CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
CATEGORIES
                
ARCHIVES
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ
<< メンヒェングラードバッハ@大丸梅田店 | main | ダイヤモンドメダル >>
2014年ソチ冬季オリンピック
2月7日〜2月23日までの17日間開催される
ソチでの冬季オリンピック。
ワールドカップもそうだけど、世界レベルの戦いは面白い。
ついつい途中で寝よう、
ということにならず朝までテレビ観戦してしまう。
少しでも気分盛り上げようと、開催前にはこんな物を買ってみた。

UFOホワイト

別にこういう物買わなくても、十分盛り上がるんだけど季節モンってことで。
子供の頃から、アイススケート大好き。
羽生君では盛り上がった。
それとジャンプも。もちろん葛西さんで泣いた。
今はもうないけど、
芦ケ久保にあるスケートリンクによく連れて行ってもらった。
ビールマンの真似までは出来なかったけど、
ジャンプ飛んでいるフォームを3人セットで真似してみたりした小学生。
世代的にスノボーではなくスキーなので、
正直最初は興味なかったスノーボードハーフパイプ。
そして昨日のスノーボードパラレルもそうだけど、観始めると面白い。
そして昨夜は多くの日本人同様、
女子アイススケートを観て落胆というより心配に。
私が現地にいる訳でも、面識がある訳でもないのに、
どうやってむかえたらいいのだろう、と思った。
今日はフリー。
どの選手もいろいろな期待を背負ってるのだろうけど、
自分のために頑張って欲しい。ただそれだけ。
そんな選手達を彩るウエアーやユニフォーム。
開会式好きとしては、そのあたりが1番気になった。
翌日のニッカンスポーツでドン小西さんが批評していた。
別にドンさん好きとかではないけど、ほぼ同意見。
アメリカのラルフローレンデザインのニットジャケットが
ダントツ良かった。
それに質実剛健というイメージのドイツが、
カラフルなジャケットだったのも意表を突かれた。
楽しそうに入場してくる選手達が、より楽しそうに見えた。
やっぱり色やデザインは大事。
フィンランドのマフラーもかわいかったし。
それにしても日本は残念。
世界のコレクションの1つである
東京コレクションがあるくらいなんだから、
もうちょっとどうにかして欲しい。
ドン小西さんが
「東京オリンピックでは俺にやらせてくれ」と書いてあった。
表彰台に立つと、その残念さが際立つ。
別にユニフォームなんか、と思う人もいるだろうけど、
せっかくの努力が実ってオリンピックに出られる選手にとっては、
それも1つの思い出になると思う。
そういうのを決めるのも、いろいろ利権が絡んでいるのだろうな。
東京で開催される時は、
若いデザイナーにデザインしてもらって、
他の国の人達からも「日本の素敵ね」と言ってもらいたい。
よく企業や学校の制服デザインする大御所でなく、
今のデザイナーで。
もう後、残すところ4日間。
そして今夜もテレビに釘付け。
浅田選手だけじゃなく、
グルジアのエレーネ・ゲデバニシビリ選手も個人的に応援。
オリンピックは平和の祭典だから。
 
| 日記 | 21:30 | - | - |

Ferretアクセス解析