CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
CATEGORIES
                
ARCHIVES
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ
<< ヨシミ商店@野方 | main | riey exhibition〜TURN & HANGAROUND@仙台 >>
仙台へ
仙台の親戚に不幸があったため、仙台へ行くことに。
家族は今発売されている、期間限定の日帰り10,000円切符で。
私は1人前乗りして一泊で行くことにした。

上野新幹線改札

急きょ、仙台へ行く前に池袋で一件予定が入ったため、
今回は東京駅からではなく、上野駅からの出発。
上野から東北新幹線に乗るなんて、いつ以来だろう。
たぶん東京駅まで開通してからは、1度もないような気がする。
2人がけ席の通路側で、
すでに東京駅から乗ってきたサラリーマンが座っていた。
以前友人から、高速バスで隣に座ることになった他人が
太っていると道中辛い・・・と聞いたことがある。
ちょっとその気持ちが初めてわかった感じ。
でも私より若いし、ややぽっちゃりぐらいだし、
汗臭くないし、きちんとした人だったのであまり問題なし。
車内はほぼ満席で、ほとんどが男性。
そしてほとんどがおっさん。
それを見たら、この席でよかったと思う。
通路はさんで斜め向かいの
「お行儀悪いで!」というおっさんの隣でなくて本当によかった。

深川めし

隣の人は、すでに席でご飯がほぼ食べ終わった頃だったみたい。
私はここから駅弁広げて昼ご飯。
人生初の深川めしを。

駅弁ロゴ

あまり駅弁って買うことないのでわからないのだけど、
こんな駅弁ロゴがあるとは知らなかった。

深川めし中身

開けたらちょっと意外だったのは、ハゼの甘露煮が
こんな感じでご飯の上半分を占めていたこと。

はぜアップ

見てるよ、ハゼ。
煮てテカって、しかもいかつい感じで。
でも薄味のご飯に、しっかりの甘露煮がおいしかった。
小茄子の漬け物やべったら漬け、タケノコの煮物と
少しだけど入っているおかずもおいしく
「これでお腹いっぱいになるのかな?」と思った深川めしは、
ちょうどいい腹具合で終了。

仙台看板

そして2時間後に仙台へ到着。
今回は、往復JRと一泊が着いた切符を買ったので
はやてではなく、やまびこにしか乗れなかったため
ちょっと時間がかかった。

7/13新幹線

でも前乗りで、時間に余裕があるので、
いつもの時間に追われる鉄道の旅よりもずっとのんびり状態。
いや〜、新幹線は楽ちんでいいな〜。
で、ひとまずお手洗いへ寄ってから改札を出ることに。

仙台トイレ

駅はじっこのこのトイレ。
2年前に来た時にもあったのだろうか。
こんなきれいなトイレがあることを知らなかった。
しかも有料トイレのような出で立ち。

仙台トイレ中

男性の方はあまり見ることがないであろう女子トイレの中。
昔、ニューヨーク郊外にあるアケダクト競馬場へ行った時
カメラマンの方が私のカメラを持って
男子トイレの中を撮ってきたことがあった。
外国の、しかも男子トイレを写真で初めて見た。
別に普通のトイレなのだけど、
やっぱり女子トイレとはちょっと違う景色が新鮮で面白かった。
なので今回ブログで女子トイレ公開。
はっきり言って、こんなキレイな駅の女子トイレは見たことがない。
デパートの女子トイレ並。
デパートのトイレでも、ここまでじゃない所もたまにある。
仙台駅すごい。
これからは、仙台へ来た時にはこのトイレを利用することにしよう。

仙台駅吹き抜け

仙台駅の改札出た吹き抜けの所にある、
待ち合わせの定番ステンドグラスも元に戻っている。
地震後、仙台駅の倒壊をニュースで見た時、
このステンドグラスも一部が崩れ落ちていた。
私も待ち合わせをしたことのあるこの場所。
元通りに戻っているし、
駅の中も駅の外も2年前に来た時と変わらない。
もちろんここはJRだけの場所だから
素早く元通りに戻れたのだろうけど、
少しずつでもこうして被災地が
以前のように戻っていけばいいなと
1人しみじみと思う。
明日明後日は、
東北6祭が大集合する「六魂祭」が開催される。
どんなお祭りになるのだろう。
見ることが出来ないのは残念だけど、
行った人達みんなが
素敵な時間を過ごせたらいいな、と思う。
なんか平べったい言い方になってしまったけど、
日常で笑って楽しく過ごせるのって、本当に大事なことだから。

今日の川柳〜
久々の 仙台1人 しみじみと
| 東北・新潟 | 17:31 | - | - |

Ferretアクセス解析