CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
CATEGORIES
                
ARCHIVES
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ
<< 新富寿司@仙台 | main | こちらまる特漁業部 仙台駅AKビル店@仙台 >>
仙台での深夜番組
新富寿司はおいしく、気持ちもお腹も満たしてくれた。
東京にいたら、この後更に飲みに行く時間だけど、
ホテルまでの道のりがちょっと暗めなのもあり、
ここは大人しくホテルへ戻る。
で、部屋について一息ついて
夕方に一番町の『お茶の井ヶ田』で買った
“杜のみるくまんじゅう”を食べながらテレビのスイッチをオン。

杜のくるみ

深夜12半頃、家にいる時は
『お願いランキング』を観ていることが多いのだけど、
仙台では放送されていなかった。
適当にチャンネルを変えていたら、
観たことない番組ばかりでちょっと面白い。

ヨーロッパリベンジ

まずは『水曜どうでしょうClassic』という番組。
途中から観たのだけど、
大泉洋とたぶん同じ劇団の人2人で
パリからヘルシンキを目指しているらしい。
ヘルシンキと言えば、ムーミン。
草むらでムーミンと遭遇。
当然、着ぐるみなのだけどこれが相当なお粗末具合。
ムーミン好きなら、ケリを入れたくなる様子。
ムーミンなのにでっぷりしてなくて、ただの棒体型。
まあ深夜番組だから、あえてこのムーミンなのかもしれないけど。
途中から観たからよくわからないけど、
ロケも実は国内だったら、それはそれで笑える。
しかし大泉洋が好きでないからもあるけど、
ちょっとイラとする番組だった。
後でネットで検索したらHTB放送の番組だから
大泉洋なのね、と納得。
この番組は東京で観れなくてもいいけど、
同じHTB放送のが〜まるちょばの番組は、
東京で放送になったらいいな、と思った。

さんま関西

そして『痛快!明石家電視台』という番組。
タイトルそのままで
明石家さんまさんがメイン司会で、
スタジオに女性の観覧者がいる参加型、
スタジオ一体化という番組。
最初の方では、
35歳で普通にキレイなのに5年も彼氏がいない人が出てきた。
昔の彼氏をネットで検索したら見つかったという話し。
今ってこういうの普通なのかなと、ちょっと引きながらびっくり。
さんまさんの「そういうことするな」と言うツッコミに同感。
しかもここで手相を見てもらったら
結婚線がツルツルだと言われている。
せっかくキレイな見た目なのに「もったいないな」というのと
自分の名前すらネットで検索したことのない私には
他人事で笑うのみ。
その後に、芸人さん達が回答者として登場のクイズコーナーに。
このクイズコーナーが面白かった。
大好き中川家が出てもいたし。
でも東京で普通に観るゴールデンの明石家さんまより、
ツッコミ加減やリアクションが違う。
やっぱり関西ローカルだと
「こういうリアクションなんだ〜」というのと
「やっぱり関西って面白くっていいな〜」と、
深夜に観るから更にこのリアクションの方が断然面白く
爆笑し通しだった。
どうも調べてみたら、
東京ではGyaO! で放送されているけど3ヶ月遅れらしい。
3ヶ月遅れだろうと、これは観たい!
と思い帰ってきて早速録画して観た。
仙台へ来たおかげで、この番組が知れてよかった。

おしゃべり小薮

そしてこの番組も同時刻にやっていた
『兵動・小薮のおしゃべり一本勝負』。
兵動さんという芸人さんを知らなく、小薮さんも最近知った私。
しかもちょっと小薮さんが気になっていたので
サクッと観てみることに。

東京で散髪

東京で髪を切ったらしい。
男の人の、こういう短髪ってよくわからないけど
個人的には大阪で切っても東京で切っても
変わらないんじゃないかな、と思う。
でも髪を切るって気分もあるから、
海外旅行へ行った時にあえて切る人もいるし
なんとも微妙な感じ。
ちょっと爽やか過ぎて、
以前テレビで観て気になった時の
小薮さんの方がいいなと思った。
でもこういうトーク番組って
深夜番組だからこその面白さがある。
火曜日の深夜に放送されている『マツコ&有吉の怒り新党』が
わざわざ録画する程じゃないけど、さりげなく好き。
毒あり加減を夜中に1人で観て笑うのがやっぱりいい。
こんな感じで家にいるのと同様、テレビを観ていたら
すっかり遅くなってしまった。
翌日は、ボケボケの状態でなんとか起きる。
そして上野から新幹線に乗ってきた親と合流。
昼ご飯を食べる。

北辰にぎり

この時刻11時半過ぎ。
いつも13〜14時に昼ご飯を食べる身としては
胃がそういう体制になっていないも、なんとか食べる。
仙台駅にある一昨年にも伺った
北辰寿司』のランチにぎり1,000円なり。
前夜もお寿司だったけど、お寿司は続けて食べても全く飽きない。
もちろん新富寿司とはお値段も違うし、
ランチだから比較をしてはいけない。
でも1,000円でこのにぎりに私は満足。
しかし父はシャリがあまりお好みではなかったのと、
かつおが気にいらなかったご様子。
以前、北海道のカメラマンさんが言ってたけど
お寿司は本当に個々の好みがあるから、
「この人がおいしい!」と言っても
こっちの人は「あんまり・・・」と言う
難しい食べ物だと言っていた。
うちの家族はグルメじゃないのに、この好みの差に
そのカメラマンさんの話しを思い出した。
それにしても
「東京から出ると私、アクティブだな」と改めて実感。
3時過ぎまでテレビ観て、ホテルの朝食も食べ
そして昼の寿司。
そしてこの後もフル活動。

今日の川柳〜
どこいても つい観てしまう 深夜には
| 東北・新潟 | 14:23 | - | - |

Ferretアクセス解析