CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
CATEGORIES
                
ARCHIVES
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ
堂島ロール@パティスリー モンシュシュ
今更ながら、やっと食べた堂島ロール。
と言いつつ、それは昨年11月のことで今更のブログへのアップ。

堂島箱

気がつけば、都内に何店舗も出店しているのに
銀座三越のお店しか知らなかった。
しかも、並んでいるのを横目で見るくらいで。
今回、期間限定で伊勢丹新宿店で販売していたので
そちらで買った堂島ロール。

堂島ロール全体

箱を開けてみると、どーんと長いロールケーキの登場。

堂島ロール大きさ

どれくらいのボリュームかというとこんな感じ。
ちなみに、これ1本1,260円なり。

堂島ロール断面

早速切って食べてみることに。

堂島ロールやわらかさ

フォークで切ろうとすると、こんな感じになるぐらいの柔らかさ。
期待ワクワク、早速一口食べてみる。
ふわふわでおいしい!
でもスポンジはただのふわふわだけじゃなく、
しっとりしているのにふわふわ状態。
この加減がいい感じ。

一口アップ

そしてクリームはミルキーな味わいで、
これだけたっぷり入っていてもくどくない。
行列してでも買いたくなるのがわかる納得のおいしさ。
それを今更ながらでも食べれて本当によかった。
これ、あまりにもおいしくて
1度に半分食べてしまいそうになる。
でもその気持ちを抑えて、全うに別の日に分けて食べた。
食べたいけど、並ぶ根性はないので、
次回うまく買えるチャンスがあったらまた買って食べよう。

今日の川柳〜
絶妙な しっとりフワが 広がって
| スイーツ | 12:55 | - | - |
喜八洲総本舗@大阪十三
まだ続く大阪で買ってきたうまいもんネタ。
今回は甘いもの。
阪急電車の十三にある『喜八洲総本舗』というお店。
ここのみたらし団子がおいしいと聞いて、
以前から1度食べてみたかった。

十三みたらし箱

で、買いましたよ。念願叶ってみたらし団子を。
これは5本入りの物で440円。
今回は十三駅ホームの売店で購入。
本当は駅降りて、本店へ行ってみたかったけど
友人との待ち合わせの時間に間に合わなくなるので
便利な売店を利用させてもらった。
でも売店といっても、ちょっと想像と違って軽くびっくり。
みたらし団子は、その場で網で焼いてタレに絡めて
アツアツを買うことができる。
売店にはお姉さんが1人いて、
みたらし焼いて接客も全てこなしていた。
しかもテキパキと。
さすが大阪。商人の町は違う。
東京だったら2人はいるだろうな、と思いながら順番を待つ。

十三みたらし箱中身

そして買った5本入りのみたらし団子がこれ。
普通の丸い団子じゃなく、ねぎを切ったような見た目。
でもたっぷりなタレが絡んでいておいしそう。

十三みたらし1本

帰って深夜に1本食す。
実はみたらし団子は、近所での買い物ついでに
和菓子屋でよく買うお菓子。
このみたらし団子は、近所の和菓子屋のとはちょっと違った。
まず焼き方がとてもしっかり。
人によっては「これじゃあ焼き団子だよ」と思うくらい。
でもそれが、
タレの醤油具合と合う香ばしい焼き加減でいいと私は思う。
そして餅そのものもおいしい。
しっかりしつつも、柔らかい口当たりがうまし。
翌日には硬くなっていた。
混じりっけがないからだろう。
一応、賞味期限は本日中のため、
冷めた時の温め方が箱に書いてあったので、軽くチンして食べた。
チンして餅の柔らかさ復活。
たっぷりのタレを絡めて翌日も堪能。
いや〜、念願かなって買って食べれて本当に満足。

十三酒饅頭

一緒に2番人気だという酒饅頭も購入。
こちらもアツアツを買うことができる。
親が酒饅頭が好きなので、子供の頃から食べる機会がよくあった。
でもこんな上品な見た目の酒饅頭は初めて。

