CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
CATEGORIES
                
ARCHIVES
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ
<< 2014年ソチ冬季オリンピック | main | 第31回 フェブラリーステークス >>
ダイヤモンドメダル
もちろん昨夜も、朝まで生テレビでアイススケートを観戦。
浅田選手のフリー演技では、
ジャンプが成功するたびに拍手。
声も出た。
力入り過ぎて、
頭の血管が切れたんじゃないかと思うくらい白熱。
終わった時は、涙が出てきた。
今朝のテレビを観たら、ほとんどの人達も同様だったみたい。
あれだけ心に傷を負ったことへの
整理つけることは普通難しい中、自分が目指してきたこと、
どうしてもやりたいことを貫き、それを実行して形にしたこと。
これを観て感動しない人なんていないだろう。
人間は自分が信じたことをあきらめずに、
やるべき時が人生には何度かあると思う。
浅田選手には到底及ばないし、比較にならないけど、
私にだってそういう時はあったし、今でもある。
途中であきらめそうになることもあるけど、
なんでもあきらめたら終わり。
そういうことを次の世代が感じ、また次へと伝えていくこと。
それが大人たるべき者。
どこかの元首相のように、
大事な時に失敗するなんて言う人間はノーサンキュー。
期待されたことのない人には、重圧がわからないのだろう。
これからのオリンピックを目指している子供達が、
きっとまた次を目指してくれる。
こんな感動を与えてくれた素晴らしい浅田選手は、
ダイヤモンドメダル。

ダイヤモンド

金とは違うキラキラした輝きも、真央ちゃんにぴったり。
本当にありがとう!そしてお疲れさま!
そしてこれで引退する鈴木選手が演技後に
「生きているなと思った」と語った。
そう、生きていれば悪いこともあるけど、
いいこともたくさんある。
そしていろいろ感じることが出来るのも生きているから。
鈴木選手もお疲れさまでした。
寝不足になっても、昨夜はリアルタイムで観て本当に良かった。
昼間も何度も何度も同じシーンをテレビで観て、またウルウル。
| 日記 | 18:01 | - | - |

Ferretアクセス解析