CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
CATEGORIES
                
ARCHIVES
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ
くりーむぱん@八天堂
地下鉄から渋谷の東急フードショウへの入り口近くに
なにやら臨時の出店を発見。
よくみると『クリームパン』のお店らしい。
男性が2人並んでいる後ろについて5種類ある中から
くりーむぱんカスタードとくりーむぱん小倉を購入。
パっと見た目はコロッケパンとかハンバーガーが
中に入っているのかなと思わせるような包み加減。
家に帰り早速カスタードを食べてみる。
丸くてカスタード色のかわいい見た目。
袋から出してみると、まわりがベタベタとしているし
しっとりを通り越して
すごくしめっとした感じでものすごくやわらかい。
ひとまず半分に割ってみると、
パンそのものがすごいしっとりしているのがよくわかる。
ますます食べるのが楽しみ。
そして食べてみると・・・おいしい!
ちょっとモチっとした感じがするくらい、相当しっとり。
そしてものすごくパンそのものが柔らかし、
中のクリームもトロトロなので、
重みとやわらかさで落ちてしまいそうな感じ。
まわりのベタとした感じは、
メロンパンの表面が暑さにより砂糖が溶けて
ベタっとしてしまったのに似ている。
そして本日、小倉をコーヒーと一緒に食してみた。
包みを開けると書いてある「おいしい食べ方」を参考に。
「買ってすぐ食べてもおいしいのですが、
冷蔵庫で5〜10℃に冷やしたものを10分程常温に戻すと
よりしっとり感が増し、おいしく召し上がっていただけます」とのこと。
なので、その通りにして食べてみた。
たしかに買って帰ってきて食べた昨日とは、しっとり感が違う。
昨夜の方が、もうちょっとふわっとした感じもあった。
おすすめの今日の食べ方の方が、たしかにおいしい。
そして小倉クリームは、
クリームに小倉あんを混ぜたもの。
なので和ではなく洋、餡でなくクリーム。
生クリームと餡の両方が入ったどらやきとかと同じ系統。
これはこれでおいしい。
カスタードとあんこのどちらかを選べと聞かれたら
悩むけどカスタードの方かな。
まわりのパンとの相性が本当にピッタリだったから。
いや〜、思いがけず買った物だけど相当な満足具合で
あそこを通ってよかったな、としみじみと思うところ。
八天堂は広島の三原市のお店で
元々は昭和8年に創業の和菓子屋さんらしい。
それが3代目の方がパン屋を開店し、
その後スイーツパンの専門店となっていったという経緯みたい。
HPを見ると、関西や関東のいろいろな場所やイベントなどに
出店しているようで、渋谷の出店は年内のようだけど
来週から池袋の西武にも出店するようだし
来年には吉祥寺のパルコにも出店予定があるらしい。
またチャンスをみて買ってみたいなと思うぐらい満足度高し。
おいしかった〜。

