CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
CATEGORIES
                
ARCHIVES
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ
山家本店@渋谷
The Collectorsのクアトロライブが終わった後は、
いつも同様友人と飲む。
今は渋谷で飲むことって、ほとんどない。
以前からの流れで、
道玄坂小道か井の頭線のガード下周辺で飲むことに。
しかし、井の頭線のガード下周辺は日曜日はやってない店が多い。
今回は、1度行ったことのある24時間営業の『山家本店』へイン。
3階席へ通される。
まずは生ビールを注文して、メニューを見る。

山家の手羽先

串物は手羽先と砂肝を注文することに。
こちらのお店、2本から注文できると書いてあるけど
串によって5本の値段が書いてあるものと、
2本の値段が書いてあるものがあり1本の値段は書いていない。
前回は連れてきてもらって3人だったので、
どれも3本から注文したのもありシステムがよくわからない。
おばちゃんにぶっちゃけて聞いてみたら、
ぶっちゃけて答えてくれた。
要は、1本いくらで2本からと普通に頼めるけど
メニューに書いてある2本もしくは5本で頼んだ方が、
1本あたりが安くてお得だということ。
だったらと、せっかく説明してもらったということもあって
手羽先は2本の表記だったのでそのままに。
砂肝はメニュー通りの5本をお願いした。
しかし、5本でやってきた砂肝写真がない。
砂肝が一挙に5本登場した姿は、
このブログにピッタリだったのに・・・・。
「うちの串は、
ちゃんと炭火でオーダー受けてから焼いてるからおいしいわよ」
とのおばちゃんのコメント通り、
いい塩加減と焼き具合がナイスな手羽先だった。
やっぱり手羽先は、
熱いうちにハフハフ言いながら骨にかぶりつくのがおいしい。

山家の煮込み

そしてやっぱり煮込みも頼まないと。
こちらのお店は牛の煮込み。
メニューにもあえてそう書いてある。
こういう飲み屋にしてはあっさり目の味付け。
さらっと食べれる感じがおいしかった。

山家のホッピー

生ビールの後はホッピー白にチェンジ。
友人はあまり飲まないので、白黒を1本ずつ頼めないのが残念。
ホッピーをハーフ&ハーフにして飲むのが好きなので。

山家の揚げシュウマイ

ここでガッツリメニューを二品注文。
まずは私のリクエストの揚げシュウマイ。
子供の頃、給食で初めて食べた揚げシュウマイ。
家で登場することはないので、とっても好きだった。
なかなかお目にかかることがないので、ぜひ食べたく注文。
給食はシュウマイの素揚げ状態だったけど、
厚めの天ぷらのような衣をまとった揚げシュウマイだったのは予想外。
シュウマイも1つ1つが大きく、食べごたえがある。
しかも、しっかり肉肉しいのがナイス。
いい意味で予想外だったこの揚げシュウマイと、
ホッピーの組み合わせがこの店との雰囲気に合っていて、
注文して正解だったなと自己満足。

山家のレバニラ

そして友人リクエストのレバニラも登場。
レバーは野菜に埋もれていたけど、
実際もレバー少なめ野菜多めのレバニラ。
でもガッツリ揚げシュウマイを注文したため、
この野菜具合がちょうど良かった。
それにしても、友人はいつも一緒に飲みに行くと、
私よりもガッツリメニューを選ぶのになぜ痩せているのだろう。
なんともうらやましい限り。
飲酒量が少ないのもあるかもしれない。
私はこの後も、ホッピーの中を追加したし。
ちなみに、この店は24時間営業だけど22時でメニューが変わる。
日曜はちょっと早く21時半。
以前来た時は、お店の男性があまり感じ良くなかったけど
今回はおばちゃん2人が注文を聞きにきてくれて
しかもとても感じが良い。
見た目もほがらかな感じで和む。
その感じのいいおばちゃんが、
メニューが変わって値段がちょっと上がるから先に注文受けて、
すぐ出さずにちょっとキープしておいてくれるのもうれしい。
実際、メニューが変わるとおばちゃんも帰ってしまい
前回のようなあまり愛想のない男性になると、
とてもそんな雰囲気じゃない。
おかげでしっかりホッピー中を追加して
飲むことができて良かった。
次回行く時も、早い時間にしようっと。

