CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
CATEGORIES
                
ARCHIVES
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ
<< 真辺雄一郎ライブ@野方 焼酎場ぁ〜くんちゃん | main | 2010年北海道東日本鉄道の旅〜3日目 帯広へ >>
マルトマ食堂@苫小牧
今年も行ってきました〜。『マルトマ食堂』へ。

2010年マルトマ看板

札幌から電車に乗って苫小牧へ。
そして苫小牧駅から路線バスに乗り込む。
苫小牧と言えば王子製紙。
相変わらず煙突からモクモク煙が出ている。
これを見ると「苫小牧に来たな〜」と思う。
路線バスはこの横を通り、海方面へとむかう。
降りて国道をちょっと歩くとこの看板が見えてくるので右折。
その突き当たりの港の所にあるのが『マルトマ食堂』。

2010年マルトマ外観

この看板だけ見ると、昨年となにも変わらないのだけど・・・。
今回は土曜日の、しかも昼の12時半頃に行ってしまったから大変。
長蛇の列となっている。
ここまで来たけど並ぶべきか・・・と悩む。
元々、なんでも並んでまで食べたいとはあまり思わない。
しかも今回は、この後帯広で
すでに1週間前から北海道を満喫している友人達と
合流する約束になっている。
うむ。。。
悩んだ結果、バスに乗ってわざわざ来たのだから
ギリギリまで並んでみようという結論に至る。
そして・・・本当に予定しているギリギリぐらいに席に座ることが出来た。
でもここからがまた大変。
お店の人もてんてこまいのため、なかなか注文をとってくれない。
その間に、丼ともう一品を食べるかどうか悩む。
結果、決めかねていた時に注文を取りに来たので、
この際勢いで注文してしまうことにした。
それがこれ。

ホッキシューマイ

“ホッキシューマイ”。
金曜日と土曜日限定のメニュー。
うまいらしいという話しを聞いていた。
しかもやってる曜日に来たのが初めてで、
次回は金土曜日に来れるかどうかもわからない。
でも、選択肢が5個か6個しかないというのが悩むところだった。
なのに勢いで注文。
しかも、頼んですぐに目の前にやってきた。
この日、1食目の食事なのでお腹も空いていたため
意外にいけてしまった感じがなきにしもあらず。
そのホッキシューマイは

ホッキシューマイ断面

結構肉肉しい、ボリュームのあるシューマイだった。
ポツポツ見えている白い物が、ホッキらしい。
イメージでは、海老シューマイがホッキに代わった感じだった。
だからちょっと予想外だったけど、これはこれでおいしい。
でもホッキシューマイと名乗るからには、
もっとホッキ色が全面に出ている方がいいかな、とは思う。
この肉感は、まさにビールにぴったり!
しかし、時間もないのでひたすら単独で食べる。
そして丼が登場。

2010年店長丼

これも初めて食べる“店長丼”。
これでたしか1,200円だったような気がする。
実はこのメニューは毎日あるのだけど、
朝の9時か10時以降でないと登場しない。
初めて『マルトマ食堂』へ来た一昨年は、
やはり初めてなのでホッキ物だけに集中していた。
そして昨年は食べてみたいと思っていても、どこにも書いていない。
お店の人に聞いたところ、
そのぐらいの時間にならないと登場しないということがわかった。
1年に何度も北海道へ来ている友人達は、すでにこれを食べている。
その結果「マルトマはやっぱりホッキだよ」と言う。
言ってることはよーくわかる。
わかるけど、やっぱり食べて経験してみないと実感として納得しきれない。
やっぱり生ホッキ丼が気になるけど、今回はこれを注文してみた。

2010年店長丼アップ

もちろんホッキも乗っているし、
今年は高値のサンマもしっかり乗っている。
やっぱりなんと言ってもホッキがおいしい。
そして新鮮だから身がしっかりしているサンマもいい!
甘エビが意外に多く、ひたすら食べる食べる。
前の晩の千歳飲みに続き、明るいうちから海の幸を満喫。
ご満悦状態。
本当は時間に余裕があったら、
もう少しゆっくりとそれぞれの魚を味わいたかったけど仕方がない。
シューマイも丼も完食〜。
帯広で合流した友人に、
それぞれの写真を見せたら「食べ過ぎだよ」と一言・・・。
やっぱりね、その通りでございます。
でもちょっと言い訳をすると、ホッキ飯や生ホッキ丼などの丼よりも
この店長丼のどんぶりは小さい。
具はたんまりだけど、それらの丼よりご飯は少ない。
と、このあたりを説明はしてみたけど
やっぱり「食いすぎだよ」とのことだった。
たしかに、駅へむかうバスまでに時間がないのに、
近くの鮮魚店で実家へのクール便を急いで注文して
バス停まで走り、なんとか間に合った。
走ったら、微妙にぐっとくる感があったのは
明らかに食べ過ぎだからでしょうね。
ここでぐっと胃袋が肥大化したのが、自分でもよくわかった。
これ以降の旅中、すぐにお腹が空くようになってしまったから。

マルトマ食堂
電話:0144-36-2023
住所:北海道苫小牧市汐見町1丁目1番13号
営業:6:00ー14:00
定休日:日曜・祝日定休

今日の川柳〜
食べ実感 やっぱりホッキが 1番と

マルトマ食堂 定食・食堂 / 苫小牧駅
昼総合点★★★★ 4.5

| 北海道関係 | 16:56 | - | - |

Ferretアクセス解析