っから。
まずは前菜の盛り合わせ。
サフランをソースに使った物など、
イタリアンイタリアンしていない物が多い。
でもどれも丁寧に作ってあっておいしい。
どこに行ってもそうなのだけど、
パンが好きだから、ついワインと一緒にバクバク食べてしまい
最後に「しまった!」となることが多い。
ここは最初、自家製パンが出てくるのだけど
これがおいしくって、つい以前の学習を忘れそうになる。
次に出てきたステーキのきのこソースにつけてもおいしく
ついバクバク食べてしまった。
そしたらすかさず次のパンを出してくれる。
次は自家製ではないようで、ドライトマトの入ったパン。
これ以上パンは食べないようにしようと、心に誓う。
次にパスタが2種類あって選べるので
両方頼んでシェアすることにした。
裕福な競馬帰りの時に行ったことがある
分倍河原のイタリアンのお店のパスタがとってもおいしいのだけど
それに負けず劣らずでおいしかった。
オイル系とクリーム系共にくどくなく
でもコクがなくって物足りないなんてことはない。
アラカルトだったら、2人でもう1皿追加で注文したいくらい。
最後はデザートの盛り合わせと飲み物があるのだけど
勢いあまって急にワインを飲み過ぎたために
デザートの写真は取り忘れました。
3〜4種類の盛り合わせでおいしかったという記憶。
飲み物はカプチーノを頼み、全てを食べ終えて満足状態。
内装も食器も女性好みだし、
お値段も夜のコースで¥3,800とお手軽なので
近所の人がふらりと来れたり、
若者が彼女の誕生日にと行ったりするのにも良いお店だと思った。
ただ男性にはちょっと量的に物足りない感があるかも。
でもデートだったら、次のバーとかでつまめばいいし
気の置けない仲間だったりしたら、
ラーメンに行っちゃうのもあり?かも。
でもこれぐらいの腹八分目でやめるのが、人として真っ当。
私は真っ当ではないので、事前に買っておいた
このお店のすぐ近くにあるシャトレーゼのシュークリームを
家に帰ってお茶と共に食しました。。。
帰りは、ご夫婦がドアのところで見送ってくれた。
奥さんはサービススタッフとして、品がある素敵な人だったし
シェフのご主人は、物静かな感じの穏やかな笑顔が素敵で
気持ちよく帰れるとってもいいお店だった。

リストランテ・タナカ
電話:03-3991-2630
住所:東京都練馬区練馬4-12-17 メゾンドハナブサ1F
営業:昼11:45ー13:30(L.O) 夜18:00ー20:30(L.O)
定休日:月曜・火曜・毎月14日

