CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
CATEGORIES
                
ARCHIVES
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ
<< 2010年秋華賞 | main | くりーむぱん@八天堂 >>
もりもと@千歳
10月13日に、長々と続いた
“2010年北海道東日本鉄道の旅”の話しがやっと終わった。
と言いつつ、ちょこちょこ食べたけどアップしてないいろいろを
これからポツポツと書いたりしますので、大目にみてくださいませ。

今日は、私が大好きな千歳に本店がある『もりもと』のことを。
『もりもと』は新千歳空港にも出店しているし、
北海道のスイーツお土産の選択肢の中に必ずあげられるお店。
有名なのは“太陽いっぱいの真っ赤なゼリー”。
有楽町のどさんこプラザでも売っているし、
デパートの物産展へ出店する時も必ずある商品。
洋だけじゃなく和の物もあって、ものすごく商品数がある。
私がお土産として、なにはなくとも買いたいのは“ミルフェ”。
ベルンのミルフィユと似ているけど、
こちらの方が、ちょっとパッケージに高級感があって
しかもちょっとサイズも大きいので、食べごたえがある。

もりもとのミルフェ2個

今回の旅は、新千歳空港から
ダイレクトで東京へ戻らなかったために大量に買うこと出来ず。
まわりがチョコレートコーティングされているので、
今年の猛暑で何日も持ちあることが不可能だったため。
そのため、旅の途中でのおやつ用に2個だけ買った。
スイートチョコとホワイトチョコを各1個。
そんなもりもとの千歳にある本店へ今年も行ってみた。

2010年もりもと千歳本店

お世話になっているカメラマンの方と、
千歳で飲みに行く約束をしていたので、その前に。
本店には和洋菓子の他に、パンや生ケーキも売っている。
先程のミルフェなどは、バラ売りしているのがうれしい。
そしてケーキケースの横に大きいテーブル1つに椅子が4席程あって
そこでイートインすることもできる。
それは一昨年行った時に、食べてる人がいてわかった事実。
その時は、クリームパンをコーヒーと一緒に食べた
今年は、

もりもと本店のショートケーキセット

ショートケーキとコーヒーを。
これから飲むというのに、いいのだろうか。私。。。
しかし、生クリーム好きしては見逃すことができず。
やっぱりいちごのショートケーキはいい!

もりもと本店のショートケーキ

たしかこのショートケーキは230円だったと思う。
安い!ほとんどのケーキが200円代。
北海道のスイーツのお店は、ほとんどがどこのお店も安い。
さすが酪農王国。
そしてもう1つ私が、北海道のスイーツ店で感じた共通店は、
どこのお店も、お店のお姉さんがものすごく感じがいいということ。
今まで感じが悪いな、と思ったことが1度もない。
東京の雑誌に載るような有名パティシエのお店などへ行くと、
「気取ってんな〜」って思うお店や、
パティシエが有名だからと、
従業員がちょっと勘違いしてる、と思うお店が結構ある。
実際、おいしいから何度も行ったことあるお店で、
毎回そう感じるところがある。
北海道という広大な大地が、人の心も大きくさせるのかわからないけど
もりもとのお店のお姉さん達は、
以前行った時も今回もとっても感じがよかった。
そんなにイートインする人がいないからかもしれないけど、
コーヒーはお願いしてから入れてくれるのでおいしいし、
入れてるところがテーブルから見えるのに、
「お座りになっててください」と言って持ってきてくれる。
そんな感じのいいお店なので、
まだ待ち合わせまで時間があるのもあって、ゆっくりすることができた。
そしてパンコーナーでは、
以前見たことのなかった気になるパンをみつけた。

もりもとあんぱん2個

最近、品川にも店舗ができたり
デパートなどで期間限定で、いろんなところで出店している『八天堂』。
その巷で人気のくりーむパンを意識したと思われる包み。
包みを開けると、

もりもとあんぱん

姿形も似ている。
昨年のこのブログ12月10日にアップしているので、
気になったら見てください。
ただやっぱり、クリソツというより似ているという程度。
八天堂の方が、もっとしなっとしているけど、
もりもとの方が、もうちょっとふわっとしている。
店内にあったPOPを見ると
「やわらかい白パンに濃厚な生クリームをたっぷり絞りました。
3月に発売以来、大人気のパンです」と書かれてあった。
なるほど、なるほど。
散々、飲んで食べたのに
食後の甘い物感覚で、ホテルに帰ってからクリームの方を食べてみた。

もりもとクリームあんパン断面

半分に割ってみてもそうだけど、八天堂のように湿った感がない。
POPに書かれていたように、パン部分は白パン。
クリームは、酪農王国北海道ならではの
牛乳がたっぷり使われているという味の
カスタードクリームでとてもおいしかった。
そして、翌朝にはあんクリームの方を食べてみた。

もりもとあんぱん断面

基本クリームパンなので、あんこじゃなくてあんクリーム。
ポイップされた生クリームとあんこを合わせた、
ふわっとした軽やかなクリームだった。
パッケージから八天堂を思い出させたけど、
パンもクリームも、似ているようで似てない物だった。
もりもとの方が、全体的にとろっと感が少ないので
こぼれ落ちる心配がないので、落ち着いて食べることができた。

今日の川柳〜
東京へ ぜひ出店を 希望する
| 北海道関係 | 17:04 | - | - |

Ferretアクセス解析