CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
CATEGORIES
                
ARCHIVES
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ
<< もりもと@千歳 | main | カリオンツリーが優勝!? >>
くりーむぱん@八天堂
昨日の最後にアップしたもりもとのくりーむぱん。
これを最初に見た時、
似てる!と思った『八天堂』のくりーむぱん。

八天堂パン2個

今回は、前回食べなかった抹茶くりーむと生くりーむを買ってみた。
ちなみに『八天堂』は昭和8年広島県三原に和菓子屋として誕生した。
そして今は、三代目が初代の「和」と二代目の「洋」を融合している。
この三代目は神戸のフロインドリーブで4年半修業をしたらしい。
だから、和菓子屋さんから今こうやってパンを作っているんだ、と納得。
実店舗は東京には品川にしかないけど、
ものすごくいろんな所で催事をやっているので、
広島のお店とはいえ、よく見かける。
今回も、たまたま買い物へ行ったデパ地下で見つけた。
ひとまず、パンらしくない紙包みを開けてみると、

八天堂パン

ものすごくしめっとしているのがわかる。
しめしめしていてやわらかいので、
持って帰ってくるとどうしても若干でも押されてしまう。
でも元々、袋開けた時から時からふわっと膨らんでいる感はない。
こうやって改めて写真で見ても、もりもとの方がパンらしい。
ではます“抹茶くりーむ”を。

八天堂抹茶クリーム

福岡県の八女茶をクリームと合わせたとのこと。
あまり抹茶味が濃くなく、やんわりとした具合。
断然クリームの比率が多いと感じられる抹茶クリームだった。
そして生クリームはというと、

八天堂生クリーム

カスタードに純生クリームの割り合いを増やしたクリームとのこと。
1番ノーマルなカスタードよりも、生クリームが入っている分
逆に軽い味わいな気がした。
どちらもというより『八天堂』のくりーむパンは
どの商品も、ものすごくクリームがやわらかい。
トロッとしていて、しかもパンが湿っとしているので
トロトロ感が更に倍増されるような状態。
だから一口食べたら、さっさと食べないと
クリームがこぼれ落ちてしまうかと思うほど。
だから毎度あっという間に食べ終わってしまう。
おいしいだけに、もうちょっと
ゆっくり味わいたいところなのだけど仕方がない。
でもこの湿っとしたパンとトロッとしたクリームのバランスが
世の中の人達を並んでも買いたいと思わせているのだな、と納得。
今まで4種類を食べてみたけど、
やっぱりダントツでカスタードくりーむがおいしいと思った。

今日の川柳〜
くせになる とろしめ感に 手が伸びる
| パン | 16:13 | - | - |

Ferretアクセス解析