今日の川柳〜
私でも たまには洒落て 飯を食う


ワイン 
飲むモードで赤ワイン

前菜盛り合わせ 
まずは前菜盛り合わせ

牛ステーキ 
次にステーキ

自家製パン 
自家製パンうまい

オイル系のパスタ 
こちらがオイル系

カルボナーラ 
こちらがクリーム系

カプチーノ 
カプチーノでほっ
| フレンチ・イタリアン・パスタ | 18:55 | - | - |
マノワール・ディノ@青山
訳あって、マノワールディノでランチ。
13:00予約でジャスト到着。
青山通りを青山学院大学脇を曲がり、
六本木通り方面に向かった途中をまた曲がるのだけど
すっかり周りは住宅街。
もちろん住宅街と言っても、私の家の周りとは月とスッポン。
ここは元々、アメリカ企業のゲストハウスだったらしい。
大きな木のある庭に面してガラス張りのテラス席があって
6〜10人ぐらいのグループは、その内側にある部屋でという感じ。
グループの席は、テラス席との境の扉を閉めると個室のようにもなる。
明るい庭に面した席と、絵画の飾られた落ち着いたグループ席。
庶民の私の勝手なイメージで言うとフレンチのお店は
お堅くって肩が凝るという感じ。
でもここはお店の方が明るく気さくで、和やかに楽しくお料理が楽しめる。
とは言え、行き慣れないジャンルなので最初はいつも緊張。
このお店の本店は、京橋の「シェ・イノ」。
その井上旭さんの奥様が、マノワール・ディノにいらっしゃるのだけど
上品で、でも気さくな感じでとっても素敵な感じの方。
笑顔で迎えてくださっても、緊張の為に話しをしてもガチガチ状態の私。
ひとまずシャンパンをグラスで頂く。暑かったのでよりおいしい。
でもこの後、まだ仕事があるのでお酒を飲むのはこの一杯だけに。
料理名は全て忘れてしまったのでご了承を。
外国の料理は名前が長くて、私の小さい脳みそでは覚えられません。
まずはオードブルから。
花ズッキーニの花部分に蟹のムースような物が入っていて
それと一緒に子持ちヤリイカが乗ったお皿が登場。
春満載という感じで大満足。
花ズッキーニという食べ物、初めて見て食べた。
これに詰めるなんて、料理っていろいろあるんだな〜と感心。
ケッパーとオリーブがソースに入っていて、おいしかった。
一緒のヤリイカも子持ちたっぷり。
次はなんとか鯛と春野菜の一皿。
もちろん鯛の皮がパリッと焼かれていておいしい。
ここにはマスタードのソースが。
蒸されたかわいい春野菜達に、ホイップされたようなソースが一緒に。
次はもう1つのメイン料理。これは仔羊にしてみた。
羊は骨付きだと思いつつも好きなので、つい注文してしまう。
フィンガーボウルもきてるので
もちろん最後はがっつり骨周りまで食べる。
さすがの私でも、フィンガーボウルは
飲みものではないということぐらいは知っている。
仔羊には、セージがすごく香るソースが一緒でおいしかった。
最後はデザートワゴンから好きな物を各自がセレクト。
女性はこのデザートワゴンはたまらなくうれしいだろうな。
お店の方が一通り説明をしてくれても、まだ迷う。
洋梨のタルト、レアチーズケーキ、バニラアイスをお願いする。
いちごのタルトもあったけど、昔からタルト=洋梨が私の定番なので。
バニラアイスは、バニラビーンズがこれでもか!というくらい入っていて
ものすごくバニラバニラで、とってもおいしい。
チーズケーキは、1番上にはこれまたバニラビーンズを使ったゼリーがあり
その下にチーズ部分、その下にクッキーがあるという3階立て状態。
このバニラビーンズ部分は、うっすらベージュだったので
最初は紅茶のケーキかと思った。
このチーズケーキは見た目とは違って、とっても濃厚。
チョコレートやバナナのシューブレストにしないで良かった、
というくらい濃厚。チーズケーキ好きにはたまらないだろう。
コーヒーも一緒に頂き、もちろんお腹はいっぱい。
今日のお料理の中での1番は、なんといっても前菜。
いや〜、本当においしかったな・・・と回想してしまった。
それにこちらのお店のお皿やカップは、どれも素敵。
変にゴージャス過ぎてなんか・・・というのとは全く逆で
さりげなく品があって、主張しすぎてないのについ目がいくという感じ。
最後に飲んだコーヒーのカップも素敵だったし、前菜のお皿も素敵だった。
何気ないお店の方との会話と、おいしい食事で楽しい時間を過ごせた。
感謝!
頑張って働こう、っと。また来れるように。。。

マノワール・ディノ
電話:03-3406-0200
住所:東京都渋谷区渋谷4-1-13
営業:11:30ー14:00(L.O.)/18:00ー21:00(L.O.)
定休日:月曜日(月曜日が祝祭日の場合は営業し、翌火曜日休み)

