CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CATEGORIES
                
ARCHIVES
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ
明白@中野
国保の胃ガン検診を初めて受診してみることに。
日時が指定されている。
けど、仕事の都合で行けなかったので別の日に。
なんとかギリギリ受診できる!と思ったけど
ここである1点に気づく。
胃ガン検診って、夜の9時以降に
食べたり飲んだりしちゃいけないんだよな・・・と。
前夜、用件終わったのが中野で夜8時半過ぎ。
急いで何かがっつりお腹にたまる物を食べようと移動。
頭によぎったのは「鰻」。
しかし目指した鰻屋が休みだった・・・。
だったらここはもう明白に行こう!と決める。
明白は、中野在住の同業女子友に連れて行ってもらったのが最初。
中華って人数いないといろいろ頼めないから
あまり行く機会ってない。だから久々の明白。
私はここのお店のネギワンタンが大好き。
お皿にちょっとスープに浸った状態で出てくるワンタン。
上にたんまり白髪ネギがのってくる。
このどんぶりじゃなくって、お皿に浸った状態っていうのが
これまたいい感じ。
府中の皿ワンタンとどっちか選べと言われたら悩むところ。
前夜、ワインを飲んですっかり酔っぱらってしまったけど
中華屋でワンタン食べるのに、ビール飲まないなんてありえない。
ということで瓶ビールと一緒にワンタン満喫。
久々の明白のワンタンは、当然のことながら大満足。
こんな時間にご飯食べ終わったら、夜中にお腹が空くと思われる。
なので、黒ゴマ担々麺をガッツリと食べることに。
最近、朝バナナの効果があってか胃が小さくなったようで
担々麺食べ終わった時には、胃が張り裂けてしまうかと思った。
明白の担々麺は白と黒がある。
しかも今の時期は、冷たい担々麺もあるらしい。
でも暑いからこそ、それも黒の担々麺を食べないと。
挽肉と一緒にカシューナッツを砕いたらしき物がのっている。
見た目よりはこってりしていない。麺はちょっと固め。
担々麺は、もうちょっと辛い方が好きなんだけど
まあ胃ガン検診の前夜だから、これぐらいがいいのでしょう。
ガッツリ食べ過ぎたので、
お水を飲んでちょっと食休みしてからお店を出る。
ネギワンタンにビールという至福な組み合わせをいただき
すっかりご機嫌状態に。
なので、いつも行こう行こうと思っていたのに
行ったことのなかったロックTシャツ屋をのぞいてみる。
激!気に入ったぜ!という一歩手前ぐらいの
気に入りさ加減のRAMONESのTシャツ発見。
いい気になって購入。買い物もして更にご機嫌に。
この後は、食べ過ぎの体を引きずりながら
15分程歩き、なんとか電車に乗ってみた。

明白 (中華料理 / 中野)