山家本店
電話:03-3461-3010
住所:東京都渋谷区道玄坂1-5-9
営業:24時間
定休日:年中無休

今日の川柳〜
ガッツリな 揚げシュウマイが 店に合う
| 飲み屋 | 12:45 | - | - |
竹よし@都立家政
新たな飲み友さんと竹よしで待ち合わせて飲む。
まずは、
前回酔っぱらいすぎて覚えてない状態をお詫び。
そしていろいろ面白い物を見せていただく。

8/1刺し盛り

つい話しに花が咲いてしまい遅くなってしまった注文。
いつもは刺し盛り小だけど、今回は2人なので普通の刺し盛りを。
マスターが銀の菜箸で、
お刺し身の説明をしてくれるのも楽しみの1つ。
手前からスズキ、マグロ、カツオ、
真鯛、シマアジというこの日の刺し盛り。

8/1まぐろアップ

もちろんこの見た目から、最初に食べたのはマグロ。
たぶん普通だったらシマアジなのだけど、
このマグロが目の前にあったら、やはりこちらを選ぶ。
見た目通りトロトロでおいしい。
こんな豪華なラインナップで1,000円は、
毎度のことながら素晴らしい。
竹よしのお品書きの中でも、
やっぱりダントツのおすすめ一品だと改めて思った。

8/1カンパチカマ焼き

他のお客さんが頼んだカンパチのカマ焼きが目の前を通過。
それをみたら誰もが頼みたくなるような見た目だったため、
私達も、別口の3人組みのお客さんも即注文。
でも頭はあと1つなので、私達はカマ焼きのみで。
だけどボリュームたっぷりで、カマだけでも大満足。
飲み友さんは、皮までしっかり食べてご満悦。

6/30こはだ

本当は、
前回も食べておいしかったコハダも食べたかったのだけど、
グイグイ飲みながらいろいろ話しをしていたら、
お腹がいっぱいになってしまい注文できず。
シメサバもそうだけど、
竹よしのマスターの〆具合がとっても好き。
ヒカリ物好きとしては、次回はぜひ食べようと心に誓う。
今では竹よしの閉店は23時。
でも30分ぐらいオーバーしてからおいとました。
お手伝いがいない水曜日で忙しかったのに、
マスターすみません。。。
でもこれだけおいしい物食べながら飲んで、
そしてそこに楽しい会話があったら、
時間はあっという間に過ぎてしまうものなんです。

竹よし
電話:03-3336-2788
住所:東京都中野区鷺宮3-2-14
営業:17:00ー23:00
定休日:月・火曜日

今日の川柳〜
トロトロの マグロに顔も ホクホクに
| 飲み屋 | 15:55 | - | - |
キリンシティ@町田
ビール好きの女2人、町田でキリンシティへ。
ちょうどこの2人の会合場所に適しているのが町田ということで
ビール飲んで話しまくれれば、それでOK。
というとキリンシティに申し訳ないな・・・。
そうそう、2人共キリンビール好きだから。
しかもキリンシティなので、
ハートランドも飲めるのが更にナイス。
なので当然、乾杯はハートランドで。

生ハートランド

これは写真撮るまでに、ちょっと時間かかってしまったから違うけど、
本来は、

生ハーフ&ハーフ

こんな感じでキリンシティのビールはこんもりの泡と共に登場する。
どうもこれはドイツ伝来、
3回に分けてそそぐ「3回注ぎ」というものらしい。
まるで漫画やドラマのように、
最初の一口を飲むと唇に泡がしっかりつく。
料理を注文しなくちゃと思いながらも女同士、
つい話しをしてしまいがちなので、

キリン海マリネ

ひとまず注文したのはこの海の幸のマリネ レモンパンチと、

コーンフリット

とうもろこしのフリットを注文。
とうもろこしは、生をバラバラにした物を
かき揚げみたいにした物が現れるのかと思った。
生は生だけど、縦にガッと切り落として、
そのかたまりで揚げたものだった。
ちょっと面白い。
揚げ物好き、塩をつけてほとんど私が食べてしまった。