今日の川柳〜
今までと 違った食感 ほんわかと


八天堂 カスタードと小倉を
八天堂ぱん これがそのパン
八天堂クリーム カスタードの断面
クリームあんぱん 小倉の断面
| パン | 16:22 | - | - |
ランチパック
コレクターズのコータローさんのブログを読んでいたら
ヤマザキから発売されているランチパックに
ミルキー味があるということを知った。
早速コンビニへ行ってみたところ、パッケージにペコちゃんを発見。
やっぱりペコちゃんが笑っている限り、
手に取るでしょう〜。買うでしょう〜。ということで即購入。
ランチパック食べるのって何年ぶりだろう。
中身がツナとか卵とかの物しか食べたことがなかった。
今回初の甘い物系。
ペコちゃんの誘惑に負けて買ったミルキークリームは
クリームと言っても相当トロトロ状態。
練乳とクリームの真ん中?っていうくらいに。
だからクリームがパンの中から出てきて、
真ん中あたりのたくさん入っているところになると、やや危険。
こぼれそうなくらいトロトロ。
やや忙しい状態で食し終わることに。
ごちそうさまでした!ペコちゃん。
このランチパック買った時知った現実。
今までランチパックって2〜3種類しかないと思っていたら
ご飯系から甘い物系までいろんな種類があることを知った。
知ってしまったからには、もっといろいろ試したい。
すでにここでさりげなくハマった状態。
ここにアップした物が、ペコちゃん以降に食べたランチパック達。
あえて甘い物系だけに絞って。まだあと何種類かあるみたい。
買いに行って気がついたのは、スーパーよりもコンビニの方が種類が豊富。
スーパーはツナとか卵などで、
コンビニはチョコとかクリームなどというように
売ってる物の系統も違うことがわかった。
なので、いつもよりもコンビニへ行く回数が増えた。
ランチパックを買うためだけに。
今回食べた中で、1番気に入ったのは
「クランチチョコ&キャラメルホイップ」。
チョコレートクリームじゃなくって
板状のクランチチョコがそのまま入っている。
そして一緒にキャラメルホイップも。
白いパンのフワフワの中に、
板状のチョコが入っているという食感の違いがおもしろい。
よくチョコクロワッサンの中に
そういう感じでチョコが入っている物があるけど、
サクサクバターたっぷりのクロワッサンにかたまりチョコって
意外と違和感がなくハマる感じなのに対して、
このランチパックはちょっと違和感がある所が
逆に庶民的な感じがしておもしろなと思った。
ちなみに「イチゴチョコ&ホイップ」のイチゴチョコも板状。
ひとまずこんなところで、ランチパック熱はひとまず終了。
そうしないと、パン同様フワフワの体になりそうな危険な予感。。。

今日の川柳〜
ペコちゃんに 惹かれて買って 思うツボ


LPミルキー これがきっかけ
LPイチゴホイップ ちょっと懐かしい感じ
LPイチゴチョコ ジャムよりはこっち
LPチョコクランチ これが1番好き
LP粒あん 次はこれ
LPムースキャラメル 意外と無難
| パン | 15:40 | - | - |
ドーメルのコロッケロール
ちょっと前の話。
年末、昔からお世話になっている印刷会社へ伺った帰りに
久々ドーメルへ寄ってみた。
ドーメルとは浅草橋駅前の通りに面している
街のパン屋さんというおもむきのお店。
印刷会社が、今では両国へ移転してしまったけど
私がしょっちゅう伺ってた頃は浅草橋にあった。
入稿が間に合わず持ち込んだり、
進行が遅れていて出張校正に行ったりとよく伺った。
定番は、午前中に印刷会社へ伺って帰りにほっとして
ドーメルでコロッケロールを買って会社へ帰るというパターン。
いっぱいいっぱいのスケジュールの中、
ドーメルのコロッケロールを買って食べるのが
とっても楽しみだった。
私の中でのコロッケロール、ナンバー1。
元々コロッケ好きだけど、パンに挟まってる類としては
焼きそばパンをよく買っていた。
コロッケが挟まっているパンって、
平たいコロッケをバンズタイプのパンで
レタスと一緒に挟んでいることが多い。
でもドーメルの物は、ドックパンに縦に2個並んでいるタイプで
写真では見えないけど、底に刻んだきゃべつが入っている。
ここにソースもかかっているのだけど
このソースがパンにしみ込んだ加減が絶妙。
この三位一体がいい感じなのが、ドーメルのコロッケロール。
血となり肉とならないのなら、1度に3個は食べたい。
今回はこれまた好きなあんぱんも一緒に購入。
このパンを買った後に友人と待ち合わせをしていた。
あまりにも腹ヘリに耐えかねて、
待っている間にコロッケロールを1個完食。
中学生の買い食いのようで、ちょっと楽しい。
久々にコロッケロールを食べたら
その当時の楽しかったことをいろいろ思い出した。
すでに私にとって思い出の味となっている。
でもお店は現在進行形。
素朴なパン達がたくさん並んでいて、
昼間に行くと働いている人達やお客さんでワサワサしているのが
下町っぽくてそれもまたいい感じ。
以前は気がつかなかったけど
コロッケロールの包みに貼ってあるシールをみると
大手チェーン店のサンメリー傘下のようだ。
昔はそこまで気にしてなかったけど、
しばらく来ない間にそう変わってしまったのかもしれない。
お店の雰囲気はそのままだし、他のパンはわからないけど
コロッケロールは以前と変わらない三位一体感で
今回もおいしくいただきました。