今日の川柳〜
ツルツルの 加減がうまし 皿ワンタン


明白のビールとワンタン 明白のワンタン好き
明白のワンタンアップ おいしいんだな
明白の黒ごま担々麺 黒ごま担々麺を
ラモーンズTシャツ 買ってみました
| 中華 | 09:35 | - | - |
崎陽軒
2〜3週間前に、友人達と飲んだ時のこと。
「崎陽軒の工場見学があるらしんだけど行かない?」
という話しが出た。
これには思いっきり他のメンバーが食いついた。
行こう!行こう!!!ということになってみんなすっかりその気。
何日か後に、提案者からみんなへメールが届いた。
「6月も7月も予約でいっぱいで
8月に何日か取れる日があるくらい」だと。
これには顔は見えないけど、みんなガックリ。。。
その話題をしたために、各々違う場所にいるというのに
頭の中は崎陽軒一色になったらしく「食いて〜!」という
CCメールが届く。
出来たての温かいシューマイを食べれることを夢見ただけに
なんとも無念。あきらめきれず。。。
すぐにでも食べたいけど、
その日は買うタイミングがなかった。
翌日、池袋へ用があって出たので帰りに無事ゲット。
何気に、ちょっとブログにアップするのが遅くはなりましたが。
もちろん特選ではなく
「昔ながらのシウマイ15個入り」580円なり〜。
シューマイではなく、シウマイなんですね。
失礼しました。
それにしても改めて思ったのは、
なんてお手軽価格なのだろう、と。
餃子は家で作るけど、
今までの人生で1度もシューマイを作ったことはない。
しいたけシューマイなる、
しいたけの傘を裏返して粉振ってタネのっけて、
シューマイの皮を細く切った物をまぶした物は作ったことがある。
でもそれはやっぱりシューマイではなく、
あくまでもしいたけシューマイ。
一般的なシューマイは作ったことがないので、
こんなお手軽に買って食べれるというのは、本当にありがたい。
食べたかった崎陽軒のシウマイなだけに
手軽にレンジでチンはせずに、ちゃんと蒸し器で温めて食した。
やっぱりレンジよりも、ふっくらとしておいしい。
一緒に大根サラダも作り食すことに。
久々に食べたからなのか、
それとも、ちゃんと蒸して温めたからなのかわからないけど
干帆立貝柱の味が結構全面に出ている。
昔食べた時は、肉!って感じがしてたけど
両方が合わさって、それぞれがしっかり味がしていて
おいしいな〜、買ってよかったな〜と
思いながらしみじみ味わった。
次回は冷めてもおいしいということを証明している
シウマイ弁当を、これまた久々に買ってみようと思う。
HPによると、シウマイ弁当は9月下旬まで
横浜開港150周年記念 特別掛紙にてご提供中!とのこと。
なんだかそのあたりも気になるところ。
そして、醤油差しの「ひょうちゃん」が
いつ見てもふざけた顔をしてるのが、なんだかなごむ。
崎陽軒好きの人達からしたら知ってて当然のことなのだろうけど
今更HPでひょうちゃんの歴史を知った私。
何事も奥が深いな。。。

今日の川柳〜
気の抜けた ひょうちゃんいるのが 崎陽軒


きようけんの箱 昔ながらのシウマイ
きようけんのシューマイ 久々に食す
きようけんの醤油 笑ったひょうちゃん
大根サラダ さっぱり大根サラダも
| 中華 | 15:09 | - | - |
豚まん@551蓬莱
大阪出張の友人から551の豚まんをお土産でもらう。
551と言えば豚まん。豚まんと言えば551。
551の豚まん大好き。
1個¥150ぐらいで、
この値段でこの味というところが、本当に素晴らしい。
これが大阪なんだよな〜と思う。
京都や大阪へ行った時には必ず買って、
まずは温かい物を帰りの新幹線の中でビールと共に食べる。
(でも新幹線の中で「食べてます!」smellが充満して
ちょっと恥ずかしいところもあり・・・)
そしてお土産用は、家に帰って即冷凍。
楽しみが次の日以降も続く。
日持ちしないのだけど、今回はチルドの物を買って来てくれたので
当日ではなく4日間程、消費期限までの余裕がある。
でもそれまでに消費できなかったら大変申し訳ないので
(買ってきてくれた友人にも豚まんにも)
即、6個のうち4個を冷凍。
冷凍しなかった2個を早速食べる。
スーパーで買った肉まんなどは
手軽にレンジでチンすることが多いけど、
やっぱり大事な豚まん。当然、ガスで蒸して食すことに。
蒸すと10〜15分ぐらいと、箱の中に入っている紙に書いてあった。
おっしゃる通りに、真ん中とって12分蒸す。
ツヤツヤ、ふっくらの豚まんが蒸しあがる。
ギュッとつまった中の肉。
それと、しっかりして噛むとちょっと甘めの皮が合わさり
「551の豚まんだ〜」と久々の味を噛みしめながら食べる。
買ってきてくれてありがとう!
東京での物産展などに出展すると、長蛇の列の551。
食べたいけど、並んでまで買うのはちょっと・・・なので
次回いつ食べれるかわからないので、更にありがたく食べる。
今度食べるのは、カリオンツリーのレース見に行く時かな。
通販にない関西の店舗のみで販売している肉だんごも
忘れちゃいけない551の必須アイテム。
10個でたしか¥200ぐらいでパックに入っている。
こんな素晴らしい商品が買える、関西の人がうらやましい。
この肉団子も、関西へ行った時には買って帰り
新幹線の中でビールと共に食す。甘酢あんの肉だんごはうまい。
早くカリオンツリー、放牧から帰ってこないかな。。。