キリンの生姜焼き

そして「ガッツリと肉いっときますか!」
ということで頼んだのが、生姜たっぷりポークジンジャー。
前回チキンバスケットを食べたので、今回は豚をチョイス。
青唐辛子が入っているのっていいな、と思った。
生姜焼きっておいしいけど見た目が地味なので
あまり辛くないけど彩り的にいい青唐辛子はナイス。
自分で作る時にもマネさせてもらいます。

キリンほうれん草のサラダ

こちらのほうれん草のサラダがおいしかったということで注文。
うちの近隣には、
あまりサラダほうれん草が売ってないので食べる機会が少ない。
やっぱりベーコンの塩気と脂加減に、
柔らかい葉のサラダほうれん草の組み合わせっていいな、
と改めて思う。
トングで全体をガッと混ぜて、ガッと食べて、ビールをグイッと。

キリントマナスパスタ

前回来た時はピザを食べたので、今回はパスタを注文。
昼間、テレビでパスタを観てしまったので頭がパスタモード。
夏はパスタ食べたくても自分で作ると暑いので、
今回お店で食べれてよかった。
明太子パスタと悩んだ結果、
今回はこのなすとトマトのパスタに。
サイズは2種類あるけど、
もちろんスモールではなくレギュラーサイズ。
なんだかんだ言っても、やっぱりトマトソースのパスタが1番。
ハートランドに始まり、
ラガーにハーフ&ハーフなど各種キリンのビールを飲み、
食べて話して気がつけば4時間もの長居客。
モロモロ話しを聞いてもらえたりで、
本当にありがたい楽しい時間だった。
電車の時間もあるので、話しはつきないけどまた次回〜。

キリンシティ 町田
電話:042-710-0530
住所:東京都町田市森野1-13-1 Q'sビル2F
営業:月〜土 11:30〜23:00
   日祭  11:30〜22:00

今日の川柳〜

楽しさに ビールがそれを 倍倍に
| 飲み屋 | 17:50 | - | - |
ひなた@上板橋
友人宅の近隣で飲む。
東上線上板橋駅の北口降りて、成増方面へ線路沿いを歩き
病院過ぎたところを左折してすぐ左手にある『ひなた』。
こちらのお店は、
西武新宿線野方にある
『秋元屋』で修業した方が独立した秋元系。
近くには中板橋にある『やきとん万備』も同じく。
店内は、広くなる前の秋元屋のちょっと狭いくらい。
カウターと4人掛けテーブル席が2つ。
どうも常連さんだと、
店内がいっぱいの時は外でもOKな様子。
平日の午後8時半頃に伺ったところ満席。
壁際に立ちというか、高い椅子に座る微妙な席が2つ程あって、
そちらへ通される。

ひなたのホッピー

友人と直接お店で待ち合わせだったので、
とっとと先にホッピー白とセロリ浅漬けを頼んで飲み始める。
しばらくして友人到着。
セロリ漬けをつまみ、話しながら飲んでいたら
テーブル席が空いたので移動。
ということで、焼き物を頼むことに。

ひなたのレバちょい

まずはレバーちょい焼きを塩で。
ちょい焼きとお願いしたのだけど、意外と火が通っていた。
もしかしたらちょいが通ってなかったのか、
あまりにもちょい過ぎる焼きはしていないのかな、と思ったり。