十三酒まんじゅう断面

ころんとした見た目の中には、おいしそうなあんこが。
実家でよく買う地元の酒饅頭とは全然違う。
実家でよく買うのは、
おばあちゃんが親戚が集まった時に作ってくれるような
ちょっと不格好な感じもありつつの、素朴な酒饅頭。
でもこれは見た目同様、とっても上品。
皮もあんこも。
特に皮のふわふわ感がおいしかった。
みたらしとの甲乙つけにくいくらいナイス。
今度は3番人気のきんつばを持ち帰り用に買って、
その場で温かい酒饅頭を食べてみよう。
そのためには、早くガラアフェアーに頑張ってもらわないと。
まずは1つ勝ってその後、
阪神の特別レースに出走するぐらいになってもらわないと
行くチャンスがない。

喜八洲総本舗
電話:06-6301-0001
住所:大阪府大阪市淀川区十三本町1-4-2
営業:7:30ー22:30
定休日:年中無休

今日の川柳〜
売店も その場で提供 熱々で
| スイーツ | 15:39 | - | - |
ホワイトチョコフォンデュ仕立てバウムクーヘン@サンクス
久々にサンクスでシェリエドルチェを買ってみた。
今回は『ホワイトチョコフォンデュ仕立てバウムクーヘン』を。

サンクスホワイトバーム

どこのコンビニもロールケーキがすっかり定番だけど
サンクスはそれがバームクーヘンというのがちょっと違うところ。
でもそのバームクーヘンは、何気においしくて
以前買った『クリーミーバウムロール』も良かった。
今回は、そのバームクーヘンを
ホワイトチョコでコーティングされている
クリスマスを意識したんじゃないかな、と思うバームクーヘン。

サンクスホワイトバーム断面

見た目しっとり目のバームクーヘンに見える。
実はあまりホワイトチョコに興味がないので、
それ程期待はしていなかった。
でもこれがホワイトチョコがおいしく、買って正解。
たまにある、ホワイトチョコならではの
くどさというかベタっとした感じがない。
しっとりとしたバームクーヘンとのバランスがいい。
だから、しっかりと
全体にホワイトチョコがコーティングされているのに
くどくなく食べやすく飽きない。
これは予想外のおいしさで満足。
ちょっと濃い目に入れたコーヒーとがナイス組み合わせ。
また買ってみようっと。

今日の川柳〜
コンビニの スイーツいろいろ 高レベル
| スイーツ | 11:47 | - | - |
ノワ・ドゥ・ブール@伊勢丹新宿店
ちまたで「おいしい〜」と、
フィナンシェが話題のお店『ノワ・ドゥ・ブール』。

ノワの店先

新宿の伊勢丹地下にある。
ガラス張りの工房があるところが、
焼き立てを買える!という感じがして、更に購買意欲を増長させる。
実は前回、フィナンシェを買おうと思いお店へ行ったら
マドレーヌの試食をやっていていただいてしまったため、
なんとかくそちらを買う流れになってしまった。
今回は無事にフィナンシェをゲット。

ノワの箱

箱がかわいかったので、自分用なのにも関わらず箱入りを買う。
これは5個入り、箱込みで1,365円。
フィナンシェは1個から買えて210円。
この箱は食べ終わったら、使う用途も決めてある。
そんなかわいい箱の中は、

ノワの箱中身

フィナンシェが5個入っている。
このペーパーもかわいく、見た目的にもいい感じ。

ノワのフィナンシェ

買った日だったので、そのままダイレクトに食べる。
う、うまい!
噂を信じて買ってよかった。
味覚は主観なので、
誰かがおいしいと言っていてもそうでないことは多々ある。
でもこれはそうじゃなかった。
バターがたっぷりで濃厚なのがフィナンシェだけど
このバターがとってもおいしい。
どうも北海道産の発酵バターを使用しているとのこと。
このバターにスペイン産マルコナ種のアーモンドプードルと、
きび砂糖を合わせて焼き上げたらしい。
表面がカリっと焼かれていて、
食べると濃厚なバターをジュワ〜っと味わうという感じ。
中に入っていた紙によると、2日目、3日目は
オーブントスターで軽くトーストすると
焼き立てのような香ばしさが戻りますとのこと。
その通りに翌日やってみる。
もちろん焼き具合にもよるだろうけど、
カリっと感を翌日も楽しめていい感じ。
いや〜、とってもおいしいかった。
フィナンシェって、
大体どこのお店でも200円ぐらいする焼き菓子なので
だったら、ここで買うのが1番!
と思うくらいのおいしさだった。

