CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
CATEGORIES
                
ARCHIVES
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ
<< 真辺雄一郎ライブ@野方 焼酎場ぁ〜くんちゃん | main | WINE BAR AROMA@上野 >>
双葉@入谷
日比谷線で入谷にむかう車内でふと思ったこと。
「日比谷線ってほとんど利用することがないな」と。
なので当然初めて降りた入谷。
なんでもこのあたりに
ヒゲダラという魚を食べさせてくれるお店があるらしい。
入谷の駅周辺が全くわからないので、
ついて行っただけで方向はわからないのだけど
2番出口から出て
2〜3分程歩いたところにひっそりあるお店『双葉』。
知らなければちょっと入りにくいような、
地元に根付いた小料理屋という店構え。
でもすでに何度か行った人に連れてきてもらったので
やや緊張ぐらい。
入ってすぐ左手にカウンターの調理場があって、
右側はテーブル席。
奥が座敷となっているけど、たぶん満席になっても
20人ぐらいかなというこじんまりした店内。
こちらのお店は、ビールと日本酒しか酒類がないらしいのだけど
ビールがあればひたすら満足状態の私には全く問題なし。

双葉スーパードライ

塩うぐいす豆がお通しというのがまたいい感じ。
ヒゲダラとあんこうのミックス鍋を注文して、
それが用意されるまでの間には、

双葉しまあじ

シマアジのお刺し身をつまむ。
店内はものすごく地元のなじみの人ばかりのアウェー状態。
カウンターに私達ともう1人の女性が座っている。
この女性が、いい感じの酔っ払い加減で話しかけてきた。
こういうアウェーのお店で、
常連さんが話しかけてくれるとちょっとほっとするのと、
新しい出会いがあったというのとで、また来た甲斐があったな、
と思わせてくれるところ。
この女性、60歳だというのに肌がスベスベ。
そしてものすごく感じがいい。
おかみさんとも一緒に話したりしているうちに

ひげだらとあんこう

鍋セットの登場。
左奥がお目当ての初ヒゲダラで右側がアンコウ。

ひげだらアップ

見た目は本当に普通のタラという感じ。
全く鍋奉行ではないので、すっかりおまかせして食べるのみ状態。
なんかタラよりも、身がもっとしっかりしているなという感じ。
そして特に骨のまわりがおすすめらしいので
アンコウ共々、隅から隅までしっかりと食べる。
手でがっしり持って、最後まで食べる。
おかみさんに聞いたところ、このヒゲダラなる魚は
九州の長崎周辺で捕れるらしい。
この深海魚は、そんな遠くで捕れて運ばれてきたのね・・・と
更にありがたい思いでガシガシ食す。
そしてこのおいしい2種類の魚のダシが出た汁は
「雑炊になるのかな?」と思いきや

そば投入

写真がきれいじゃなくてすみません。。。
日本蕎麦の半生麺を入れて〆に食べるのがこのお店流。
いや〜〆に蕎麦の鍋って初めて。
ヒゲダラもそうだけど、
まだまだ食べたことない物が
世の中にはたくさんあるんだなとしみじみ思う。
素敵な女性の常連さんからは、
お店のおすすめ櫻正宗というお酒を熱燗で二合ごちそうになった。
おいしく、そして気さくなお店と人に
すっかりご満悦状態。
連チャンで行きたいぐらい、とってもいいお店だった。

双葉
電話:03-3843-0782
住所:東京都台東区下谷1-12-24
営業:17:00〜21:00
定休日:日曜・祭日

今日の川柳〜
外寒く 店ではあたたか 人と酒
| 飲み屋 | 22:36 | - | - |

Ferretアクセス解析