CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
CATEGORIES
                
ARCHIVES
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ
<< 北海道どさんこプラザ | main | 仁川ステークスに出走!カリオンツリー >>
阿闍梨餅
知人から京都土産をもらった。
いつの間に行ってたのかも知らずに・・・。
それが満月というお店の『阿闍梨餅』なるもの。
なんだかパッケージが、いかつくて中身を想像しにくいお菓子。
全く知らずだったので、ネットで調べたら
京都伊勢丹のお土産にも写真付きで掲載されていた。
何気に有名らしく、東京のデパートにも出店しているらしい。
早速緑茶を入れていただくことに。
袋を開けると、
どらやきのような色合いのおまんじゅうと言ったお菓子が出てきた。
縁日で売ってる、一口カステラみたいな感じにも見える。
それにしても
「なんでまんじゅうみたいなのに餅って名前なんだろう」と思っていた。
食べてみたら納得。
周りの皮部分が、見た目はまんじゅうのようだけど
食感がお餅みたいにやわらかく、ちょっとのびるくらい。
お餅でないのに、お餅のような食感。
で、中には粒あんが入っている。
皮は薄めで、あんこ多め。
う〜ん、おいしい!
意外な展開だったのにはびっくりした。
それにしても、このお餅のような感じの皮はおいしい。
もちろん餡も多めだけど、くどくない上品な甘さなので
あっと言う間に完食。
つい「もう1個」と手がのびてしまう感じ。
1日1個と決めて食すことにしよう。
この『阿闍梨餅』を販売している『満月』というお店は
創業が安政3年(1856年)らしい。
さすが京都、歴史を感じます。。。
『阿闍梨餅』は登録商標だし、満月という店名の前に
『阿闍梨餅本舗』とつくだけあって、こちらのお店の看板商品なのだろう。
でも人間ってすごいな、と思う。
江戸末期の頃、
餅のような食感の皮に餡を挟むなんてこと考えだしたんだから。
くせになる味で、もらったお土産が終わったら
新宿の伊勢丹でも売ってるようなので、パトロールに行ってみよっと。
相当気に入りました、私。

今日の川柳〜
まんじゅうの 皮に見えても のびる皮


あじゃりもち袋 個別包装を開けると
あじゃりもち こんな感じ
| スイーツ | 12:31 | - | - |

Ferretアクセス解析