CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
CATEGORIES
                
ARCHIVES
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ
<< 第73回 菊花賞 | main | ラシーヌ ブーランジェリ&ビストロ@池袋 >>
第146回 天皇賞(秋)
ものすごく久しぶりの東京競馬場。
秋競馬始まってから初参戦。

2012年天皇賞曇り競馬場

だというのに、曇り空で残念。
しかも寒いし・・・。

2012年天覧競馬

今年は近代競馬150周年ということで、7年ぶりの天覧競馬。

ちゃぐちゃぐと野馬追い

更には、相馬野馬追と盛岡のチャグチャグ馬コの方達も登場。

ちゃぐちゃぐ馬っ子

チャグチャグ馬コ、近くで1度見たかったので遠くて残念。
重いだろうけど、このたくさんのおめかし具合が
テレビで初めて観た時「かわいいな〜」と思ったもので。

2012年天皇賞ビール

馬券も買い終わったので、寒いけどビールを飲む。
野馬追&チャグチャグ馬コを見ていたら、
体感は寒いけどほっとなごむ温かさを感じる。
で、今回の馬券はというと、

2012年天皇賞新聞

毎度の前夜、グリーンチャンネルの調教VTRを観てまずは検討。
ダントツ良く見えたのはフェノーメノ。
まあ黒い馬体と、
私好みの走るフォームがそう見えさせるところもある。
しかも絶好調っていうぐらい良く見えた。
そしてダークシャドウとジャスタウェイ。
ダークシャドウは調教駆けするタイプだけど、
歳も歳なだけにちょっと微妙感あり。
パドック始まるも、このレースに出てくるような馬は
あからさまに残念!なんていうのはいない。
だから3歳馬3頭の他はなににするか悩むところ。
前回の天覧競馬の時勝ったのは、当時騎手会長だった松永幹Jだった。
今は、武Jが騎手会長だから・・・という情報や、
前日の中央道での事故に巻き込まれた馬は、この馬以外だとか、
いろいろ各種情報が飛び交い、
どれもこれも気になる状態になってしまった。
結果、

1   ナカヤマナイト
4   フェノーメノ
11 ジャスタウェイ
13 ダークシャドウ
16 カレンブラックヒル

以上の5頭を3連複BOXで買うことに決めた。
本命にしなくとも、
なんだかんだ言いつつずっと買い続けてきたエイシンフラッシュは
今回からもう買わないことに。
この馬、いつも調教は良く見せる。
だからついつい「今度こそは!」と思いたくなる。
でもずっと裏切り続けられた。
同じようなことを、
前夜GCの競馬コンシェルジュで古谷さんも言っていた。
みんな思うところは一緒なんだな・・・と思ったりして。
3歳馬3頭以外は、
府中得意さんと、渋滞と関係なかった関東さんという5頭で。
シルポートが予定通り逃げる。
見るからに速い!と思ったら、1,000m通過が57.2秒ぐらいだった。
でも昨今のスローな競馬なんか観ててもつまらないので、
こっちの方がわくわくして楽しい。
そして4コーナー周り直線に入るも、
なんだか買っている人達が来ている気配がない。

2012年天皇賞シルポート逃げ

200mの時点でも、まだシルポート先頭。
でもここからが府中。長い。

2012年天皇賞エイシン抜け

と思ったら、
あらあら内からするするとエイシンフラッシュが来るではありませんか。
ノー!!!!!
そして種牡馬かと思う程の馬体だったルーラーシップが、まさかの3着。
私、お呼びじゃありませんでした。。。
しばし放心状態。
そしてレースが再生されたので、改めてよく観る。
エイシンフラッシュは、ロスない1番最内を通ってきた。
本当にすっきりとあいていた。
今週からBコースに変わった。
そうは言いつつも、たしかに見た通り内の方が荒れている。
でも府中の場合、実際は見た程でもない。
なぜに先頭いったシルポートは、この分空けていたんだろう。
それを見逃さないデムーロJはすごい。
もちろんエイシンフラッシュはいい馬だとずっと思っているけど、
今回は運も味方につけたデムーロJの好騎乗だったと思う。
でも個人的には、久々の勝利は内田Jで勝って欲しかった。
内田Jが怪我で戦列離れている時も、
エイシンフラッシュは勝てなかった。
人間の勝手な想像だけど、
復帰を待ってるのかなと思ったり、
きっと次勝つのは、慣れた相方が乗った時なのかな、
と思ったりして。
内田Jはこの前の10Rで年間100勝を達成した。
その後に、前走まで手綱をとりつづけていた愛馬が
テン乗りのジョキーで勝つのって・・・なと思って。
ちょっとだけ寂しい気持ちがしたけど、
勝負の世界なんだから仕方ないか。
そして勝ったエイシンフラッシュとデムーロJが引き上げてくる。
馬場でデムーロJが帽子をとり、ひざまずき一礼。
たぶん競馬場にいるほとんどの人が
「デムーロカッコイイ!」と思ったんじゃないだろうか。
これで馬券もとれていたら、更に気持ちが高揚したのだけど。
更にエイシンフラッシュにやられたのが、傷を深くする。

今日の川柳〜
がく然と やられた相手 追っていた

| 競馬 | 22:33 | - | - |

Ferretアクセス解析