今日の川柳〜
晴れ五月 笑顔と食事 さわやかに


花ズッキーニのオードブル 
前菜の花ズッキーニ

鯛のポワレ 
メインの魚は鯛

子羊 
もう1つのメイン仔羊

デザート盛り合わせ 
デザート
| フレンチ・イタリアン・パスタ | 01:03 | - | - |
キッチンステージ@新宿伊勢丹
新宿伊勢丹の地下が、リニューアルした時に出来たキッチンステージ。
ここはたしか月に2人の有名シェフを呼んで、お客さんの目の前で
伊勢丹の地下で扱ってる食材を使って料理するという場所。
伊勢丹のように有名シェフを呼んでではないけど
別のお店でも、食品売り場で扱ってる商品で
いろいろな料理を作ってお客さんにレシピを配って、という
販売促進をしているのを、以前テレビで観たことがあった。
「あ〜、そういうのができたんだ〜」って伊勢丹通信を観て思ったのだけど
1回目の三国シェフの時、応募し忘れてからは
行きたいな、と思う機会がなかった。
そうなんです。一応ここは、伊勢丹のカード持っている人限定で
しかも事前に応募して、多数の場合は抽選らしいんです。
今回、広尾にあるアクアパッツァの日睥票造気鵑世箸いΔ海箸如
ネットで応募していた。
電話連絡がきた時は、すっかり忘れていたのだけど・・・。
本当はやることがあるので、引きこもりなところだったけど
昼ご飯を、電車に15分乗って新宿で食べに行くのも
気分転換にもなるから、と思い出掛けることにする。
始まる10分前には来てくださいと言われてたけど、ギリギリの到着。
みなさん、気合い入ってて私は最後に来た客。
日皀轡Д佞亮蠅気个を、目の前で見ようと早くきたらしく
遅くに着いた私はカウンター後ろのテーブル席。
まあ全部で15〜18人ぐらいだから、テーブルでも充分。
実際には、日皀轡Д佞魯ぅ鵐ムつけて料理の説明等をするので
私達が食べる料理は、別のスタッフが作った物。
本日はウニカルボナーラ木の子添えのスパゲッティと
豚ロースのソテー緑野菜のパセリペースト和えがワンプレーとになって
¥2,100という微妙なお値段の料理。
青の洞窟シリーズから出ている、
日皀轡Д婀峠い離Ε縫ルボナーラソースを使ってのスパゲッティ。
もちろんそれをそのままパスタと和える訳ではなく、
このレトルトを買って、家でお店の味に近づける一工夫を
教えてくれるということらしい。
柿の木茸をバターとオリーブオイルで最初にソテーして
そこにゆで上がったパスタを入れ、
更にパスタのゆで汁も少し入れて加えて和える。
別のフライパンで、今が旬の金目鯛の切り身を皮目を
カリカリに焼くこと4分。
身を余熱で焼いて、スパゲッティの上に乗せて完成。
金目鯛は皮を8割、身を2割り余熱ぐらいで焼くなどなど、
パスタ全体の作り方を説明しながら実演。
金目鯛焼いた時、この皮がパリパリしているのがおいしいので
ポイントをメモしておく。
一応、各々のテーブルには本日のレシピが書かれた
紙とボールペンがあるので、これにメモメモ。
他に、これまた日皀轡Д婀峠い離僖好織泪掘璽鵑鮖箸辰
生パスタを作ってみせてくれる。
生地の分量をおしえてくれるので、これもメモメモ。
しかし、私はパスタは生より乾麺の方が好きだし
むしろ挽肉マシーンの方がずっと欲しいと思っているので
たぶんパスタマシーンはこの先も買うことないだろうな・・・。
途中、料理が出来上がってそれを食べながら話しを聞く。
最後には、テーブル席の人達の所にもそれぞれに来てくれる。
バジルペーストは作ったことがあるけど
イタリアンパセリでのペーストは初めてだったので
茎まで入れるのかなとか、普通のパセリでもいいのかな?と思ってたので
すかさず質問。
普通のパセリでもOKで、茎も1番下のかたい所を除けば
全部フードプロセッサーに入れていいとのこと。
バジルもイタリアンパセリも、ベランダで以前は育ててたのだけど
人間が好きな物は虫も好きなので、
ペーストにする程大量に収穫できなかった。
普通のパセリなら、お店でもたくさん売ってるから
こっちの方が手軽に作れるから、今度作ってみようと思った。
こういうのが1つあると、彩りをお皿に手軽に添えられていい。
日皀轡Д佞すすめのジェラートや、ワインなどを頼む場合は別料金。
参加しての感想。
お料理を単純に楽しみたかったら、その人のお店に行って食べる方がいい。
私は最初から、お店の販促イベントというつもりで行った。
実際に行ってみたら
私が口にする料理は、別の人が作るっていうことがわかった時点で
だったら、今回のレシピについて気になったことを
直接シェフに質問しようと思ったので
パセリペーストのことも聞いたし、おしえてもらえてよかった。
だから私は、料理というよりイベントを楽しめたので良かった。
でも食べ終わってすぐに帰った人達がいたのだけど
この人達は、日皀轡Д佞作る料理をアクアパッツァに行かず
伊勢丹でお手軽に食べようと思ったのかもしれない。
そういう人には、あまりおすすめじゃないイベントだった。
でも、世の中そんなにお手軽で手安いことなんて
そうそうないと思うのだけど・・・。
それよりも、その場を楽しめるようにした方がいいと思った。
ひとまず、私は今回初めて行ってみたのでこれでもういいかな。。。