ノワ・ドゥ・ブール 新宿伊勢丹店
電話:03-3352-1111
住所:東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿本店 B1F
営業:10:00ー20:00

今日の川柳〜
カリジュワと 濃厚バター 広がって
| スイーツ | 16:30 | - | - |
エーグルドゥース@目白
以前から気になっていたお店。
目白にある『エーグルドゥース』。
車で何度も前を通ったことはあるけど、
やっぱり車だとどこにあるのかわからない。
先日、目を凝らして探してみたらやっとわかった。
目白駅から山手通りへ向かい右側を10分弱歩くと、

エーグル

こんな感じの、
ちょっとアンティークショップのようなお店が見えてくる。

エーグルのディスプレイ

今はクリスマス向けのディスプレイになっていた。
ここだけ、ちょっとヨーロッパのような雰囲気。
ドアを開けると、左手にちょっとしたカフェスペースがある。
でもほとんどの人はお持ち帰りだと見受けられる。
さすが有名店らしく、
平日だというのに結構人がいて賑わっている。
ケースの中のケーキを見ると、どれもこれもキラキラした
ものすごくかわいくキレイなケーキばかり。
これにはテンションが上がる。
お店の外観とケーキが本当にピッタリというラインナップ。

エーグルのシャンテ

ここは初めてだし、やっぱり1番好きなイチゴショートを買うことに。
こちらでは「シャンティ・フレーズ」という名前のケーキで
たしか420円だったような。

エーグルのシャンテ横

この横からの見た目もキレイだし、ものすごくおいしそう。
実際に食べても、もちろんおいしかった。
1番上のスポンジには、
ストロベリーのシロップがちょっと含まれていたりという
演出が隠されているし。
生クリームもちょうどいい甘さで大満足。
これだけイチゴ満載で420円は素晴らしい。

エーグルのサバラン

そして異色なところでサバランを買ってみた。
サバランなんちゃらという名前だったけど、忘れてしまった。
お値段も480円だったような・・・。
お店の方から
「お酒が入っていますが、大丈夫ですか?」と聞かれた。
それはサバランだからね・・・と思いながら返事をしたけど
これが食べてみると、お酒が入っているなんていうレベルじゃない。
ものすごく酒、酒、酒。
ベースはバケットでそれがひたひた状態なのだけど
これはさすがにお酒が弱い人はやめた方がいいくらい。
でもサバラン食べるなら、これぐらい浸ってて欲しいので私は◎。
そして「すごいな〜」と思ったのは、
上の生クリームが「シャンティ・フレーズ」とはまた違う。
あまり甘くなく、さっぱり。
お酒ひたひたサバランは、
あまりに本格的で、昭和に食べたあのサバランとは全くの別物。

エーグルのアップル

せっかくなので、焼き菓子も買ってみることに。
何日か前に、テレビの料理番組でタルトタタンを観たため、
リンゴのお菓子が食べたい気分だった。
なので買ってみたのがこれなのだけど、
タルト生地よりもう少し柔らかい生地の上に、
タルトタタンのリンゴを
もっとじっくりじわじわ煮込んだような物が乗っている。
小さいながらも、なかなか食べごたえがある。

エーグルのダークチェリー

そして何種類かあったタルトの中からダークチェリーをチョイス。
ダークチェリーってタルトにしてもデニッシュにしても
このクタっとした感じがなんとも言えずおいしくって、とても好き。
ちょっとしたコーヒータイムに、
という感じの小さいながらもしっかりしたタルトだった。
行く前にリサーチしたネット情報からも、
ちょっとお高めとは思っていたけど
500円前後とまさに目白マダム価格だった。
おいしいけど、やっぱり高い。
庶民には普段使いというより、
差し入れとか手土産にいいなという感じ。
このキラキラしたケーキ達は、
受け取った人が箱を開けた時に笑顔になること間違いなし。

