CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
CATEGORIES
                
ARCHIVES
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ
<< イブローニュ@池尻大橋 | main | 酒肴 ちいち@新橋 >>
りんごご飯弁当@青森 大和家
昨年の8月に2010年北海道東日本鉄道の旅へ行った時の5日目。
弘前城へ行った時に、城内の公園で食べた朝ご飯の『りんごご飯弁当』。
先日りんごを食べていたら、
ブログにアップしていなかったことを思い出した。
今更なのだけど・・・。
このお弁当は弘前市内にある大和家というお店で製造されている。

大和家店先

りんごご飯弁当は予約制と聞いたし、
私が買いたい時間だと早いので出発前に問い合わせをした。
するとお店へ取りに行けば大丈夫ということで、その電話で即予約。
弘前駅から弘前城方面へ行くバスに乗り、
弘前城の2つぐらい手前で降りてお店へ向かった。
その時刻、朝の8時過ぎ。
昨年の夏の猛暑で、すでに朝8時でもギラギラした陽射しの中お店へ到着。
当然のことながら、
開店前の時間だけど入り口のドアを開けて声をかけると、
すでに用意されていた弁当があり、とっても親切な女性が対応してくれた。
それを持ち、弘前城までギラギラの中10分程歩き
城内の公園の日陰のベンチへ座り、やっとの思いで朝食タイム。

りんご弁当パッケージ

こんなイラストの描かれたビニールに包まれている。
どうもネット情報によると、お店のお孫さんが描いたらしい。
この包みを開けて登場するのは、

りんご弁当

こんな感じのお弁当。
右側におかずがあって、左側がご飯。

りんご弁当おかず2

おかずは幕の内弁当という感じで
ちょっとずつ焼き物、煮物が入っている。

りんご弁当おかず1

青森のお約束のホタテもしっかり入っている。
煮物はどれも丁寧に作られていて、上品なお味。
たしか800円ぐらいだったと思うけど、
それ以上のお値段を思わせる丁寧に作られたおいしいおかずだった。
そしてメインとなるりんごご飯はというと、

りんごご飯

うっすらピンクがかっているこれらがりんご達で
しいたけと一緒に煮たりんごが、ご飯に混ざっている。
よく子供の頃、
お弁当のおかずにりんごの豚肉巻きが入っていたけど
さすがにご飯の中にりんごというのは初めてで、
全く想像がつかない。
食べてみると、これがまったく違和感がない。
というより、りんごの味がそんなにしないので
ちょっとシャリっという食感の素材が、
ご飯と一緒に混ざっているというぐらい。
ゴマのプチプチした食感もちょうどよく。
ご飯はうっすら出汁を入れて炊いたものだし、
全体に薄味で、おかずとのバランスもナイス。
りんごご飯がメインのお弁当だけど、
りんごご飯だけが主張した物ではなく、
お弁当として全体のバランスを考えたおいしいお弁当だった。
私はとっても気に入って大満足。
また弘前へ行って食べたいと思っているぐらい。
弘前は、ちょっとだけの滞在だったけど
大和家のお店の人も、市役所の人も
会った人達がとても親切だったのもあり好印象の街。
新幹線が青森まで開通したから、
青森へ行く機会があったらぜひ弘前へ立ち寄ってくださいね、と
勝手に宣伝したいくらいに。
市役所の女性におしえてもらって買った、
弘前に昔からあるお菓子“綱かりんとう”も、相当気に入ったし。

大和家
電話:0172-36-6633
住所:青森県弘前市百石町47-1
営業:11:00〜14:00/17:00〜20:30
定休日:不定休

今日の川柳〜
りんご街 ご飯にりんご これ正解
| 東北・新潟 | 12:50 | - | - |

Ferretアクセス解析