ひなたのカシラアブラ

そしてやっぱり秋元系なので味噌焼きメインで注文。
まずは秋元屋でも必ず注文するカシラアブラを。
やっぱりカシラアブラはうまい!
アブラと味噌の相性はたまらん。

ひなたのハツ

それと普通のカシラ、ハツも味噌で。
やっぱりカシラとカシラアブラ、
それぞれを味噌で食べたい。

ひなたのシロ

そして好きなシロを注文。
シロはやっぱりタレで。
相変わらず、このムニュっとした食感がタレにピッタリ。

ひなたのチレ

そしてチレも注文。
今回チレも味噌で注文したのだけど、
通しミスらしく味噌でなく残念。
とても忙しそうだったので、これは仕方ないってことでOK。

ひなたのレバパテ

そしてレバーパテがやっと登場。
これが目当てで来たようなもの。
ある意味秋元系だったら、
家から1番近い秋元屋へ行けば良いので、
それ以外のお店へ行くからには、独自のメニューを楽しみたい。
でもモツつながりじゃない、
バーニャカウダーやサーモンパテなどには
あまり興味が湧かない。
で、その楽しみにしていたレバーパテは、
レバー度高いずっしりしたパテ。
これを一緒のバケットにつけて食べる。
いい意味で洗練されていないパテなので、
モツ焼き屋らしさが感じられていいな、と思う。
ホッピーなんかには、
これぐらいのみっしり度のパテが合うなと思った。
でも個人的には、一緒のマーマレードは必要ないような気が。
実は、以前食べログ見た時に写真があった
パテドカンパーニュを食べてみたかった。
でも通常のメニューの他に、黒板にも各種いろいろ書いてあるので
見つけられず注文できず。
もしまだ存在しているのなら、次回リベンジしてみたい。
今回、あまり飲まない友人と一緒というのもあるけど
2人で3,300円ぐらいだったと思う。
ホッピーの中の量が多く、外1で中4はいけるから
CPがより高いのかもしれない。

ひなた
電話:03-3936-8910
住所:東京都板橋区常盤台4-25-1 サンライフ上板1F
営業:火〜金 17:00〜24:00(L.O 23:00)
   土・祝 16:00〜24:00(L.O 23:00)
   日   16:00〜22:00(L.O 21:00)
定休日:月曜日

今日の川柳〜

レバーパテ ホッピー共に モツ焼き屋  
| 飲み屋 | 15:26 | - | - |
博多チムそば 麻布十番店@麻布十番
 あべちゃんを出た後、もう一軒。

チムそば

ちょっと前に友人が行ったというお店『博多チムそば』へ。
時間的に周りを見ると、ラーメン食べてる人達が多かったけど
つまみのメニューも充実しているので、
一軒で飲みから〆まで完結できるお店らしい。

チムそばのビール

私は再度、さっぱり気分でビールを。
今度はエビスビールということで、更にご満悦。
友人は、ワンカップを。
3種類の冷えたワンカップがあって、
お店の方が席まで持ってきてくれて選んだもの。

チムそばのお通し

散々食べたのに、まだ食べ物を注文する。
と、注文したらその後にこのお通しが登場。
これで2杯ぐらい飲める。
お通し、もうちょっと早く来たら・・・。

チムそばの酢モツ

だって酢モツや、

チムそばのごまあじ

ごま鯵を頼んだもので。
でもこれ、私がほぼ1人で食べてしまった。
だって鯵好きだし、今が旬だし、そりゃあ食べたいでしょう。

チムそばのいわし蒲

更にはイワシかまの板わさまで頼んでしまった。
こんなに注文したので、当然麺までたどりつくこと出来ず。。。
でも九州もんの食べ物は、魅力的だからつい頼みたくなるもの。
酢モツを頼んだので、

チムそばのレモンサワー

再度レモンサワーを。
こちらは、炭酸別バージョンのサワー。
炭酸はニホンシトロンではないところが、
麻布十番〜って感じなのだろうか。
でもよく見たらホッピーの炭酸だった。
しかしこれ、
普通の炭酸じゃなくて、ちょっとレモン味。
う〜ん、せっかくカットレモンがついているのに残念。
普通の炭酸だったらよかったのに・・・。
でもこういうタイプのレモンサワーだと、
ホッピーのように中だけ再度頼めるのがナイス。
いつもの中野感覚で、麻布十番だというのに中だけおかわりをした。
飲んで食べて、もっと楽しくなってきて、
話しが映画や本の話しで盛り上がっているというのに、
そろそろ電車に乗らないと・・・という時間。
おつまみ、全部食べ切れずに大変申し訳ないです。。。
今度は、麺食べること前提で、
ビールにちょっとおつまみ食べるという感じで
行ってみたいなと思う。