ドーメル
電話:03-3851-0501
住所:東京都台東区浅草橋1-30-12
営業:月〜金7:30ー22:00/土8:00ー18:00
   日・祝9:00ー18:00
定休日:正月・夏期休暇

今日の川柳〜
きゃべつ下 ソースがジュワっと いい感じ


ドーメルのパン 今回買ったパン
ドーメルのコロッケロール 買い食い
| パン | 13:39 | - | - |
特選ピロシキ@もりもと
まだまだあります、もりもとネタ。

千歳のホテルに宿泊した翌朝。
千歳にあるもりもと本店へむかい、
まずはクリームパンを買って店内でコーヒーを頼み
イートインスペースで朝ご飯を。
一息ついたところで、改めてパンコーナーを物色。
北海道旅行2日目は、5人中3人で夕張へ行く予定だったので
ドライブのお供に3人分のピロシキを購入。
旅行へ行く前に、週末だけ「特選ピロシキ」なる物が
本店限定で販売しているという情報をHPで見たので気になっていた。
揚げ物大好き。パンだって揚げてある物、大好き。カレーパンとかも。
パンコーナーを探していると、普通にピロシキが売っている。
なんだかこれではないような気がする。
再度物色すると、それは通常のピロシキで
特選ピロシキはちゃんと別コーナーに「週末限定」と書かれて置いてある。
1つずつ、紙袋に入っている。
これは車で食べるのにもちょうど良いと思い早速購入。
5人中2人は札幌競馬場へ行く予定だったので、
2人にはミニあんドーナッツを購入。
夕張メンバーと合流していざ出発。
いろいろすったもんだの夕張観光を終えた15時半頃。
カーナビテレビで、競馬観戦しながら特選ピロシキを食べる。
それにしても、特選で¥130とは安い。
たしか普通のピロシキが¥100だったから、たしかに特選価格。
やっぱり北海道はでっかいだけに太っ腹ですばらしい。
意外と大きいピロシキ。
一口、食べる。パン部分はしっかりしていて食べ応えがある。
中身の具がちょっと変わっている。
牛肉そぼろ煮というような感じの和風味。
へぇ〜、これはおもしろい。
春雨も入っているし、こんなピロシキは初めて。
そういえば、売り場のPOPに牛肉を醤油で味付けしてとか
書いてあったような・・・。
和風なので、揚げてある物なのにそんなにくどくない。
もちろん実際には揚げてあるので、それなりにまわりはジュッとしている。
でも中身が和風だし、肉も元々脂身が多い部位ではない感じだった。
終始、面白いピロシキだなと思い食べ続ける。
もりもとの創作ピロシキは「ピロシキ食べたいぜ!」と思い食べると
ちょっとがっかりするかも。
でもピロシキにこだわりすぎていない人には、
和食パンという感じでおいしく食べれるピロシキだった。

