CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
CATEGORIES
                
ARCHIVES
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ
<< 旅が終わり帰宅 | main | 寝台特急『あけぼの』 >>
2010年北海道東日本鉄道の旅〜1日目上野発夜行列車
昨日早朝に新宿に着いて終了となった2010年北海道東北鉄道の旅。
昨年と同様に、まずはこの切符を購入。

北海道東日本パス

これはJR北海道と東日本の特急を除く電車に
連続して1週間乗り放題という切符。
青春18切符の北海道東北版といった物。
そんな『北海道&東日本パス』を買ったけど、
あえて行きは、上野から夜行列車の『あけぼの』に乗り、
青森まで行くことにした。
これは石川さゆりの♪上野発の夜行列車降りた時から〜♪で
おなじみの夜行列車。
この“津軽海峡冬景色”が発売された当初は、
『あけぼの』以外にも、何本か夜行があったらしいけど、
今はこの『あけぼの』のみ。
そしてこの『あけぼの』も、今年12月に青森まで新幹線が開通したら
廃止になるという話しがある。
なくなってしまってから別れを惜しんでも、もう戻ってはこない。
だから存在する今、乗らないと!と思い
今回、せっかくの『北海道&東日本パス』があるにも関わらず
別料金を払い『あけぼの』へ乗ることにした。

あけぼのセット

あけぼのは、寝台特急なので乗車券の他に特急券も必要となる。

レディーゴロンと切符

一両だけ、女性専用車両が連結する。
それが“レディースゴロンとシート”がある車両。
B寝台車と同じで、スリッパや寝具がないけど
その分¥5,000ほど安い。
しかも女性専用車両なので、やっぱり女1人旅だと気持ち的に安心できる。
B寝台だって、もちろんカーテンはある。
あっても、やっぱりおっさんキャラとは言え一応女なので。
でもこの“レディースゴロンとシート”は
私のような女性が多いらしく人気で、今の時期は売り切れるのも早い。
実はこの旅を計画した当初、もう1日遅く旅立つ予定にしていた。
しかし、窓口へ行ったらすでに売り切れ・・・。
そのため、予定を変更して25日出発にした次第。
そんな初めての『あけぼの』なので、勝手がわからないからと
早めに出たら1時間も早くに上野に到着してしまった。
ものすごい暑い構内で、行く前からすでに体力消耗。
そんな中、やっと『あけぼの』が入線してくる時間になった。

あけぼの入線

入線は20時50分。
この頃には、ホームにずいぶんと人が集まってきている。
「この人達、みんな乗るんだ」と思っていたら、そうではなかった。
『あけぼの』に乗らずとも、
写真を撮りに来ている鉄道ファンなども結構いた。
小学生だけというグループもいたし。

あけぼの案内

私も写真をいろいろ撮ろうと思うけど、まずは重い荷物を下ろすことに。

レディースごろん入り口

今回この車両は、青森行きの1番後方車両となる。

あけぼの下段

上下段があって、私はあえて下段を予約しておいた。
それは事前にいろいろネットで調べたら、
『あけぼの』は下段の方が揺れないという情報があったので。
今回、4回も夜行に乗るくせに乗り物酔いをする人間。
タイミング悪いと、新幹線でも酔ったことがあるので。
長時間乗るのに、酔ってしまっては台無しになるから
子供心としては上段だけど、ここは下段にしておいた。
しかし、下段にして正解!と思ったことが1つ。
それは上段に上るはしごが小さいので、
重い荷物を持ち上げるのは、大変そうだったから。
荷物を置いて、むかいのシートのおばさんとも挨拶をして再度ホームへ。
ちょうど、車両をバックに写真を撮ってる人がいたので
私もお願いしてシャッターを押してもらう。
平静を装いつつも、満足状態。
そんなこんなバタバタしていたら、あっという間に発車時間となった。

13番線あけぼの案内

ちょっと薄暗く地味な13番線からの発車。
ホームには、乗らない人が結構いて『あけぼの』を見送っていた。
最初に到着するのは大宮らしい。
それにしても、すでに発車前からカーテンを閉めている人が多い。
「よく息苦しくならないな・・・」と思う私は、
“レディースゴロンとシート”の中では
1番最後ぐらいまでカーテンを開けてくつろいでいた。
まずはビールと枝豆で、今回もいい旅となるように乾杯。

あけぼのでビール

通路には、引き出してちょっと腰掛けられる椅子も設置されている。

あけぼので枝豆

枝豆は、駅で売ってるものは茹ですぎでイマイチのことが多いので
事前に家で茹でた茶豆を持参。
茹で具合バッチリ!茶豆うまし。ビールもうまし。
続けて持参したお弁当も食べる。
何度も通路を車掌さんが通るも、気にせずオープンに食べる飲む状態。
それにまだ21時過ぎたばかりで、寝るには早すぎる。
そんな状態がずっと続いていたら、車内アナウンスがあった。
23時頃だったと思うけど、照明が落ちるとのこと。
もちろん全く眠くないので、1人くつろぐ。
熊谷を過ぎたら、外の灯がぐっと減った。
大宮以降もいくつかの駅に停車をしたけど、
長岡では停車時間が長いな、と思っていた。
後で気がついたのだけど、けん引車が替わるタイミングだったらしい。
失敗!
写真撮りに行けばよかった。
その後も、相変わらず眠くないので本を読んだり真っ暗な外を眺める。
たぶん深夜2時半頃だったと思う。
新津駅に到着。

新津駅

すると、1つむこうのホームに灯のついた列車が停まっている。
よく見ると、大阪へむかう“日本海”だった。
急いでカメラを取りだすと、発車してしまった。

新津での日本海

大阪へはあと何時間かかるのだろう。
その後もウトウトしたり、たまに本を読んだりの繰り返し。
結構揺れるので、そうそう寝ることができない。
ほとんど寝れないうちに外が明るくなり、徐々に降りる人達も増える。
気がつけば、私がいたブロックの4人のうち
青森まで乗っていたのは私だけだった。
“レディースゴロンとシート”全体でも3人程だったと思う。
到着は10時少し前。
ぼんやりした状態だけど、降りるために着替えたりして準備をする。
車内から見た空は「ちょっと曇っているかな?」と思ったけど
到着した青森駅は、当然雪の中ではなくいい天気で青空が広がっていた。
12時間ちょっとの列車に乗り続けるのは、やっぱり長かった。
でも歳をとったら、こういう旅も出来なくなるだろうし
特に急ぐこともない訳だから、これで十分十分。
初めての『あけぼの』を満喫できた。

今日の川柳〜
日常の 時の流れと 違う時
| 旅行 | 21:13 | - | - |

Ferretアクセス解析