CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
CATEGORIES
                
ARCHIVES
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ
<< 第53回 宝塚記念 | main | シークレットガーデン >>
Theピーズ『25周年野音』@日比谷野外大音楽堂
あっという間の1週間。
先週の土曜日は、野音でのピーズのライブへ。

屋音前のポスター

野音の入り口には、こんなポスターが。
ちょうどこのポスター前で一緒のメンツと合流となる。
今回は、
私がジャケットを担当させてもらっていた当時の事務所の社長様、
マネージャー様、その奥様という4人で野音へ乗り込む。
今回の席はど真ん中で、私達の前の列は
諸事情により座って観ていた人達。
明るい時間から始まる野音のライブでは、
あきらかにステージから見えたと思われる。
でも4人でビール飲んで盛り上がって終始楽しむ。
野音でのライブは、誰の時もそうだけど明るいうちから始まる。
照明もついていないので、素という感じがするし
ものすごくラフな雰囲気。
逆に言えば、最初っから
ライブ始まりました盛り上がる!という感じじゃない。
少しずつ暗くなってきて、照明もついて、ライブも進んで。



今回“とどめをハデにくれ”は、そんなまだ明るい時間の前半に。
明るくてもビール飲んで盛り上がる。
そして徐々に陽も暮れていい感じになって、照明もついて。
ピーズは特にステージセットに凝ったりはしないので、
普通の照明と、今回はスペシャルな25のライトがドラムの後ろにあるだけ。
でもそれがピーズらしく変わらずでいい感じ。
本編盛り上がって、アンコール2回も盛り上がってライブ終了。
肉のうたやカラーゲをやらなかったのは残念だったけど、
それ言い出したらきりがないので。
だってピーズは本当にちゃんとロックだから。
いい曲たくさんあるから。
ちょっと一息ついてからみんなで楽屋へ挨拶。

25周年のお花

最初に登場した時に、
ステージでみんなに見せてくれた25周年のお花が置いてあった。
ピーズ25周年の歴史の中、私はちょっとしか携わってないけど、
たくさんのファンやスタッフの愛情に包まれているバンドだとしみじみ思う。
今までもいろいろあって、これからもいろいろあるだろうけど
本当のロックやってるバンドが少ない日本で、
いつまでもラフな感じでゴリっとした音を作って欲しいなと思った。

ピーズグッズ

いろいろグッズはこの日の思い出として大事にしまっておきます。
そしてYouTube観たり、CDを聴いたりしてたこの1週間。
そして私も、
ハル君のようにもう少し馬券当てないとなと反省もした1週間。
| 音楽 | 16:54 | - | - |

Ferretアクセス解析