今日の川柳〜
551を いつでも買える うらやまし


551豚まんの箱 どどーんと6個入り
551豚まん 蒸し器でふっくら
551豚まん断面 うまいよね
| 中華 | 11:58 | - | - |
翠香園@中華街
禁酒終了〜。
と、いうのは前々から7月26日は中華街に行く約束をしていたので
そこで飲まないというのは、人としてどうかと思い終了することに。
そんな禁酒ってどうなんでしょうかね・・・。
昨日の企画は前々から決まっていたもので
新しく横浜にできた場外馬券場に行き、
打って勝って、中華街で豪遊しようという企画。
諸事情により、私だけ中華街からの途中参加。
私が参加しても、馬券で勝てる訳ないので特に影響なし。。。
全レース3連単を買えるようになったので、3連単勝負して
見事、新潟11Rの¥52,290という高配当が当たったらしい。
おかげさまで、豪華な中華街での夕食。
勝負に参加せずに、食い飲み会からの参加は
後出しじゃんけんのようで大変申し訳ないのだけど、
ありがたく仲間に入れてもらうことに。
昨日の大宴会会場は、中華街にある「翠香園」。
ここは旬の食材を使った海鮮料理が自慢の広東料理のお店らしい。
昨日は「関帝誕」という
横濱關帝廟、関羽様の誕生を祝う祭りが開催されていて、
中華街の門近くになったらバンバン音がする。
ちなみに、髪の毛おったてているBUCK-TICKでなく、爆竹の音です。
お店へむかう道すがら、
こんな機会もないので写真を記念に撮っておくことに。
そうするうちに、翠香園へ到着。
中華はやっぱり大人数だと、いろいろ注文できるし
円卓くるくる回して食べれるので楽しい。
普段2〜3人ぐらいでしか行く機会ないので
今回は9人だから、より楽しみがふくらみ内心子供のように大はしゃぎ状態。
なので、今回は掲載写真を厳選できず、
感動の料理の数々を何枚も載せてみました。
のっけから北京ダック登場。
私、たぶん人生2回目か3回目の北京ダック。
1回目も中華街で食べたっけ。。。
お店のおばちゃんがくるくる巻いて作ってくれる。
私のような素人にはありがたい。
うれしくてがっついて食べて、あっと言う間に完食。
北京ダックの経験値が少ないので、うまい!以外にコメント見つからず。
どんどん高級料理が運ばれてくる。
どどーんと伊勢エビが登場。すごい!テレビの食べ歩き番組みたい。
なんだか高級に関して経験値が少ないので、
子供のようなコメントばかりですみません。。。
家に帰ってネットでメニューの名前を見たら
どうもこれは、伊勢エビの葱と生姜の炒めという料理らしい。
殻ごとがっつり切って調理してある。
1切れ取ると殻も一緒なので、手で持ち殻に着く隅々まで身を食べて堪能。
この葱が大量に入っているソースが、これまたうまい!