エーグルドゥース
電話:03-5988-0330
住所:東京都新宿区下落合3-22-13
営業:10:00ー19:00
定休日:水曜日

今日の川柳〜
食べ物が キラキラしている プロの技
| スイーツ | 10:51 | - | - |
コナノコスコーン@新宿三越
歩き疲れたので休憩〜。
と思い、新宿三越の地下B2フロアにある
『コナノコスコーン』というかわいいスコーン専門へ。
以前はドーナッツプラントがあった所にできたお店。

コナスコーンセット

売り場の裏手の方にちょっと座って食べれるスペースがあるので
そちらでコーヒーと一緒にいただいてみることに。

バニラスコーン

やっぱりここは初めてなので、
ベーシックなバニラビーンズのスコーンと、

抹茶スコーン

抹茶大納言のスコーン。
これ、両方ともとってもちっちゃいスコーン。
ちょうど手乗りサイズ。
お値段は、大体1個150円ぐらい。

バニラスコーン断面

まずは基本、バニラビーンズのスコーンを。
これだけが唯一、お店のロゴの焼き印がついているスコーン。
「やっぱりまずはこれ食べてね」ってことなのかもしれない。
粉とバターを味わうシンプルなスコーンは、
粉のおいしさを感じスコーン。
出来れば軽く温めてくれたら、もっとおいしかったかなと思う。

抹茶スコーン断面

そしてもう1つの抹茶大納言のスコーン。
思いの外、大納言がいっぱいでびっくり。
しかも抹茶色も濃く。
でも全体的には、そう甘くなくコーヒーとの相性がナイス。
ちょっとしたコーヒータイムにも合うスコーンで
この日の気分にはこちらがぴったりだった。
実は何気にスコーン好き。
小腹が空いた午後に、コーヒーのお供にするのが気分。
でもカフェなどには行かない人なので、
なかなか外でコーヒー飲みながらスコーンを食べることがない。
でもこういう女子っぽいお店で食べるのも
「たまにはいいもんだな」と思った。
それは、

コナのロゴ

ペーパーナプキンにも入っているこのお店のロゴ。

コナカップの底

コーヒー飲み終わると、カップの底に登場。
おっさん度が高い私でも、こういうのはとても好き。
自分がデザイナーとして携わる場合でも、
こういうちょっとしたことをやりたい方なので。
デザインって、
別に世の中にあっても無くてもいいものなのかもしれない。
でも身近に存在している物に、
ちょっと魅かれるデザインがあるというのは
やっぱり心が豊になったり、明るくなるものだと思う。
スコーンが好きで、ちょっと休憩と思って立ち寄ったお店だけど、
このコーヒーカップが予期せぬ温かさをくれた感じだった。

コナノコスコーン 新宿三越アルコット
電話:03-3352-6175
住所:東京都新宿区新宿3-29-1 新宿三越 アルコットB2F
営業:11:00ー21:00

今日の川柳〜
かわいさと 甘さで癒す 午後時間

| スイーツ | 15:58 | - | - |
パティシエ シマ@麹町
連日甘い物シリーズ。
ちょっと禁酒中につき、
しばらく甘いかガッツリネタが続くと思われる。
用があり麹町へ行ったので、
以前1度買ったことの『パティシエ シマ』へ。
ここ、とっても有名なお店なのだけど
こじんまりしてて、でもクラッシックな雰囲気だけど
なんだか温かい感じがするお店。
お店の方がとても感じがいいからなのかもしれない。
こちらのお店で1番有名なのは
“クレームアンジュ”という名のチーズケーキ。

