CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CATEGORIES
                
ARCHIVES
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ
<< 古鏡@鶴岡木村屋 | main | 第77回 日本ダービー >>
源烹輪@富士見台
もう8〜9年ぐらい前に、今の所へ引っ越してきてから
たまに自転車で通ると気になるお店があった。
ある時「どっちの料理ショウ」を観ていたらそのお店が出ている。
「あれ?ここ!」と思い、
友人を誘って食べに行ったのが最初の『源烹輪』。
それ以降、友人はわざわざ電車に乗って家族連れて食べに来てたし、
私も何度か行くことがあった。
麻婆豆腐好きなので、ここのは好みで無茶苦茶おいしかった。
テレビで紹介された海老チリも激おいしかった。
友人とものすごく感激したのを覚えている。
それからしばらく行かなくなり、ある時久々に行った時のこと。
「ん?」なんだか以前と違って塩加減が違う。
私にはしょっぱく、全体的に塩分多めというか
使ってる塩でも変えたのかな?という気がするぐらい違う。
それでちょっと足が遠のいてしまった。
少し前「やっぱりまた行ってみよう」と思い友人と行ってみることに。
ここへ来て必ず頼むのは前菜の盛り合わせ。
2〜3人用と、4〜5人用のがある。
ちょっとずついろいろ乗っていて、目でも楽しめちょっとお得な一品。
でも「あれ?」とちょっと思う。
以前よりボリュームが少し減ったような気がする。
まあ、いろいろお店にも事情があるだろうし仕方ないか・・・。
これを食べながらビールや甕出し紹興酒を飲むのがいい感じ。
特に、ここの紹興酒はとってもおいしい。
ではなにかお料理頼もう、ということになってメニューを見る。
ここは厨房に2人、フロアに1人。
大きいテーブルが3つあり、全部で16人ぐらいのお店。
注文が殺到すると、フロアの1人では大変そうなので
最初に前菜頼んで様子見ながら、
他の料理を注文するのがいいかな、と思う。
レギュラーメニューの他に、
その時々の仕入れや季節によってあるメニューの紙も見てみる。
何種類か魚があり、調理方法も選べる物があった。
その中から、真鯛の半身切りを選んで湯引き香味酢醤油でお願いする。
それと、大海老とタラバガニの上海蟹味噌あん仕立ても。
この真鯛のセレクト正解。とってもおいしかった。
ネギたんまりの上にパクチーもたんまり乗っている。
さっと湯引きした新鮮な真鯛と一緒に食べて満足。
そして海老&蟹もおいしかった。
全体的にふわっとしたやさしいおいしさ。
大きな海老に蟹の身がふわふわまとわりついて。
絹さやの緑と卵の黄色がキレイな春らしい一品。
これぐらい食べていつも思うこと。
「中華は3人から」というコレクターズのコータローさんの言葉。
このお店は坦々麺も有名。
でも今更、2人で分けても麺はつらい。
でも後もう一品は食べたい。
うむ。。。
炭水化物はあきらめることに。
かわりに一品食べようということになる。
前回大好きなだけに、味の感じがかわって残念だった麻婆豆腐を注文。
その麻婆豆腐は、初めてこのお店で食べた時とはやっぱり違ういでたち。
こんなにたんまりと赤トウガラシは乗っていなかった。
実際に食べたら辛かったけど、
見た目は四川の麻婆豆腐というぐらいだったのに。
当然この見た目通り、恐ろしく辛い。
トウガラシをちょっとかじったら、怪獣のごとく口から火が出そう。
辛さ選手権じゃないんだから、
ここまで辛くする必要ってあるのかな、と思う。
せっかくのおいしさが辛すぎてよくわからない。
でも辛いながらも思ったのは、やっぱり塩分が強い。
他の料理は辛い物ではなかったから、そう感じなかったけど。
う〜ん、なんだかやっぱり8〜9年ぐらい前に食べた時の方が
私にはおいしかったな、と思った。
最後は、初めて来た時に食べて
「こういう杏仁豆腐もあるんだ」と感激した杏仁豆腐を再び。
すごくモッチリしていてコクがあっておいしかった。
でも以前程はモッチリではなく、少しあっさり目。
もちろんよくありがちな、牛乳寒みたいなのとは違うけど。
料理人でないので、実際にはどうだかわからない。
よくテレビなどで見る限りの知識では、常に味の研究をして
日々進化しているのがプロの料理人というイメージ。
もちろん味覚なんて個人的な主観で人それぞれだから
万人にウケることなんて難しい。
でもこちらの方の進化の仕方が、
私の好みと離れてしまったのかな、という印象を受けた。
お店は前を通るといつも繁盛しているのだから、
もうこれは個人の好みとしかいいようがない。
でもこのお店の料理は、麻婆豆腐などの普通のメニューであっても
オリジナリティーを感じるように、全ての料理がとっても独創的で楽しい。
この塩加減さえ変わったら、また食べに来たいのになと思うところ。
難しいところだな。。。

源烹輪
電話:03-5987-3507
住所:東京都中野区上鷺宮4-16-10 青和ビル1F
営業:昼 12:00ー14:00(L.O)
   夜 17:00ー22:00(L.O)
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)

今日の川柳〜
進化する 料理と好み 相性は


源烹輪の前菜 前菜盛り合わせ
源烹輪の真鯛 真鯛
源烹輪の紹興酒 甕出し紹興酒
大海老とタラバガニ 大海老とタラバガニ
源烹輪の麻婆豆腐 激辛!
源烹輪の杏仁豆腐 もっちり杏仁豆腐
| 中華 | 10:53 | - | - |

Ferretアクセス解析