CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
CATEGORIES
                
ARCHIVES
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ
<< 仙台へ行きたい!でも行けず・・・ | main | パン作り >>
翠露 純米吟醸
仙台へ行けないので、
いろいろ考えた末『翠露』を飲むことに決定。

翠露

本当は、オクトーバーフェスへ行きたかったのだから
ドイツビールを飲むのが妥当な流れだと思う。
でもそれではあまりにも普通すぎてひねりがない。
仙台には晩翠通りというのがあるので、
その翠の字つながりで、
日本酒の『翠露』がちょうど家にあったので飲むことに。
翠露は、日本酒を買う時はほぼこの店で買うと言ってもいい
練馬の松澤酒店で買ったもの。
っていうか、ここでしか翠露を買ったことがないのだけど、
どうも翠露は主に生酒を主要商品としているので、
冷蔵管理等のゆきとどいたルートにしか卸さないという
蔵元の厳しい考えがあるらしい。
やっぱり松澤酒店は素晴らしいんだな〜。
そんな翠露には、山田錦、美山錦、雄町など
いろいろなお米で作ったお酒があるのだけど、
ついついいつも買うのは、
この
「雄町」中取り袋しずくの純米吟醸。
ブルーのボトルに、普通だったら裏側に記載されるであろう
このお酒の情報が表示されているラベルが
なんとも言えず好きだったりもする。
ソムリエの方のように、素敵な的確な表現ができないのだけど
このボトルの色がぴったりという感じのすっきりした味わい。
そして吟醸らしい香りとフルーティーさ加減がある。
加減というより、
人によっては「フルーツ香料がきっと入っている」とまで
言ってしまうくらいの甘さみたいなのも感じられる。
きっと外国の方や、あまり日本酒を飲まない女性なんかにも
素直に受け入れられるようなおいしさだと思う。
そういう点で言えば、
私が好きな日本酒の中では、ちょっと異色なタイプ。

レバー煮

今回はレバー煮と合わせて飲んだけど、
天ぷらに合わせて飲んだ方がよかったな、という感じ。
でも天ぷらは家では作らないので仕方がない。
なので、

ブルーチーズと日本酒

気を取り直してブルーチーズに
ブルーベリージャムをちょっと乗せた物を
つまみながら飲んでみた。
こちらの方がいい感じ。
ブルーチーズの塩気とすっきりな翠露とがバランスよく。
と、いい気になって飲んでいたら
いつの間にか落ちていた。。。
それにしても昨夜は、
せっかく仙台行きを断念して家飲みをしていたというのに
最近月1で放送している「今夜も生でさだまさし」を
仙台から放送していた。
結果、思い立ち切れず不完全燃焼となる。
せめて東京で一生懸命予想した
WIN5が当たりますように。。。

今日の川柳〜
口当たり 良くてついつい 飲みすぎる
| お酒 | 14:00 | - | - |

Ferretアクセス解析