CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
CATEGORIES
                
ARCHIVES
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ
<< 焼酎場ぁ〜くんちゃん@野方 | main | お茶の井ヶ田 喜久水庵『マルタージュ抹茶味』 >>
ひと夏の恋@新澤醸造店
先月仙台へ行った時、飲んで食べての他にも
お土産をいろいろ買ったりと
自分なりの範囲でお金を使って消費してきた。
そんな買った中の1つの日本酒。

ひと夏の恋ボトル

その名も『ひと夏の恋』。
夏期限定のお酒。
いいね〜。
すっきりとした爽やかなグリーンのボトルに、

ひと夏の恋裏ラベル

ピンクの箔押しのハートが、ガツガツでなく
ちょっとせつなくもあるひと夏の恋っていう感じで。
そんな味わいなのかな、とイメージさせてくれるようなラベル。
それを今回は、

お家イカ刺し

さっぱりイカ刺しと、

レバー生姜煮

鶏レバーの生姜煮、煮玉子入りと一緒に。

クリームチーズと日本酒

そうそう、クリームチーズにはつみつをトロッっとかけて
クラッカーにつけて、なんていうおつまみも用意してみた。
肝心のお酒のお味はというと、
夏のお酒らしく、キリっと辛口。
でも通年商品のような辛口とはまた違って、
爽やかな感じもあるすっきりした口当たりだった。
天ぷらなんかにも合うような感じがする。
これは宮城県産『ひとめぼれ』を55%まで磨き上げた純米吟醸。
純米とか、もっとしっかりした
The日本酒!という味わいが好きな人には
ちょっと違うかもしれない。
でも暑い時だからこそ、こういう味わいのお酒を飲むのも
楽しいんじゃないかなと思った。
このお酒の蔵元は大崎市にある新澤酒造。
有名な伯楽星の蔵元さん。
大崎市は、いくつかの市町村が合併していて、
父の郷里古川もその1つ。
なので、買った時にこのお酒を見せたところ、
実は三本木は古川の隣町で、
この蔵元の四代目だかが中学の同級生だったということを
少し前にNHKを観ていて知ったとのこと。
世の中は狭いもんだな、と改めて思う。
そう聞くと、今回父と一緒の仙台でこのお酒を買ったのも
流れあってのことなのかな、と勝手に思ったりしていた。

今日の川柳〜
飲み想う 爽やかだった? 夏の恋
| お酒 | 17:16 | - | - |

Ferretアクセス解析