博多チムそば 麻布十番店
電話:03-3478-6080
住所:東京都港区麻布十番1-7-9 B1F
営業:昼 月〜金 11:30ー15:00(L.O.14:30)
     土   12:30ー17:00
   夜 月〜土 18:00ー翌4:00(L.O.翌3:30)
定休日:日曜日

今日の川柳〜

麺食べる それなら配分 考えろ
| 飲み屋 | 20:47 | - | - |
あべちゃん 麻布十番店@麻布十番
行動範囲でない麻布十番。
六本木にある会社で働いていた時も、
飲むのは西麻布だったので、
麻布十番には行くことがなかった。
六本木から麻布十番へ行くには、行きは下りでいいのだけど
帰りは上り坂となるのもあって、
積極的に行こうと思わなかったのもので・・・。
ブラタモリを観るようになって、改めて大地の起伏に納得した。
そんな縁のない麻布十番で飲む。

あべちゃん

麻布十番には縁がないけど、
こちらのお店のことは耳にしたことがあった。
『あべちゃん 麻布十番店』。
行ってみたかったので、とても楽しみにしていた。
ちょうど着いた19時半頃は、席が空いてなかったのだけど、
別館を紹介されている間に空いたので、無事に本店へ。

あべちゃんビール

ちょっと席が空くまでということで、焼き場の前の席で飲み始める。

あべちゃん壺

おかげさまで、名物のタレの壺を間近で見ることができた。

あべちゃんロック

こういう黒くてゴツゴツした物を見ると、
つい鬼押出しを思い出してしまう。
と、壺に魅了されている場合ではなく注文を。

あべちゃんシロ

やっぱりこのタレで食べるとなればシロでしょう。
おおぶりのシロは食べごたえありでおいしかった。

あべちゃんカシラ

そして普段は塩で食べるけど、タレでカシラを。
でかっ!
野方のヨシミ商店とどっちが大きいかと思わせるくらいの
ボリュームあるカシラ。
ちょっと見やわらかそうなカシラだけど、
しっかりカシラらしい歯ごたえと大きさで食べごたえあり。

あべちゃんナンコツ

ナンコツはやっぱり塩だよなと思い、唯一食べた塩の串。
でも食べてみてよくわかったのは、
こちらのお店は基本タレがおすすめ。
だからタレに合う串物を注文するのがいいんだな、と納得。

あべちゃんハラミ

ちょっと違うところで豪華にハラミ串を。
これ、柔らかくとってもおいしい。
大根おろしとレモンで食べるというのもナイス。
ちょっと普通の串物よりもお値段高い豪華串だけど、
それだけのおいしいハラミだった。

あべちゃん煮込み

そしてものすごくおいしかったのが、この煮込み。
ものすごく脂ののったホルモンで作られていた。
その脂のトロトロと、
そのおいしさが味噌と合わさってナイス煮込み。
味のしみた焼き豆腐もおいしく、ほぼ私1人が食べたようなもの。
今回食べた中で、1番おいしかったのは
なんと言っても、この煮込み。
それとあの年期の入ったタレがピッタリだったシロ。
おいしかった〜。
生ビールはサッポロだったし、
瓶は赤星というのも王道をいってる。
あとは、レモンサワーがおいしかったら良かったなという感じ。
個人的に、あの人工レモンシロップや
ハイサワーで割った味のレモンサワーはNG。
やっぱり居酒屋でレモンサワーは重要。
ということで、レモンサワーは1杯だけにして、
芋焼酎をお湯割りでいただいた。
外で待っている時に、
お持ち帰りを注文している人達が結構いたりで、
地元の人達の普段使いのお店でもあるらしい。

あべちゃん 麻布十番店
電話:03-3451-5825
住所:東京都港区麻布十番2-1-1
営業:月〜金  15:00ー22:30(L.O.22:00)
   土・祝日 15:00ー21:00(L.O.20:30)
定休日:日曜日

今日の川柳〜

年期入り タレで味わう シロうまし
| 飲み屋 | 20:21 | - | - |
竹よし@都立家政
ダービー前夜、ふらっと竹よしへ。
おいしい魚食べて、気合い入れようと思って。

