CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
CATEGORIES
                
ARCHIVES
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ
<< ラ・メゾン・デュ・ショコラ 表参道店 | main | 映画『インビクタス〜負けざる者たち〜』 >>
バンクーバーオリンピック開幕
2月13日にとうとうバンクーバーオリンピックが開幕した。
土曜日だけど、テレビ中継が始まる時間には起きて開会式をみる。
何気に開会式好きな私。
甲子園の開会式にもグッとくる。
開会式では、やっぱり選手の入場をじっと見る。
旗手で1番美人だったのは、オーストラリアの女性だった。
スノボーの選手らしい。
フィンランドの選手団で1番前の端を歩いていた人が1人
ボトムがジーンズだった男性がいた。しかも結構着込んだ形跡あり。
きっと忘れてしまったんだろう。
競馬でも勝負服忘れるくらいだし、
忘れん坊はいつでもどこにでもいるもんだと、やや親近感。
そんな選手団の服装はやっぱり気になる。
その国らしさがやっぱり現れている。
アメリカのダウンジャケットの胸にはラルフローレンのロゴが。
やっぱりアメリカのカジュアルと言えば、ラルフなのね・・・と思ったり。
スイスとスウェーデンは共にボトムはジーンズだった。
スポーツウェアが多い中、何気に目をひき格好よかった。
でもそれ以外がスイスとスウェーデンとでは、ちょっと違う。
スイスは普通のスポーツウェアの上着だったのに対して、
スウェーデンは国旗の色のニット帽をかぶったり、
国旗カラーのミトンの手袋をしたり、ちょっとした所の違いに
それぞれの国らしさを感じたりした。
コート類もスポーツっぽい物じゃなく、
スロベニアのグリーンのハーフコートは色味も含めて素敵だと思う。
そんな選手入場をみたら、後のお楽しみは聖火の点灯。
3時間近く、途中ウトウトしながらも
なんとか開会式を観終わることができた。
競技が始まる前に、より気分を盛り上げようとツタヤへ。
ナイスなDVDを発見!『俺たちフィギュアスケーター』
男同士のペアスケートの話し。
シール帯にはみうらじゅん推薦と書いてある。
パッケージから見ても、無茶苦茶くだらなそうで面白そう。
当然借りて帰り、オリンピックのペアスケートが始まるまでに観終わる。
結構ブラックな場面もあって、ちょっとヒヤっとするシーンも。
本物のサーシャ・コーエンが
これまたくだらない場面に出てくるのも見もの。
そして昨日今日の本当のペアスケート。
モーグルも終わったし、スピードスケートも始まった。
本当のオリンピックは、目に見えない壁と重圧があって
想いがなかなか叶わないんだなと悲しくなってしまうところもあったり、
逆にやっと念願叶ってよかったねという場面もあったり。
いろいろあっても、やっぱりオリンピックは平和の祭典。
そしてやっぱり世界レベルの試合を観るのは楽しく、
そしてテレビの前とはいえ、一緒に盛り上がるのは楽しい。

今日の川柳〜
今月は 遅寝早起き 寝不足に



みうらじゅん推薦
| スポーツ | 15:20 | - | - |

Ferretアクセス解析