今日の川柳〜
チャレンジの 精神感じる ピロシキを
 

もりもとのピロシキ 特選ピロシキ¥130
もりもとピロシキ中身 こんな感じの中身
| パン | 19:30 | - | - |
クリームパン@もりもと
クリームパン大好き。
それに私の中では、初めて買うパン屋では必ず買うと決めている。
クリームパンって、すごくシンプルなだけに
そのお店がよく表れていると思うから。
クリームパンがおいしいと、他のパンも食べてみようという気持ちになる。
おいしいと私の中で勝手に「この店、合格!」と思ってしまう。
ちょっと偉そうで、すみません。。。
まず1番わかりやすいのは、カスタードクリーム。
ツルツルした感じでなく、ぼってりした感じが好み。
でもカスタードクリームは、どのお店もそれなりにおいしい所が多い。
そしてパン部分だけど、これが意外と難しいところ。
それなりのお値段出したり、こ洒落たお店だったりするのに
昭和の頃の菓子パンっていう感じの、パサッとしたパンが結構多い。
もう、そういうクリームパンを食べた時の
最初の一口のがっかり感といったらない。
「クリームパンおろそかにしてない!?」とやや怒り気味になる。
もしかしたら、本当のパン好きやパン職人の人からしたら
そっちの方が正統派なのかもしれない。
でも私は、しっとりしていてやわらかい口当たりが好き。
家で作るようには商売できないのかもしれないけど
簡単に例えると、バターロールぐらいのしっとり感があってほしい。
もちろんこのバターロールなるものが、ぱさっとしてた日には大がっかり。
うちの親が昔作ってくれたのは、バターロールの生地だったので
それが自分の中で基本となっているのだと思う。
この前、北海道へ旅行した時。
最初の夜は、千歳にあるホテルに宿泊。
翌日の朝、新千歳空港でそれなりに広い売り場を確保して商品売っている
「もりもと」の本店が近くにあるので歩いて出掛けた。
もりもとの商品を最初に食べたのは、空港で買ったプリン。
これは、おいしい。
路面店やイオンなどのスーパーへの出店ではパンも売っていることを知る。
それだったら、朝ご飯にパン買って食べようと思い歩いてむかった。
ホテルから歩いて2〜3分のところにあった本店は、とっても広い店内で
お菓子各種の他に、ケーキやパンも売っていて
コーヒーやソフトクリームも売っている。
それらをちょっと座って食べれるようなコーナーをみつけた。
早速コーヒーと、買ったばかりのクリームパンを持って座る。
小麦高騰の時代なのに、パンがどれも安い。
クリームパンはたしか¥110か¥120だった。
それにコーヒーもカップ&ソーサーに入れてくれた上に、
普通に商品として売っているミルフィーユがお茶うけに1個ついてきた。
これで¥210。
なんだか北海道って、でっかいだけにお菓子やパンにも太っ腹!
期待でワクワクしながらの一口目。「うまい!」
ものすごく感動。本当にすごくおいしかったから。
大半をしめるクリームのぼってりとした感じ。
その周りのパンのおいしさ。しかもこの値段。
今まで食べたクリームパンで1番ぐらいにおいしいかも。
1人で無茶苦茶感動しつつ、写真を撮る。
あと5個は食べたい。
でもこの後、友達と合流して昼ご飯を食べるので、じっと我慢。
いや〜、東京に戻ってきて写真を見たら思い出してしまった。
よだれが出てしまいそう。
10個買って帰り、2日に分けて食べるようにすればよかった。
他にも多々おいしそうなパンが並んでいたので、
近所の人達がうらやましいかぎり。
朝8時から働いているし、無休だなんて。ものすごく働き者。
どうも「もりもと」のHPをみると、道外で唯一、浦和にお店があるみたい。
これはやっぱり車で近々買いに行ってみないと。
すごいよ!もりもと!!!