途中、生ビールからボトルの紹興酒に変えて
氷入れた冷たい状態で飲むことに。
そのボトルの紹興酒。
みんなで勝手に自分のグラスに入れて飲んでいたら、
ある時突然、テーブルから持ち上げたとたん破壊された。
武藤似の友人が破壊した訳では決してなく、勝手に割れた。
ハクション大魔王が出てきそうなボトルだったけど、もちろん登場せず。
お店のおばちゃんもびっくり!
おしぼりでこぼれた紹興酒をふき、急いで代わりのボトルを持ってきた。
普段食べ慣れない高級料理に、突然のボトル破壊。
いや〜、人生まだまだ経験していないことは多々あるなと思う。
まだまだ続く高級料理。ここでフカヒレのスープ登場。
蟹の玉子入りのフカヒレのスープらしい。
このオレンジ色がたまらなく食欲をそそる。
1人地味に、れんげですくってフカヒレがより見えるように写真撮る。
色からもわかる通り、濃厚で深みのある味に
これまたおいしい以外、言葉が見つからず。
グルメレポーターになれないと確信。
写真はないけど、肉の炒めレタス包みも食べているうちに
ミル貝のネギ生姜あえが登場。
この大量の味付けされた葱とミル貝が合ってて、
貝好きとしては、またしてもおいしい以外言葉が出ず。
禁酒やめてよかったな〜。紹興酒と合ってて抜群に良い。
そして酢豚好きな私でも、またしても初めて食べる
骨付酢豚が登場。
伊勢エビ同様、手で持って骨につく肉を隅々まで食べて堪能。
ちょっと酢の味がはっきりしている甘酢が、これまたいい感じ。
犬じゃないけど、骨はいい!
こうやってがっつり食べれると、おいしさ倍増。
この後、炭水化物を頼もうということで
チャーハン、ビーフン、焼きそばを注文。
これこそ回転テーブルくるくる回して食べる。
ビーフンも、たまに食べる台湾屋台料理屋のビーフンと違って
海老も入ってあっさりした上品な味だった。
最後に、なんかデザート食べようかということ
ババロア、タピオカ、マンゴープリンを2つずつ頼んで
みんなで勝手につついて食べる。
それにしても、みんなのお腹満腹状態よりも
私はまだまだいける感じ。
でも金曜夕刊の朝日新聞に載っている翌日占いに
「暴飲暴食に注意」と書いてあったので、みんなと一緒に終了〜。
「これで帰りに納豆巻き買わなければ大丈夫」と言われる。
昨日の友人達はこのブログを読んでくれている。
これはやっぱり納豆巻きをやっぱり買いました〜というのを
期待されているのかな、と帰りの道すがら考える。
実は、最後のデザートが時間と共にお腹の中でふくらんできていた。
でもやっぱり期待に応えないと・・・と思い納豆巻きを買う。
昨晩は、帰ったらもう1つ楽しみにしていた
「真夏の夜もさだまさし」を観ようと思っていた。
今は、お腹いっぱいでもテレビ観てたら
食べたくなるかもしれないと思い万全の状態に備えて購入。

