CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
CATEGORIES
                
ARCHIVES
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ
<< そばかっけ | main | 第145回 天皇賞(春) >>
斎藤酒場@十条
以前から行ってみたかった、十条にある『斎藤酒場』へ行く。
十条の駅を降りたのって、高校受験の時以来だと思われる。
そんな恐ろしく前のことなので、駅周辺の記憶なんて全くない。
でも目的の『斎藤酒場』は、北改札から歩いて1分ぐらいなので
迷うことなく到着。

斎藤酒場

人気のお店なので、今回は早々と飲み体制に入り18時前に入店。
GW前の金曜日だけど、時間が早いので8割くらいの入り状態。
まずは生ビールを注文。
お通しは殻付きピーナッツ。
最初のおつまみは、

斎藤酒場のポテサラ

やっぱり居酒屋の定番、そして私が大好きなポテトサラダを。
ちょっと黄色っぽいポテトサラダ。
男性には、塩気が物足りないかもしれないけど
私にはちょうどいい具合でおいしい。

斎藤酒場のシメサバ

そしてこれもまた居酒屋で定番のシメサバを。
しっかり目の〆具合だし、身もしっかり目。
これは後に頼んだ、熱燗の方が合う感じだった。

斎藤酒場のセット

そしてカレーコロッケと串カツが1本ずつのセット。
これ、事前情報で入手したので注文してみた。
カレーコロッケも串カツも注文すると2本出てくるらしい。
でも両方食べたいけど、それだと多過ぎるという人のために
いつの間にか1本ずつの「セット」も定番になったらしい。
それにしてもカレーコロッケって、
意外と飲み屋で食べることがない。
そしてたまに食べてみても、おいしいのって意外とない。
こちらのは、
カレーと芋のバランスがよくて私はとても気に入ってしまった。
次回伺ったら、また食べたい。
生ビールの後に、
レモンサワーを飲みながらまぐろのブツを食べたのだけど、
話しに夢中で写真はなし。
だってモテ期の話しで盛り上がってしまったので。
これはこの前、野方の『焼酎場ぁ〜くんちゃん』での
8周年感謝祭
の時にもこの話しで盛り上がり、
私の中では旬というか、ちょっと続いている話題なもので。
それにしても、モテ期の解釈って人によっていろいろ。
奥が深く、つい盛り上がってしまうテーマだとしみじみ。

斎藤酒場の熱燗

レモンサワーの後は、やっと熱燗にチェンジ。
たぶんこちらのお店に1番ぴったり合うのは熱燗だと思う。
行ったことのある人なら、同感してくれるんじゃないかな。
そしてこれまた、この徳利とおちょこが、
この雰囲気にドンピシャなデザインなのが、更にナイス。
店内は、大きいテーブルがいくつかある相席。
結構飲んでから気づけば、隣の方達も熱燗を何本も頼んでいて
その徳利が何本かテーブルの上に転がっていた。
この感じも、ドラマのセットかと思わせるほど
お店のこの雰囲気にピッタリ。
あ〜、なんて素敵な居酒屋なんだろう。ここは。

斎藤酒場の煮込み

そして熱燗を飲みながら、更に注文したのは煮込み。
見た目よりも、あっさり目なので
サラサラと食べれてしまう感じ。
たぶんこのあたりで、時刻は21時過ぎていると思う。
店内は当然満席で、ものすごい盛り上がり。
だからお店の、ちょっと年上のお姉さん達は大忙し。
なので、熱燗のお替わりを何度も頼むのが悪いなと思い
どうせ飲むのだからと、二合でお願いした。
すると、徳利が2本登場。
こちらの徳利は一合の物のみだと発覚。
2本目は、ちょっとぬるくなってしまうけど
まあそれも気にならないくらいの、
なんともいえない居心地感と、
飲みながらの楽しい会話が続く。
いつの間にか、隣の方達と会話もしたりで
気がつけば22時くらいになっていた。
住んでしまいたいくらいの素敵なお店を後にして、
池袋へ移動してもうちょっとだけ飲む。
面倒くさがりの私でも、
わざわざ十条まで何度も足を運びたいくらい
とっても素敵なお店だった『斎藤酒場』。

斎藤酒場
電話:03-3906-6424
住所:東京都北区上十条2-30-13
営業:16:00ー23:30
定休日:日曜日

今日の川柳〜
雰囲気と 共存している 温かさ 
| 飲み屋 | 18:20 | - | - |

Ferretアクセス解析