シマチーズケーキ

ココットの中にガーゼでくるんだチーズケーキが入っている。

シマチーズケーキ開ける

ガーゼを開けるとこんな感じ。
ものすごいスペシャル感がある。
ガーゼに包まれているというのが、チーズっぽさが更に強調されて
期待感が高まる効果もあるように思える。

シマチーズケーキ断面

見た目通りやわやわなので、
スープンで一口すくってみる。
真ん中には、ラズベリーソースに浸したスポンジが入っている。
これ、ものすごいひたひたなので
スポンジ感はあるものの、ラズベリーソース。
でもただのソースじゃなくて、スポンジにひたひたなのが
絶妙でこの仕掛けが素晴らしい!と思う。

シマチーズケーキ一口

そして周りのチーズケーキ部分は、
見た目通りふわふわで、ものすごく口どけがいい。
甘すぎず、チーズが重すぎることもなく
おいしくて、おいしくって、あっという間に完食。
実は何気に、ラズベリーソースで
「おいしい!絶品!」と思うことってなかった。
個人的にちょっと酸っぱさが立ちすぎているな、と思うことが多く。
でもこれはそのバランスが絶妙で、私好みで絶品。
う〜ん、もっといくつか買ってくればよかった。。。
ちゃんとしたシーンへのお土産にもピッタリだと思う。

パティシエ シマ
電話:03-3239-1031
住所:東京都千代田区麹町3-12-4 麹町KYビル1階
営業:[月〜金] 10:00ー19:00
   [土]   10:00ー17:00
定休日:日曜・祝日

今日の川柳〜
雪みたく ふわっとなくなる 幸せ感
| スイーツ | 12:04 | - | - |
お茶の井ヶ田 喜久水庵『マルタージュ抹茶味』
昨日に引き続き、先月仙台で買ったお土産の1つ。

杜のバーム箱

お茶の井ヶ田 喜久水庵が販売しているお菓子で

杜のバーム

抹茶味のバームクーヘン。
こちらの『喜久福』というずんだや抹茶、ほうじ茶と種類のある
大福は有名で、池袋にある宮城物産館でも売っているので
何度も食べたことがある。
でもバームクーヘンは初めて。
実はこれ、友人へのお土産で買ったのだけど、
渡しそびれて、賞味期限が過ぎている可能性があったため、
自分で責任持って消費したという流れ。

杜のバーム断面

でも1度食べてみたかったので、ワクワク状態で食べてみる。
ものすごく軽くて、ふわっとしている。
このふわっと感は、一気に1人で丸々1個食せるぐらい。
よくやってみる、バームクーヘンをレンジで20秒程チンもしてみる。
更にふわふわ感が増す。
こういう口あたりだと、夏には食べる機会が少なくなる人でも
バームクーヘンが食べやすいんじゃないかな、と思う。
もちろん冷やして食べるにもいい感じだった。
ただ個人的には、もうちょっとお茶の香りと味が
しっかりしている方が好みだった。
せっかくお茶屋さんから発売しているお菓子なのだから、
そのあたりの濃さを期待していたため、
ちょっと残念さが残る感じだった。

お茶の井ヶ田 喜久水庵 一番町本店
電話:022-261-1351
住所:仙台市青葉区一番町三丁目8-11
営業:10:00ー19:30 (ラストオーダー 19:00)

今日の川柳〜
ふわふわの 軽さがやさしい 口あたり
| スイーツ | 13:22 | - | - |
マールブランシュ『茶の菓』
少し前のこと。
友人から京都土産をもらった。

茶の菓

マールブランシュの『茶の菓』。
これ、最初もらった時気がつかなかったけど、
中身を見てびっくり。
「これは!!!」

茶の菓中身

以前、マールブランシュという京都にある
和と洋を融合したらしいお店のオンラインショップで
ずっと買おうか買わないか迷ってたお菓子。
まさかこのお菓子を、友人からお土産でもらえることになるとは。
ものすごくうれしい。大感激!
なので、1日1枚と決めて大事にいただくことに。