5/26本芋

中途半端に残っているボトルをお湯割りで飲みきる。
メニューを一通りみたところ、最初に目に止まったのが、

5/26鯵なめろう

鯵のなめろう。
大好きなので、即注文。
旬の鯵は、脂ノリノリで激うまい。
おいしくって、5皿はいける!
とマスターに話したらビックリしていた。
それぐらい大好き。
そしてこれまた大好きなもの発見。
そう、シメサバ。
でも毎回毎回シメサバというのも芸がないので、
ちょっとマスターに相談。
くじらの竜田揚げとユッケで悩んだところ、
マスターに決めてもらうことにした結果、

5/26くじらユッケ

くじらユッケに決定。

5/26くじらユッケ混ぜる

生姜も玉子もきゅうりも全部、ガシガシ混ぜて食べる。
くじらは竜田揚げを食べることが多いので、とても久々のユッケ。
子供の頃に、給食で食べたくじら竜田揚げ。
そのくじらとは月とスッポン。
トロっとした口当たりへ、更に玉子が絡んでトロトロ。
なんだか力つけた感じ。
と、このあたりで競馬好きな人が来店。
最初は知人1人だったところへ、会うのが2回目ぐらいの方もきて
3人で翌日のダービー話しで盛り上がる。
そのうちの1人がにぎりを注文したので、
私ももう1人も、黒むつのにぎりに便乗。

マスターと黒むつ

黒むつと赤むつの話しになったところ、
マスターから握る前に黒むつを紹介される。

5/26黒むつにぎり

そしてその黒むつがにぎりになって登場。
見た目は淡泊そうに見えるけど、
青魚やまぐろとも違うやわらかな脂のノリが
なんとも言えずおいしい。
この日は、ちょっとつまんで
さくっと飲んで帰ろうと思っていたけど
このにぎりで胃が活気づいてしまった。
あの時のあのダービー話しなんかにもなって、
競馬話しが盛り上がり気分も盛り上がってきたので、

5/26シメサバ

やっぱり大好きなシメサバを食べることにした。
脂ノリノリの鯖に、マスターの〆具合が私好み。
毎度毎度、大満足な竹よしのシメサバ。

5/26鉄火巻

飲んで食べてダービーの予想話しをしていたところ、
JRAのCMからダービー馬を読み取ると、
モンストールが勝つという予想に一票が。
その方からモンストールが買ったら、
ボトル1本入れてくれるということになり、
前祝いがてら、鉄火巻きを1つ頂く。
そのモンストールは12着だったから、ボトルはなしだけど、
そんな話しをしている前夜が1番楽しい時間。
自分の予想した馬が勝つんだと信じているんだから。
予想外の楽しい時間ですっかり長居してしまった。
気がつけば閉店時間になっていたので、私は退散することに。
でも土曜夜の竹よしは、常連さんでまだ賑わっていた。

竹よし
電話:03-3336-2788
住所:東京都中野区鷺宮3-2-14
営業:17:00ー23:00
定休日:月・火曜日

今日の川柳〜
ダービーの 前夜にすでに 盛り上がる 
| 飲み屋 | 17:08 | - | - |
なんで、や 本店@府中
なんとかとんとんで終わったオークス日だけど、
ここ最近の負けがかさみ懐が寒い。
そんな人でも飲めそうな店を探すべく、新規開拓。
ずいぶん昔、サクラ系のホルモン焼きがあったらしき場所が
やきとん屋になっていた。
外に出ているメニューも妥当な感じだったので、
入ってみたのが『なんで、や 本店』。

府中の1杯目ビール

生ビールを注文したら、お通しは枝豆だった。
以前からそういうものだったのかもしれないけど、
やきとん屋のお通しで枝豆に出合う確率が高いような気がする。
体を気遣ってくれてるのだろうか。by 店。

府中のカシラ

串物はカシラを塩で、

府中のシロテツ

シロテツをタレで注文。
シロテツって初めて食べたし、初めて聞いた。
でも見た目も食べてもシロとの違いがわからず。
ひとまず串物だけを見る限り、
府中では普通と化していた貧相な串物ではなく、お値段妥当。
競馬帰りの人達が少ないから、
そんなつまみ出して値段とってたら、
今時は商売にならないのだろう。
でもこれが普通だと思います。