今日の川柳〜
彩りと 一手間かける これ実践


キッチン盛り合わせ 
これが本日の昼ご飯

パスタアップ 
パスタの上に金目鯛

ジェラート 
デザートのジェラート
| フレンチ・イタリアン・パスタ | 13:09 | - | - |
イタめし屋ジョバンニ@中野
昨晩遅くスタートで、女子友の誕生会を開催。
場所は、中野駅から歩いて12〜3分の所にある「ジョバンニ」で。
めずらしく1番のりでの到着。
主役より遅く到着では、金魚のフンとしては申し訳ないので。
あいにくの天気のため、金曜日なのに混んでいなかったので
ゆっくりと誕生会ができるような感じでよかったな、と思う。
今日予約をしてくれた人が、ここのお店の方とお友達。
まだメンバー揃わず、1人待ち状態なのでぼんやりしていると
気がついたことあり。
それはお店の女性スタッフが2名いらっしゃったのだけど、2人とも美人。
その上、スタイルも良い。うらやましい〜。
うらやましいし、そうなりたいと思うも
食欲は人間の三大欲求の2番目に重要なので、我慢できない私は
今日も食べる気満々。脳より胃強し。
やっとメンバーも揃ったので、まずは赤ワインで乾杯。
前菜の盛り合わせ、生ハムを食べながら、なぜか税金の話し。
大人ですよ、私達。
でも、誕生会なんだからもっと違う話をしようということで
ジャズ話〜当然恋話となる。
春らしく、おすすめのホワイトアスパラを頼み、ピザも頼むことに。
ピザはビールで食べたい!ということで、ここでビールを注文。
ホワイトアスパラはしっかりと太い物を焼いて
ポーチドエッグとチーズも一緒でおいしい。
こういう物ってシンプルに旬を楽しみたいから○。
主賓がビールで食べたい!と言ったピザも焼き上がる。
今日はビスマルクを。
この真ん中の卵をぐちゃっとつぶして
トロトロがチーズと一緒に口に入る時の幸せ感。おいしい。
すでにこんなにたくさん食べているけど、メイン頼んでないということで
魚と肉を欲張って両方注文。
魚はイサキをアクアパツァで、お肉はラムを煮込んだ物を。
お酒はここで白ワインを頼む。
オーナーシェフの自慢であろう美人奥さんが、
クーラーと共に持ってきてくれる。
ワイン詳しくないので名前は覚えてないけど、すっきりと辛口で
でもしっかりとした味のおいしいワインだった。
最後には、お誕生日おめでとう!と書かれたパイのプレートが一緒の
デザート盛り合わせが登場。
予約する時、こういう所にもぬかりない男性に拍手喝采。
ほのぼのと甘い物とミルクティーをいただき、ごちそうさまでした!
短い時間だったけど、気持ちいいサービスと楽しい会話。
主賓も誕生日前夜祭を楽しんでくれたんじゃないかな・・・。
彼氏との誕生会に、私達からのプレゼントのシャンパン&ワインで
また楽しんでおくれよ〜。

イタめし屋 ジョバンニ
電話:03-3388-7731
住所:東京都中野区新井1-39-4
営業:ランチ11:30ー14:30(L.O.)/カフェ15:00ー17:00
   ディナー18:00ー22:00(L.O.)
定休日:水曜日

今日の川柳〜
旬の物 それぞれ違う 味わいを


乾杯ワイン 
誕生日おめでとう〜

前菜盛り合わせ
ボリュームありの前菜

ホワイトアスパラ 
春らしいアスパラ

ビスマルク 
玉子がとろ〜

アクアパツァ 
イサキのアクアパツァ 
| フレンチ・イタリアン・パスタ | 17:23 | - | - |
<< | 2/2PAGES |

Ferretアクセス解析