CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
CATEGORIES
                
ARCHIVES
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ
<< 2010年北海道東日本鉄道の旅〜3日目 リッチアフェアー09に会う | main | 真辺雄一郎ライブ@野方 焼酎場ぁ〜くんちゃん >>
海鮮市場@千歳
ノーザン空港牧場での見学をした日の夜。
お世話になっているカメラマンの方と会って飲む約束をしている。
昨年も北海道へ来た時に一緒に飲んだけど、その時はすすきの
今回は千歳で飲むことになった。
そして今回は『海鮮市場』というお店へ。
千歳はあまりよく知らないのだけど、
馬仲間達はこの近隣にある北の華へよく行く。
なので、わからない私は金魚のフン状態で北の華へ。
今回もわからない私は、
カメラマンの方の金魚のフン状態で『海鮮市場』へ。
夕方6時半過ぎの店内は、まだお客さんはポツポツいるぐらい。
でも1階のテーブル席は、すでに予約で満席。
あとは、1階のカウンター席か
2階の座敷ということだったので、2階へ移動する。
どこへ行ってもいつでも、生ビールを注文。
そして一緒に出てきたお通しは、

海鮮市場お通し

鮭の南蛮漬け。
南蛮漬け好きなので、このお通しはうれしい。
これでビール1杯はいける。
そして「牡蛎大丈夫ですか?」と言うことで2人なのに牡蛎6個盛りを注文。

海鮮市場牡蛎てんこ盛り

カメラマンの方が、牡蛎がモーレツに好きらしい。
私は過去に当たったことがあるけど、
5年食べずに我慢したおかげで、
今ではこうやって一緒に食べれることができる。

海鮮市場牡蛎アップ

身が大きく、無茶苦茶プリっとしている牡蛎。
見るからにおいしそうだけど、当然食べても激うま。
ちょっとレモンを絞って食べるのがちょうどいい。
ミルキーなおいしさが堪能できて。
そしておまかせでお刺し身の盛り合わせを。

海鮮市場刺しもリ

やっぱり北海道へ来たら、お刺し身をたくさん食べたい。
おいしそうな上、ちょっと東京ではお目にかかれない物もあった。

海鮮市場ししゃも刺しアップ

これ、ししゃものお刺し身。
人生初、ししゃものお刺し身。
干して焼いた物とはまた違ったおいしさ。
淡泊なさっぱりした味が、この季節に合ってるなと思う。
そしてお刺し身ばかりじゃなくて、焼き物も。

海鮮市場ほっけ焼き

縞ほっけ。
脂が乗っているし、表面がパリっと焼かれていておいしい。
うれしいな〜。お刺し身も食べれて焼き物も食べれて。
すでにご機嫌状態。
といい気になり、爆裂状態で話しをする。
そうなると、お酒をついつい飲む飲む。
そして、おつまみもまた欲しくなるというもの。
カニミソに、

海鮮市場かにみそ

プリン体のかたまりのいくら。

海鮮市場いくら醤油漬け

やっぱり醤油漬けはおいしい。
新鮮でプチプチしているのを
「もうガッと食べちゃってくださいよ」と言われ、
お言葉に甘えてガッと食べさせてもらう。
こんなに食べているのに、最後の最後に

海鮮市場じゃがバター

いっちゃいました。
米じゃない炭水化物へ。
やっぱり北海道と言えば、じゃがバターに塩辛。
しかし、さすがの私も1個は食べれず芋に謝って断念。
こうやってブログにアップするために、
写真を改めて見ると、なぜ食べれなかったのかが謎。
おいしかったのに、胃に空きスペースがなかった・・・。
思いもかけず音楽話しになり、まだまだ飲みたいところだけど
カメラマンの方は翌日も仕事。
私はこの後、千歳で宿が予約できなかったために
札幌までまた電車で戻らないといけない。
名残惜しいところだけど、
この続きは今度撮影で東京へ来た時に〜ということで。
毎度毎度忙しいのに、
おつき合いいただきありがとうございました。

海鮮市場
電話:0123-23-7373
住所:千歳市千代田町1丁目1番地12
営業:16:30ー22:30
定休日:年中無休

海鮮市場 魚介・海鮮料理 / 千歳駅


今日の川柳〜
昨年も 今年も楽しい この飲みが
| 北海道関係 | 13:22 | - | - |

Ferretアクセス解析