もりもと本店
電話:0123-23-4181
住所:千歳市千代田町4丁目12-1
営業:8:00ー19:30
定休日:なし(元日のみ休業)

今日の川柳〜
なぜできる 泣くほどうまく この値段


もりもとクリームパン 朝ご飯に
もりもとクリームパン断面 クリームパン断面
| パン | 11:37 | - | - |
ローソンの米粉ぱん
2〜3日前、朝日新聞夕刊に
ローソンから国産米粉を使ったパン3種類が発売された、という記事を見た。
すごーく気になったので、早速翌日買いに行ってみる。
しかし・・・そのローソン、無茶苦茶狭いから
そんなに隈無く探す程でもないのに、何度探しても見つからない。
どうも売り切れらしい。。。
懲りずに、昨日も夜にゴソゴソ歩いて買いに行ってみる。
あった!ありました!
ここまで期待させたんだからと、3種類全て買って帰る。
「あんぱん」「シフォンケーキ」「蒸しパン」の3種類。
裏を見ると、どれも全部木村屋総本店が作っているらしい。
まずは「シフォンケーキ」をちょっと味見。
紅茶味のシフォンケーキで、ものすごくふわふわしている。
私の頭にインプットされている、ささやかな情報だと
たしか米の粉って、ふわっと感が出にくいと聞いたような気がする。
もちろんシフォンケーキって、
卵白の泡立てによるふわふわが重要なんだろうけど
それにしても、粉が重いとうまくふわふわ感が出ないような気がする。
勝手な想像だけど、結構試行錯誤して出来た商品なのかな、と思った。
コンビニパンというか、シフォンケーキだからお菓子だけど
よく出来ているな、と感心。
カンブリア宮殿で観た、ローソンの新商品開発の映像が頭をよぎる。
役員チェックに、試行錯誤の末にOKもらったのかな、と想像。
そういう想像すると、ありがたくいただく感じかな。
次に「あんぱん」を食べてみることに。
これは持った時にもはっきりわかるくらい、普通のあんぱんより重い。
食べてみても、そうだけどパン部分があまりふっくらしていない。
でもそれがおいしくないという訳ではなく、
米粉を使っているとわかっているから「そういうもんなのね」と思える。
逆に言ったら、表示されていないと微妙なところなのかな。
しっかりしたパンだから、お腹には結構たまる感がする。
個人的好みから言うと、米粉らしいをもっとだして
パン部分を小麦のようなふわっと感に近づけるのではなくて
しっとりした感じのパンにした方がいいな、と思った。
あんぱんは好きなパンなだけに、今後へ更に期待を込めて。
そして最後に「蒸しパン」を食べてみる。
上に北海道産のあずきが載った、白い蒸しパン。
懐かしい見た目。味も懐かしい感じ。
やっぱりこれも米粉を使っているからか、ずっしり重い。
蒸しパンという名ばかりで、実はこれが1番お腹にたまる。
子供の頃に、家で親が作ってくれた蒸しパンという懐かしい感じもするし、
でも小麦粉じゃないから、食べると食べ応えもあるし
しっかり噛んで味もしっかりしている、という感じ。
以前流行った、チーズ蒸しパンのような
ものすごく空気を含んで軽いタイプとは、全く違う物。
チーズ蒸しパンのような蒸しパンを食べたい人には、ちょっと違うかな。
でも私は元々蒸しパン好きなので、
今回の3種類の中では、1番蒸しパンがおいしかったと思う。
何年か前に、アレルギーがある子供のためにと
米粉を使ったお菓子を作っているのを、テレビで観たことがある。
その時に、すごく試行錯誤していたのを覚えている。
月日は流れて、ここまで技術って進歩しているんだなと
改めて感心してしまった。
それに、こうやって大量生産ができるようになったというのも
すばらしいと思う。
小麦高騰という、逆に言えばいい機会だと逆手に取って
せっかく日本にたくさんあるお米を使った、こういうパンや商品が
もっともっと出てくればいいな、と思った。
全体的に、食べ応えがあるので食べ過ぎに注意です。。。
苦しい。。。