翠香園
電話:045-661-1266
住所:神奈川県横浜市中区山下町148番地
営業:11:30ー21:00(ランチタイム)11:30ー14:30
(平日 月〜金は、15時から16:30分まで休憩) 
定休日:月曜日

今日の川柳〜
これだけの 高級料理 何年分


中華街祭 関帝誕
北京ダック いきなり北京ダック
伊勢エビ 声も出ない伊勢エビ
割れる前の紹興酒 これが割れる前
割れた紹興酒 持ち上げたら割れる
フカヒレスープ お〜、フカヒレ〜
みる貝 葱大量がナイス
骨付き酢豚 骨付酢豚いい感じ
ビーフン 具も満載のビーフン
| 中華 | 16:32 | - | - |
源烹輪 麺篠居士
こんな大食漢の私でも、ちょっと夏バテしてたみたい。。。
でもここ何日かでカレー食べたり、鰻食べたりしてたら
胃や腸が復活してきたのを感じる。
ここでもう1歩元の道へ戻るためにと思い、辛い麺でも食べようと思った。
用があって西武池袋線富士見台駅近くへ行く。
改札出て北側に出て、前の道を右に進むと左手に現れるのが
「源烹輪 麺篠居士」。
この店は、南側にある有名店「源烹輪」の2軒目のお店。
地味な富士見台の駅で、別格で盛り上がってる源烹輪。
前を通って気になっていたけど、入るタイミングなく月日が過ぎる。
そうこうしているうちに、たまたまテレビで観たので
大食&グルメな友人を誘って、4〜5年ぐらい前に初めて行ってみた。
そしたら、これがまた激うまかった。
大好きな麻婆豆腐がおいしくって感動して泣きそうになった。
友人は、自宅からバスと電車を乗り継いで
その後も通っていたぐらい。
でも半年ぐらい前に行った時に、なんだか味がちょっと変わっていた。
塩味が強すぎて、塩を変えたのかな・・・なんて思ったりで
ちょっと足が遠のいていた。
源烹輪の麺・飯専門のような店が、北側にいつの間にかできていた。
前から気になっていたので、昨日の昼に思い切って入ってみる。
世の中的には、遅い昼ご飯時間なので
店内は、近所の女性が3〜4人いるぐらいだった。
カウンターで、サンバイザーが置いてある
おばちゃん2人組の隣の席をすすめられる。
メニューを見ると、特にランチ用ということはなく
昼夜関係ないようだった。
麺・飯だけなのに、意外と種類がたくさんあって迷う。
通常の温かい麺の他に、夏用の冷たい麺が何種類もあり
その他にもチャーハンや○○のせご飯のような物もたくさんある。
源烹輪は担々麺が名物料理の1つなので
ここはテレビで観るけど食べたことない汁なし担々麺をお願いすることに。
お店は30歳前後らしい作る人と持ってくる人の男性が1名ずついる。
しばらく待っていると、汁なし担々麺登場。
麺は平たくちょっと透き通った感のある、ツルツルした麺。
上の肉味噌は、四川山椒がたっぷり入っているし、すごく香ってくる。
具と麺を混ぜずにちょっと麺だけ食べてみる。
見た目通りコシがある麺だけど、
あまり麺そのものが主張する味じゃあない。
肉味噌をちょっとずつ混ぜて食べてみると
具の味がしっかり強烈だから、
麺は味よりもコシや喉越しを重視しているのかなと思った。
でもどちらかと言うと、肉肉肉!という感じの具は
ご飯にのせて食べた方が合うような気もする。
普通の汁がある担々麺にすればよかったな、と言った感じ。
なんだろう。麺博士でもないし、中華の料理人でもない素人だけど
汁なし用にあえて麺変えないで
普通の麺の方が合うんじゃないかな、と思ったりもした。
たぶん源烹輪の普通の汁がある担々麺が、
すごくおいしいからそう思うのかもしれない。
初めて食べた汁なし担々麺は「こういう物なのか・・・」と思いながら
戻ってから食後のアイス、ジャイアントコーンを食べながら
過去の記憶をたどってみる。
「・・・待てよ・・・」
そうだったんです。
源烹輪の方で、半年ぐらい前に行った時に食べてました。
汁なし担々麺ってテレビで観るだけだったから、ぜひ食べたい!と
切望して食べたんだった・・・。
その時に「1回食べたからもういいね」という結論になったのを
今回食べ終わって30分ぐらいしてから思い出した。
次回は、他のお店では見たことない名前の麺を食べようと思う。
でもカウンターに座ったからか、
お店の男性2人の、仕事と関係ないおしゃべりが気になった。
やっぱり師匠がいないと、そんなもんなのかな。。。

源烹輪 麺篠居士
電話:03-3999-2185
住所:東京都練馬区貫井3-16-11 関口ビル
営業:昼11:30ー15:00/夜17:00ー23:30  
定休日:水曜日