茶の菓断面

HPによると、京の匠三人による技の共演らしい。
お濃い茶のラングドシャでホワイトチョコレートを挟んだお菓子。
ラングドシャそのものは、軽い焼き菓子だけど
板状のホワイトチョコが固いので、
その食感の違いが一緒になるところもいい感じ。
私はこのお濃い茶のラングドシャがとても気に入った。
この手のお菓子にしてはちょっとお高めだと思う。
でも見たままの上品な感じのおいしさで、とっても満足。
即友人へありがとうメールを送った。
これ、女子へのお土産にすると相当ポイントアップだと思う。
お土産というレベルじゃない。
パッケージもいいし、おいしいし。
それにしても、おいしかったな〜。

マールブランシュ北山本店
電話:075-722-3399
住所:京都府京都市北区北山通植物園前
営業:ショップ 9:00ー21:00
   サロン  10:00ー20:30
定休日:無休

今日の川柳〜

チョコにお茶 おいしさ合わさり 無茶うまい
| スイーツ | 16:37 | - | - |
レ・シュー@西鎌倉
子供の頃からプリン好き。
給食でヨーグルトが出るとうれしくないけど、
プリンが出るとものすごくうれしかった。
以前、馬仲間に鎌倉在住の女性がいて、
プリン好きな話しをしたことがある。
そうしたら、その人の家の近くに
ものすごくおいしいプリンのお店があって
しかも世の中的には有名店だという話しだった。
基本面倒くさがり屋なので、
わざわざ鎌倉まで行こうと思うことがあまりなく
これまでの人生、
たぶん両手で十分に足りるくらいしか行ったことない場所。
しかも車でしか行ったことがない。
でもそんな魅惑的なプリンがあると聞いたら、やっぱり気になる。
そして初めて行ったのが、もうかれこれ10年程前。
その頃は、まだ今の店舗から歩いて2〜3分の
住宅街にひっそりと存在していた。
しかし小さいながらもものすごく賑わっていて、
到着した夕方にはずいぶんと売り切れていて
噂のプリンはギリギリ買えたという状況だった。
それがこのにしかまプリン。

にしかまプリン

今回、ちょっとお土産でもらったので

にしかまセット

他には店名にもなっているレ・シューとメープルプリンもある。
ありがたや〜。
まずは久々となるにしかまプリンを食す。

にしかまプリン上部

こんな感じで上には生クリームがのっている。

にしかまプリン一口

濃厚でトロっとしたプリンと生クリームを一緒にすくって、
一口パクリ。
お〜〜〜!!!やっぱりうまい〜〜〜!!!
卵の具合がちょうどよく、しかも濃厚な味わいで
それが口いっぱいに広がって幸せ度120%。

メープルプリン

そして初めて食べるメープルプリンも食べる。
瓶が深いので、添付の細長いスプーンですくって、

メープルプリン一口

パクリと。
こちらはメープルの味の分、
卵の濃厚さが抑えられたバランスになっている。
にしかまプリンよりも、牛乳の濃厚さがおいしいプリン。
しかもメープル味が全面に出過ぎていないため、
レ・シューのプリンらしさを感じられてナイス。

メープルプリン断面

こんな感じで二層になっていて、下がメープルプリン。
でも上部は、にしかまプリンの生クリームとは違う。
全体的ににしかまプリンよりもトロトロ、
小学生だったらストローで飲んでみたくなる感じ。
にしかまプリン、メープルプリン、共に甲乙つけにくし。
今の店舗になってから何度か行ったことあるけど、
広くなったとは言え、毎度毎度混んでいた。
でも今回はあまりにも人がいなくて、
どうしたのかと思ったという話しを聞いた。
理由はわからないけど、
久々に食べたにしかまプリンも変わらずおいしく、
新たにメープルプリンという
おいしいプリンも知ることができて大満足。

レ・シュー
電話:0467-31-5288
住所:神奈川県鎌倉市西鎌倉1-1-10
営業:9:00ー19:00
定休日:第3水曜日

今日の川柳 〜
久々も 変わらぬ味で 幸せに
| スイーツ | 14:22 | - | - |
<< | 2/10PAGES | >>

Ferretアクセス解析