CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
CATEGORIES
                
ARCHIVES
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ
<< ちゃりんこダイニング 雛家@中野 | main | 第28回 マイルチャンピオンシップ >>
イタリアンバル PICCOLO@新橋
私には全く縁のない街、新橋。
でも昨年新橋デビューして、
しかもここ3ヶ月で3回も出勤した。
前回は、飲んで移動して東京駅の階段から落下したため、
今回はヒールのない靴での出陣。
お店は『イタリアンバル PICCOLO』へ。
昨年、新橋デビューした時に知った魚金。
でも常に混んでいて行ったことがないので、
魚金グループデビューが、
今回の『イタリアンバル PICCOLO』ということになる。
お店の外観写真を撮り忘れたのだけど、
道路に面しては扉がなく、ビニールシートとなっている。
そのシートをめくったところにあるテーブルは立ち飲み。
そして中入ってカウンター正面も立ち飲み。
その左手のカウンターと、左側の壁際のテーブルには椅子がある。
今回は当日だったけど、
21時だったらテーブル席が空くとのことで、とってもラッキー。

ピッコロの赤ワイン

乾杯にと、グラスでスパークリングでも飲むかどうか悩んだけど、
いきなり赤ワインでスタートすることに。
実は予約の21時まで我慢が出来ず、近くの焼きとん屋で
ジョッキビールをすでに飲んだという状況でもあるため。
今回の赤ワインは、
「カルメネール レセルバ」という、チリのフルボディのワイン。
軽めで飲みやすいワインだったので、
いい気になって飲みすぎないように注意。

picopan

でもそう思うのもつかの間で、
なんとお通しでパンが出てきた。
もう、これだけでワイン飲めるから十分です!
と言いたいところだけど、そんなことはさすがに言えず。
でも実際、パンだけで十分ワインが飲める人。
このお通しのパンは、白パン、胚芽パン、カンパーニュの3種類。
白パンは、ほんのり甘味があって、
なんだかほんわりした気分になるおいしさ。

ピッコロのレバーパテ

この日は、赤ワインにレバーパテがとっても食べたい気分だった。
そうしたらパテ・ド・カンパーニュと
鶏レバーのパテの盛り合わせがメニューにあった。
いや〜、これがうまいのなんのって。
レバーパテが食べたかったのだけど、

パテ・ド・カンパーニュの濃厚でガッツリのおいしさが
「たまらん!」という状態に。
この時点で、相当テンションが上がる。

ピッコロのロースハムサラダ

そこへ、ルッコラのサラダと自家製ロースハムが乗ったお皿が登場。
以前、池尻大橋の『イブローニュ』でロースハムを食べてから
「おいしいハムって幸せ〜」とそのおいしさにすっかり魅了された。
なので、こちらのロースハムも楽しみ。
『イブローニュ』とはまた違った、ロースハム。
こちらの方がちょっと軽めで、肉らしさが残っている感じ。
ハム、作りて〜!

カチュッコ

そして海の幸のカチュッコなる物が登場。
これ、メニューに20分ぐらいかかると書いてあったので
真っ先に頼み、そしてパンをちゃんと残して待っていた。
タイ、アサリ、タコ、イカなどが入っている
ブイヤベースみたいな料理。
いや〜、これも激おいしい。
トマトスープに海の幸のおいしさがしっかり出ている。
タコもちょうどいい具合で火が通っているし。
今回、2人とも初めてだったため
料理のボリュームがわからずだった。
はっきり言って、普通の大人、
これだとちょっと食べ過ぎでした。
最後、ちょっと残してしまったことに悔いが残る。
次回はやっぱり3人以上で来て、
自家製サルシッチャや牛カツ、ゴルゴンゾーラのポテサラなど、
あれもこれも食べたい料理がたくさん!
コストパフォーマンスも良く、お店が流行ってるのが納得。
だって2種類盛られたパテは、あのボリュームで480円!
おいしくって安くって、大満足の夜。
恐るべし、魚金グループ。

イタリアンバル PICCOLO
電話:03-5473-0676
住所:東京都港区新橋3-18-2
営業:月〜土 17:00ー23:30(フードL.O.22:30)
   日・祝 16:30ー23:00(フードL.O.22:00)
定休日:年中無休

今日の川柳〜
欲求を 満たすおいしさ コスパよし
| フレンチ・イタリアン・パスタ | 12:09 | - | - |

Ferretアクセス解析