CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
CATEGORIES
                
ARCHIVES
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ
<< 上棟軸組見学会 | main | 山家本店@渋谷 >>
The Collectors "クアトロ天国〜CLUB QUATTRO MONTHLY LIVE 10th ANNIVERSARY〜"
毎年この時期恒例、
The Collectorsのクアトロマンスリー
今年は4月に行ったきりで、5回のうち2回しか行かなかった。
まあ、こんなゆるいファンがいても
よしとしてもらおうということで。
自分の今までの経験上、
熱心に集中的に行きすぎると、
飽きるのも早いというか飽きてしまうものだと思う。
ただの自分正当化だとは思うけど、
ゆるいぐらいの方がちょうどいいということで。
今回加藤さんは、最初ユニオンジャックのスーツでの登場。
3曲ぐらいやった後の最初のMCで、
オリンピックの時期だからこのスーツにしたとのこと。
でもオリンピックってもう終わったんだね、と。
それに対してコータローさんから、
むしろオリンピックやっててそれはカッコ悪いと言われていた。
ライブだからと、カッコつけたMCとかじゃなく、
Podcast同様いつも通りの会話。
最近年齢もあって、ライブでやった曲の順番が
終わってしまうと思い出せない。
(歳だね〜)
友人に聞いても同様なので、確認できない・・・。
とりあえず、このMCの後の曲から
一気に私の中での盛り上がりが始まった。
今回、いわゆるライブで盛り上がる曲の時には
ものすごい盛り上がりがある一方、
そうでない曲の時には、和むような雰囲気を感じた。
そのメリハリ具合が心地よくて楽しい。
いつもセットリストを、いろいろ考えてやってるということは
コータローさんのブログでも、Podcastでも言ってる。
クアトロのマンスリーに関しても、5回毎回セットリストが違う。
ライブはナマモノだから、
同じ曲でも観る方もやる方も全てが同じなんてことはない。
当然雰囲気も違う。
マンスリーとか関係なく、この日のライブで感じたものは
今までとちょっと違った感じ。
うまく言えないけど、
長く続けてきたアーティストならではのなにかを感じた。
偉そうな言い方だけど、
こうやってアーティストもファンも成長しているのかな、と
思ったりもした。



この曲も後半での盛り上がりにかかせない1曲。
 


今年のマンスリー最後だからだろうけど、ガムも相当飛んでいた。
後ろから飛んできたガムが当たって痛かったぐらいだし。
まだまだこの楽しい時間が続いて欲しいけど、
17時から始まったライブは19時過ぎに終了。
出口のところでクアトロからの大入り袋が配られた。

コレクターズ大入り袋

コレクターズだけじゃなく、他のアーティストの時でも
私がクアトロへ来てこんなのもらったのは初めて。
10周年目のマンスリー最終月ということもあって、
早々にチケットは売り切れたのはもちろんなのだけど、
長年のアーティストとライブハウスとの信頼関係みたいなのを感じ
ちょっとうれしいお土産だった。
| 音楽 | 12:43 | - | - |

Ferretアクセス解析