府中のナンコツ揚げ

そして私が食べたかったナンコツ唐揚げと、

府中のトマトサラダ

今週野菜を食べた記憶がないという、
友人の希望によりトマツナサラダを。
ナンコツは、これまた想像よりも量多めで、
しかも揚げ具合がちょうど良く、食べたかった人としては満足。
サラダは、あまりのでかさに最初ビックリ。
鉢みたいなお皿での登場。
これで友人の野菜度もやや満たされたかも。

府中の手羽先揚げ

最初、串で手羽先を食べようと思ったのだけど、
このスパイシー手羽先揚げに変更。
これ、変更して正解。
スパイシーとはカレー系だったのだけど、
この味付けがおいしかった。
手羽先よりも、
そのタレがかかった千切りキャベツがなんか気分だった。

府中のホッピー

やきとん屋に来たとなれば、ホッピーの気分。
友人は焼酎をロックで飲み続けるようなので、
私は1人ホッピー白を飲み続ける。
ナカのお値段も、全う価格でナイス。

府中のコロッケ

今回食べたつまみの中で、1番高かったのがコレ。
平牧三元豚のコロッケ。
はっきり言って平牧三元豚は、
じゃがいもの中にたまにいらっしゃる感じ。
でも揚げたてでの登場ということもあって、2人共大満足。
再度食べたいくらいおいしかった。
でもやっぱりコロッケとしてはちょっとお値段高いので、
平牧三元豚なんか使わず
普通の肉使用のコロッケでいいかな、と思うところ。
ホッピーのナカは追加すると、
別のグラスで出してくれて自分でジョッキに入れるスタイル。
その量も値段も妥当だったし、
食べ物も府中でこの価格でこの味だったら充分。
もうかれこれ○○年も競馬帰りに府中で飲んでいると、
行く店も決まってきたりで、変化がない。
今回、新規開拓しての成果はあったと思う。
あのあたりのお店へ行かない時の別バージョンとしてインプット。
どうも帰ってきて知ったのだけど、
多摩地区で展開している飲食店プロデュース会社の1つらしい。
そんなやきとん屋で、この日のベストはやっぱりコロッケ。

なんで、や 本店
電話:042-358-8228
住所:東京都府中市宮町1丁目2-10
営業:昼 11:30ー14:00
   夜 17:00ー24:00
定休日:無休

今日の川柳〜
開拓が 失敗ならず 成果有り

| 飲み屋 | 16:32 | - | - |
酒処 萬屋松風@池袋
キングレコード時代の先輩と飲む。
先輩と飲むのはほぼ池袋。
そして池袋で飲む時は、ほぼ『酒処 萬屋松風』で。
今回は地下の席へ案内されたので、
靴を脱いで掘りごたつ状態のテーブルで飲む。

5/18松風のビール

ビール党の2人。生ビールで乾杯。

5/18きぬかつぎ

頼むタイミングは毎度一緒ではないけど、
必ずといっていい程頼むのが、きぬかつぎ。
なんか松風では、
きぬかつぎは必須というのが頭にインプットされている私。
それにお店の雰囲気にも、
きぬかつぎがなんとも言えず合う。
このコロっとしたきぬかつぎの断面に、
黒ごまがちょろっとのっているのも好き。
ちょっとお塩をつけて、つるっと皮むいて一口で食べる。
これも松風の気分。

5/18初かつお

そして刺し身を頼むのも必ず。
今回は初かつおのお刺し身と、

5/18冷やし鯖

炙り鯖の冷製(という一品だったと思う)を注文。
新玉ネギがたっぷりと乗っているし、
下のポン酢部分には、大根やみょうがといった野菜も。
鯖でくるっと巻いて、野菜を一緒に食べる。
普通の炙り鯖もいいけど、
暑くなるこれからにいい一品だな、と思った。

