CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
CATEGORIES
                
ARCHIVES
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ
<< 第31回 ジャパンカップ | main | ラーメン 豚力@下井草 >>
八海山しぼりたて原酒「越後で候」(青越後)
久々に練馬にある大好き酒屋『松澤酒店』へ行った。
この時期、酒粕も買わないとだし、
新酒も・・・と目移りしてしまい店内はまさにパラダイス状態。
そんな中で見つけたのが、これ。

八海山青

八海山しぼりたて原酒『越後で候』。
少し前に『松澤酒店』から届いていたDMに載っていた
初めて聞く八海山のお酒。
これは青ラベルの青越後と呼ばれる物で、
もう少しというか、
今週あたりに赤ラベルの赤越後がお店に並ぶみたい。
年に1度の蔵出しのしぼりたて原酒。
実は今回DMを見るまで、
この青越後と赤越後という物を知らなかった。
どうも青は本醸造、赤は純米吟醸らしい。
私はお酒の銘柄にもよるけど、
高ければうまいと言う人とは違い、
本醸造の方がずっとおいしいと思うお酒もたくさんある人。
〆張鶴好きの友人もそういう人で、
まさに1番安い『月』という本醸造が
全ての日本酒の中で1番のお気に入りらしい。
今回はしっかり気分だったので、
この本醸造青越後を飲むのが楽しみ、楽しみ。

奴に牡蛎

お供には、牡蛎のキムチを奴にのせた物と、

鯛南蛮漬け

切り身に小麦粉をはたいて皮目をカリっと焼いた
鯛の南蛮漬けと共に。
そして一緒に飲んだ青越後はというと、
口にいれた瞬間はとてもフレッシュな感じ。
新酒らしい香りがいい。
そして本醸造らしい、
しっかりしたお酒です!という濃厚な味わい。
生原酒好きの人にはとってもおすすめ。
これは大勢でワイワイ鍋を囲んで飲むのにピッタリだなと思った。
今回の鯛の南蛮漬けは、
もしかしたら赤越後の方が吟醸だし合ったかも。
四号瓶で1,100円ぐらいで、このおいしさは
とってもリーズナブルでコストパフォーマンス高し。
期間限定だけど、3月ぐらいまで発売されているようなので、
見かけたら日本酒好きはぜひ!

松澤酒店
電話:03-3991-0107
住所:東京都練馬区練馬1丁目19-1

今日の川柳〜
おいしさに 日本の技を 感じつつ
| お酒 | 16:30 | - | - |

Ferretアクセス解析