今日の川柳〜
食べ盛り そんな人でも 食べ応え


ローソン米粉パン
| パン | 14:47 | - | - |
リスドォル・ミツ@西荻窪
土曜日に西荻窪に行った時、ライブ前にパン屋に寄った。
それが「リスドォル・ミツ」。
ずいぶん前のテレビ番組、
貧乏脱出生活だかでここの方が師匠になったことがあるような・・・。
天然酵母を使い無添加で国産小麦を使っているということだったので
今回立ち寄ってみた。
駅の南口を出てみずほ銀行の並びを歩いていくとすぐ。
勝手にイメージをふくらませていたのだけど、
外観は普通の街のパン屋さん。
もう夕方なので、商品はずいぶん少なくなってしまっているけど
今日のおすすめ「頑固パン」というのが目に入ったのでそれを。
今日のおすすめだけあってなんと1個¥98。
それと、好きなクロワッサンを買うことに。
他にも店舗があるようなので、次回リサーチして行ってみようと思う。
翌日、朝ご飯で早速食べてみた。
頑固パンとクロワッサン、
両方ともレンジで本当にちょっとだけ温めてみる。
まずはクロワッサン。味がしっかりしていておいしい。
外のパリっと感はほどほどなので、ある意味食べやすい。
バターも濃厚という程ではなにので、胃にずっしりこない。
頑固パンは、まずなにもつけずに食べてみる。
すごく素朴な味。表面は固いけど、中は普通の白いパン。
この後ちょっとバターをつけて食べてみた。
そのまま食べて更にバターをつけて食べて思ったこと。
洋物の料理と一緒に食べたらよりおいしいな、と。
バターをつけた時も、パンにしみたバターとの相性がよかったので
これが主役になるようなパンでなく、
他の料理をよりおいしくしてくれる感じがした。
料理と一緒に、最後にソースをつけてという風に。
お店に伺って、食べてみて思ったこと。
特別変わったパンがあったり、小洒落たパンがある訳ではない。
店構えも普通に街のパン屋さんだし、値段も普通。
でも敷居が高い雰囲気だったり、ちょっと高級だったりすると
誰もがいつも食べれるパンではなくなってしまう。
きっと、無添加のパンを少しでもたくさんの人達に食べて欲しい、という
気持ちでやっていらっしゃるんだな、と。
そういう気持ちが感じられる街のパン屋さんだった。

リスドォル・ミツ
電話:03-3332-9683
住所:東京都杉並区西荻南 3-8-7
営業:9:00ー21:00
定休日:日曜日

今日の川柳〜
近所なら お手軽毎日 食べたいな


西荻パン 素朴でおいしい
| パン | 12:52 | - | - |
パン
少し前、渋谷近辺に用があって出た帰りに
東急東横店のフードショーに寄った。
以前事務所が渋谷にあった頃や、前の自宅は渋谷経由のことが多かったので
毎日のようにフラフラと立ち寄っていた。
引っ越しをすると、行動範囲も変わるのでちょっと最近ご無沙汰だった。
「サンジェルマンがちょっと変わったんだよ」という情報を聞いたので
なにか買って帰ろうと思う。
パン大好きなので。
以前は普通のサンジェルマンだったけど、
今度は「サンジェルマン タンドレス」というお店になっていた。
家に帰ってHPを見てみると、石臼挽きの小麦粉を使用していたり
自家製天然酵母を使用しているそうだ。これは楽しみ。
初めてのお店では、私の基本、クリームパンを買うことにしている。
昨日は見あたらなかったので、別の基本クロワッサンと
好きなくるみパンを購入した。
なぜクリームパンかというのは、また別の機会に。
クロワッサンは、バターがすごくふんだんに使われているような味。
サクサク感というより、パリパリとした感じ。
くるみパンは、噛むとしっかりとした味がしておいしかった。
そのパンをふと本日昼過ぎに思い出したら、無性にパンが食べたくなる。
でも、わざわざ今買いに行くのは面倒だし。うむ・・・。
そうだ、作ろう!
以前、オレンジページで「幸せのおうちパン」という特集があった。
昔まだ私が実家にいた頃、
親がパン教室に通っていたこともあって、よく家で焼いていた。
その時、たまには手伝うこともあったけど
自分で一から十まで作ったことはない。
ピザは2次発酵がないから、別として。
でも材料はあるにしても、そんなに時間の余裕がないため
本格的にはちょっと無理。
だったらと、オレンジページに載っていた
40分で出来る「シンプルブレッド」を作ることにした。
早速材料を量り、ちゃっちゃか混ぜてオーブンに入れて完成!
実は今回、シンプルブレッドを作るのは2度目。
前回は、本に書いてあった通りの材料で1個が出来上がる。
出来てみたら意外と大きかったので、今回は2分割してみることに。
この方が、1回食べるにはちょうどいい大きさでボリュームだった。
イースト菌で発酵するのではなく、ベーキングパウダーを使う。
出来上がりはパンというよりも、スコーンといった感じ。
スコーンは作ったことないので、材料の違うがわかないが。
形が違っても、食感も味もスコーンとほぼ同じ。
バターを塗るより、ジャムが合うだろう。
しかしジャムってほとんど食べることがないので、家に存在せず。
今度は買っておいて、このシンプルブレッドを作ってみよう。
ブルーベリーのジャムがいいかも。
オーブンでお菓子作ったり、料理作ったりすると
オーブン前で気になって、ついつい何回ものぞいてしまう。
でもこんがり焦げ目がついてきたり、ふくらんできたりするのを見るのは
ワクワクしていて、なんだかうれしい。
うれしいのはいいけど、いい気になって作りすぎて食べ過ぎてしまうのが
人生最大の問題。。。