今日の川柳〜
夏の麺 辛くてツルり パンチ効く


汁なし担々麺 これが汁なし
ジャイアントコーン外 久々〜
ジャイアントコーン中 やっぱりナッツだよ
| 中華 | 17:08 | - | - |
呉さんの厨房@新宿
昨晩、知り合いのカメラマンの方2人と一緒に飲むことに。
カメラマン2人+デザイナー1人という、ちょっと濃い集まりかも。
場所は、女性カメラマンの方が予約を入れてくれた
「呉さんの厨房」という新宿にある台湾料理のお店。直接現地集合。
このお店は、ずいぶん前になるけど
たまたまネットで見つけて行ってみたかったお店。
なのでとても楽しみにしていた。
それに2人にも会うのは、久しぶりなので。
と、いうか男性カメラマンの方とはお会いするのは2回目。
知り合いの女性カメラマンの方の学生時代の友達で
以前、女性カメラマンの方のグループ展に行った時に一緒になり
そのままの流れで飲みに行って以来の2回目。
でも男性カメラマンの方もブログを書いていて
ほぼ毎日更新されているのを、私もほぼ毎日読んでいるので
なんだか会ったのが2回目とは思えない感じの、不思議な再会。
昼間暑かったし、新宿から御苑にあるこの店まで歩いてきたので
乾杯に飲んだ1杯目の生ビールが、おいしいことこのうえなし。
本日のおすすめなどから、何品か注文して飲みながらしゃべるしゃべる。
女性カメラマンの方は飲めないのでウーロン茶を飲み
男性カメラマンの方と私とで、ひたすた生ビールを飲む。
最初に、空芯菜炒めが登場。
空芯菜をにんにくで炒めた台湾料理の定番。
これはいつ食べてもシンプルなのに、おいしい。
すぐにゆで餃子の特製タレかけ、自家製塩豚も登場。
自家製塩豚は、行く前にお店のHP見てぜひ食べたかった一品。
きゅうりの千切りの上に、塩豚がのっていて、タレが別についてきた。
面倒なので、わーっとかけて勝手に各々食べる。
タレももちろん塩タレ。でも特に塩分も強すぎずと言った感じ。
他にも酢豚、チャーハンを頼む。
酢豚はすごく好きだけど、自分で作るのは面倒なので
外でみんなの同意をえられると頼む料理。
私のまわりでは、あまり酢豚に魅力を感じる人が少ないらしく
なかなか食べる機会がない。
1人で、昼ご飯に中華屋に入り、酢豚セットがあると喜んで頼んでしまう。
好きだけど、それぐらい食べる機会がない料理。
私の中の酢豚は、厚めに切った豚肉のイメージだけど
ここのお店のは、生姜焼き用ぐらいの厚さだった。
食べやすくて、こういうのもありなんだな・・・と思う。
チャーハンは、粗挽き胡椒がきいているというぐらいでなく
はっきりとわかるぐらい大粒ががっつり入ってるチャーハン。
胡椒のピリッと感がビールに合うので、飲みながらどんどん食べる。
最初入店した時は、まだ私達以外に何人かしなかった店内も
この頃には、満席でそれもみんなグループだから
店内の盛り上がりも絶好調状態。
たまに自分達のテーブルの話しが聞こえない時も。
こういう人気のお店なので、2時間ということでの予約らしく
時間になるとそろそろ・・・とお声がかかる。
お会計を済ませて外に出ると、1組外のテーブルで食べていた。
木曜日なのに、ここまで人が集まるなんて
人気のお店なんだな、としみじみ思う。
厨房は見えないのでわからないけど、
ホールスタッフの男性の方も感じがよく、
気持ちよく食事のできるお店だった。
まだ時間は早いので、男性カメラマンの方の知ってる歌舞伎町の店で
もう少し飲むことに。
だんだんパチンコや競馬の話しに飲んでる2人が傾いてしまったけど
似たようなカテゴリーにいるようで、
違う職業の人と会って話しをするのは、うなずくような話しもあれば
へぇ〜とびっくりするような話しもあって興味深い。
商売柄、マックに1人むかっての時間が大半をしめてしまうけど
やっぱりいろいろな人に会って
いろいろな話しをすることは大事なんだなと、改めて思う飲み会だった。

呉(ウー)さんの厨房
電話:03-3359-8789
住所:東京都新宿区新宿1-19-6
営業:ランチ 月〜金 11:30ー14:00
   ディナー 月〜土 17:00ー23:00(L.O.22:00)  
定休日:日・祝日

今日の川柳〜
人間の タイプいろいろ 興味深


塩豚と餃子 最初のつまみ達
酢豚 好き好き酢豚
チャーハン がっつりチャーハン
納豆巻き7/4 〆は家でこれを
| 中華 | 01:53 | - | - |
<< | 2/2PAGES |

Ferretアクセス解析