5/18新じゃが

更に芋好きは、
新じゃがとベーコンのソテーも注文。
やっぱり皮つきの新ジャガでのじゃがベーコンは、
また違ったおいしさでナイス。
ビールとのセットで、半分以上私が食べたと思われる。
火の通り具合とか、塩加減とかがちょうど良く、
ついパクパク食べてしまう一品だった。
私がキングをやめてから、もう10年以上経っている。
でもこうやって、辞めてからも1年に何回か飲む先輩。
朝から晩まで、時には一緒に徹夜もして、
楽しく忙しい時間を一緒に過ごした同士のような感じ。
今回も話しが長い2人で、いろいろ語り、
そしてカレー丼やももクロの話しなど、
たわいもないことを話した楽しい時間だった。
本当は、もうちょっと飲みたいところだったけど、
翌日撮影で早いということで、今回はこのへんで。
次回は板橋で、という約束をしてまた〜。

酒処 萬屋松風
電話:03-3986-1047
住所:東京都豊島区西池袋1-24-5
営業:月〜土 17:00ー23:30
   日・祝 17:00ー23:00
定休日:無休

今日の川柳〜
飲みながら 話しは終わらず また次回

| 飲み屋 | 18:31 | - | - |
魚八商店 新宿店@新宿
仕事が忙しい友人と、
やっとタイミングが合い飲みに行くことができた。
今回は、友人が見つけてきたお店『魚八商店 新宿店』へ。
番番の斜め向かいのビル5階。
まずは生ビールで乾杯。
しかしその後は、最近お酒が残りがちな私は
体を気遣いトマトハイを飲んでみたりする。

トマトハイとお通し

お通しは升に入って出てきた。
中身は鯵の南蛮漬け。

新宿炙りシメサバ

そして炙りシメサバや、

新宿カンパチ

カンパチといったお刺し身を注文。

新宿鯵フライ

更に私が食べたかった鯵フライも。
3日ぐらい前にスーパーで見かけてから、
ずっと食べたかった鯵フライ。
でも鯵フライって当たり外れが多いので、
気軽にスーパーで買うと残念だったりする。
しかしこちらのお店の鯵フライは、
肉厚でしっかり揚がっていて大満足。
しかもでかい!
念願叶って鯵フライを食べていたのを見たからか、
友人が全部食べなよ、と言ってくれた。
ありがたく全部1人で完食。おいしかった〜。
これで夢に出てくることもないだろう。

新宿宮崎地鶏

そして宮崎地鶏の炭火焼きも注文。
どうも同じビルの別のフロアに、系列店があるらしく
そちら方面から登場。
実は私、お店で宮崎地鶏を食べるのが初めて。
宮崎へは行ったことがないので、
新宿にある宮崎物産館で売ってる
真空パックの地鶏を食べたことがあるのみ。
でも私にはしょっぱくて
「せっかくの鶏の味がな・・・」と思っていた。
でもこちらのお店のは、そうしょっぱくなくて食べやすい。
本場とは違うのかもしれないけど、
私にはこれぐらいの硬さと塩加減の方がいいな、と思った。
ザーザー雨が外で降っている中、3時間程飲んで食べて

5/2山ちゃん

世界の山ちゃんへ移動。
鯵フライだけじゃなく、
ちょっと手羽先も頭の中に存在したままだったので。
さすがに今回はものすごくお腹がいっぱいなので、二人前のみで終了。
飲んで食べてしゃべって、楽しい時間は過ぎていき
電車のことを考えてそれぞれ帰路へ。
しかし満腹だったはずなのに、

セブン納豆巻き

ついつい帰りにセブンイレブンへイン。
納豆巻きを購入。

セブンの抹茶お菓子

更にはこんなものまで。
どうも、セブンイレブンでは抹茶物をプッシュしている模様。
翌日のおやつにと思って買ったのに、
抹茶スナックを半分ぐらい食べてしまった。
当然、夜中にものすごくムカムカ感が浮上。
「私も歳とったな・・・」とひっそり思う。
って、これだけ食べれば当然のことなのだろうか。

魚八商店 新宿店
電話:03-5155-3655
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-6-6 橋本ビル 5F
営業:月〜金 17:00ー23:45
   土   16:00ー23:45
   日・祝 16:00ー23:30
定休日:無休

今日の川柳〜
念願が 思わず叶った 鯵フライ
| 飲み屋 | 17:32 | - | - |
<< | 2/22PAGES | >>

Ferretアクセス解析