サンジェルマン タンドレス 渋谷店
電話:03-3477-4317
住所:東京都渋谷区渋谷2-24-1 東急百貨店東横店地下1階
営業:10時ー21時

今日の川柳〜
手作りも 作りすぎると 身が重い


サンジェルマンのパン プロのパン
シンプルブレッド 作ってみました
| パン | 16:50 | - | - |
Famille 代官山
昨日、外回りの中で、代官山にも用があった。
以前から恵比寿まで歩く途中にあって何度か前は通ったことあるものの
入ったことのない気になるパン屋。
以前ネットで、ここのクロワッサンがおいしいという情報を見たので
昨日入ってみた。
もう陽も暮れてきた時間なので、ケーキケースはほとんどなにもない。
パンはそこそこあったので、ほっとする。
当然クロワッサンをトレーにのせて、他を物色する。
ベーコンエピも、好きなパンの1つ。
それとドライフルーツやナッツ類が入った、全粒粉のパンも好き。
それぞれ違う3タイプのパンを買った。
今朝、そのパン達を早速食べる。
クロワッサンはバターたっぷり。
一口食べるとそれを実感するぐらいな味と、色からしても濃厚。
個人的にクロワッサンは、バターたっぷりの方が好きなので満足。
しいて言えば、個人的には表面が香ばしすぎるかな?という感じ。
ベーコンエピはベーコン部分にちょっとずつ粒マスタードもついている。
これがいい感じのアクセントになっておいしかった。
パン部分が、お店によってはすごくハードだったりするけど
個人的にベーコンエピは、そこまでハードでない方が好み。
なのでこれは高得点。
ドライフルーツやナッツ類が入った全粒粉のパン(名前忘れた)は
正当な期待通りの味。
全粒粉のパンもお店によっては、
全粒粉が全面に出すぎている物があったりするけど
ここのお店のは、ドライフルーツやナッツの割合が程よくて
まとまり感がよかった。
全粒粉とドライフルーツ類だから、噛んでの味わいも楽しめて
今回の3点で星2.5(チューボーですよ風)の満足度だった。

Famille 代官山
電話:03-3461-3644
住所:東京都渋谷区恵比寿西1-30-13グリーンビル代官山101  
定休日:年中無休

今日の川柳〜
米とパン 比べるなんて ナンセンス


Familleのパン パン好き


| パン | 23:40 | - | - |
<< | 2/2PAGES |

Ferretアクセス解析