CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
CATEGORIES
                
ARCHIVES
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ
<< 第55回 有馬記念 | main | ロマネスコ(スパイラル) >>
遠藤利三郎商店@押上
友人達との忘年会があったので出掛ける。
場所はスカイツリーですっかり有名な押上。
と言いつつ、
駅に着くまでスカイツリーがこの駅からとはちっとも知らなかった。
世の中の人程、スカイツリーに今のところ関心がないため。
それにしても押上の駅に着いたものの、
どの出口を出たらどっちの方角へ行くかもさっぱりわからない。
東京でもこちらの地域には、全く土地勘がないから。
しかしこういう時にiPhoneが役にたつ。
先日いきなりぶっ壊れて、高いお金出して交換したのだから
活躍してもらわないと困るというのもあるけど・・・。
iPhone片手にひとまず到着したお店は、
この辺りの地域イメージとはちょっと違う
(近隣のみなさん、失礼しました)
なんだかこ洒落たお店。

遠藤店

カップルや女性グループなどがぞくぞくと店へと入っていく。
店内に入ると、カウンターや奥にあるテーブル席なども満席状態。
とっても賑わっている。
友人が予約しておいてくれたのだけど、たしかに予約なしではとても無理。
今回6人だったので、テーブルを2つお願いしたかったらしい。
でもすでに予約でいっぱいで、樽を使ったテーブル1つに6人となり
狭くなってしまったお詫びにと、

サービスシャンパン

スパークリングワインを1本いただいた。
このサービスのおかげで、忘年会の滑り出しはいい雰囲気。
1人1杯ぐらいだったので、あっと言う間に飲み終わり
まず最初は白ワインを頼むことに。

1本目の白ワイン

友人夫妻がセレクトしてくれた。
中井さんという日本人の方が、カリフォルニアで作っているワイン。
若干1名二日酔いがいたため、すっきりとした白ワインをセレクト。
たしかにとてもキリっとしている爽やかなワインだった。
個人的にこのタイプの白はとっても好み。
ということで、更にテンション上がる。

遠藤のパン

最初にお通しみたいにバケットが2カゴ出てきた。
オリーブオイルもあるし、私はこれだけでも十分。
と言いつつも、メニューを見ると心魅かれる物がたくさんある。

遠藤のオードブル盛り合わせ

オードブルの盛り合わせを頼み、少しずつみんなで分ける。
あっという間に白ワインも飲んでしまったので、次は赤ワインにチェンジ。

シルバーライニング

友人夫妻が大のお気に入りで、
私も以前飲ませてもらったワインをまずはセレクト。
おいしい物を最初に飲むか、最後に飲むかで意見が分かれたけど
意識がはっきりしている時に、
ちょっとランクが上のワインを飲もうということで、まずはこれを。
そしてトリッパのトマト煮に、

遠藤のトリッパ

ブイヤベースも頼む。

遠藤のブイヤベース

こちらのお店では、煮込み料理ではストーブの鍋を使って
そのままテーブルへと提供してくれる。
店先や店内だけでなく、至ところがとっても雰囲気あり。
そして19時からのタイムサービス料理の

仔羊ロースト

仔羊のローストもお願いする。

仔羊ロースト盛り合わせ

カットして、レタスの上に乗せて出してくれる。
もも肉中心で、見た目よりもさっぱりといただけた。
6人なので、ワインの瓶はあっと言う間に空になる。
次は、

2本目の赤ワイン

白ワインと同じ中井さんが作った赤ワインを。
個人的には、この日に飲んだワインの中では1番好きだったのがこれ。
渋さ加減とかも、とっても好みで
これは買って家でも飲みたいな、と思った。
そして赤ワインがすすめば、ちょっとチーズなんぞも欲しいところ。

遠藤のチーズ

カマンベールに似た名前のなんとかっていうチーズを、
鉄板の上で焼いた物がバケットと一緒に登場した。
表面はスモークのような味わいなのに、中はさらっとしていつつ
しっかりとした歯ごたえで、初めて食べたこのチーズも相当おいしかった。
更に更に、ワインもどんどん進み、

3本目の赤ワイン

4本目となるワインに突入。
そしてパスタが気になり、

桜海老とほうれん草のパスタ

桜エビ、ほうれん草、キャベツのパスタを2つお願いしたら
どどーんと一皿に盛られて登場。
桜エビのいい出汁が出ているし、キャベツでさっぱりしていて
そうめんのようにツルツルと、これまたあっという間に完食。
いい頃合いになってきたので、
コーヒーでも飲んでそろそろ〆ようかということで

遠藤のデザート

お伴に甘い物をチョイス。
カシスのシャーベットと、栗のブリュレを。
いや〜、食べた食べた。
飲んだ飲んだ。
押上まで来た甲斐があった、みなが満足状態。
中華じゃなくても、こうやってそれなりの人数で来ると
少しずついろんなワインも料理も食べれるがうれしいところ。
次回は、馬券当てて奥の普通のテーブルでゆっくり座って
また違ったワインを楽しみたい。

遠藤利三郎商店
電話:03-6657-2127
住所:東京都墨田区押上1-33-3
営業:18:00〜24:00
定休日:無休

今日の川柳〜
ワイワイと 楽しみ飲んで 年締める
| 飲み屋 | 13:19 | - | - |

Ferretアクセス解析