CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CATEGORIES
                
ARCHIVES
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ
ママチプ@新橋
年も押し迫った昨夜は、新橋で忘年会。
場所は、

ママチプ入り口

烏森口から歩いて5分弱というところにある
『ママチプ』という韓国料理店。
雑居ビルという感じの2階にあるのだけど、
この2階まで上がる階段が、ものすごく急で狭い。
これは、飲んだ帰りの下りは注意しないと・・・。
私以外のメンバーは、大井競馬場での東京大賞典へ行っての帰り。
ここ何日かに比べたら、寒さは緩かったけど
やはり外にずっといたら寒かったらしい。
そんな日には、ガッツリ辛い物を
ガッツリ食べるのがいい感じかもしれない。
ちょっと遅れての参加で駆けつけ生ビールを飲む。

ママのナムルセット

すでにお供としてつまんでいたらしい、ナムルをつまみながら。

ママのチャプチェ

そこへ大好きチャプチェに、

ママのニラチヂミg

ニラチヂミが登場。
粉の中にちょろちょろとニラがいるのとは違い、
はっきりニラチヂミ。
チャプチェもキクラゲが大量に入っているし、
チャプチェの割にはパンチのある辛さがおいしい。
この時点で「いいね、この店。うまいね」という話しに。
こちらのお店、私は初めてだったのだけど、
Kスガさん(仲間内の某大手広告代理店の方)セレクトらしい。
「さすがだね」と一同。これ以降食べた物も全てレベル高し。

ママのカンジャンケジャン

久しぶりに食べるカンジャンケジャン。
この甲羅に浸かっているミソを見たら、ご飯を投入したくなり、

ケジャンとご飯

まだ飲んでいる前半だというのに、白米追加。

ケジャンにご飯

混ぜ混ぜして食べる。
でも・・・ちょっとイメージと違った。
結構、ニンニクがしっかりのタレだったため、
ご飯との組み合わせはイマイチ。。。
でもワタリガニとの相性はバッチリ。
久々に食べれておいしかった。

ママチプのマッコリ

生ビールは2杯程飲んでから、みんなと同じくマッコリにチェンジ。
黒豆マッコリなのでより甘く、ジュースのようにガンガンすすんでしまう。

ママのブルダック

そんな甘い口当たりのところへ、
見た目同様ガッツリなブルダックの登場。
テレビで観たことあるけど、私は食べるの初めて。
コチジャンたっぷりに絡まった鶏肉がおいしい。
これは想像と違い、あまり辛くない。
むしろ先程のご飯は、
ここへ混ぜた方がうまいんじゃない?ということで
ちょっと絡めて食べたら◎。
やっぱりこういう料理は大勢で食べると、
いろいろ注文できるし、おいしく楽しい。
飲んでくだらない会話も弾んだところで、

辛コプチャンジョンゴル

辛コプチャンジョンゴルという鍋を食べる。
ホルモン、ハチノス、アキレスが入った辛口鍋とのこと。
コプチャンがトロトロでおいしい。
地獄谷のように煮えたぎっているけど、
そう辛くはなく温まりつつガッツリ感も得られていい感じ。

コプチャンジョンゴル麺

もちろん〆にはラーメンをセレクト。
韓国のお約束、
インスタントラーメンの麺が半分に割って登場。
5人で2人前を頼んだのだけど、1つの麺が大きい。
これがふやけたら、ちょっと多すぎない?と思ったけど
なんやかんや言いつつ、みんなで完食。
やっぱりおいしいと、それに胃は対応してくれるんだろうか。
それに楽しいとついつい箸がすすむということもある。
他にもキムチ盛り合わせや、
チョレギサラダなども食べて忘年会終了。
伺った19時頃は、まだ店内はガラガラだったけど、
途中あっという間に満席になり店内はものすごく盛り合わせいた。
たしかに人気店なのが納得のおいしさだった。

ママチプ
電話:03-3433-3995
住所:東京都港区新橋3-14-7 ゆうきビル 2F
営業:17:00ー24:00(LO22:30)
定休日:日曜・祝日

今日の川柳〜
しめ飲み会 おいしく楽しく また来年
| エスニック・焼き肉 | 17:30 | - | - |
千里香@新大久保
前回伺って、
すっかり気にいってしまった新大久保にある『千里香』。

千里香入り口

これは前回行った時に撮ったものだけど、今も同じ状態。
こちらのお店は、
中国の吉林省に位置する朝鮮族の自治州「廷辺」の料理と、
中華、韓国料理を出すお店。
まずは生ビールで乾杯。

羊串焼き

早速羊肉の串焼きを注文。
前回は、どれがどの串だかわからなくなってしまったので
今回は運ばれてきた時、お店の方へ確認してみた。
左がシルクロード、真ん中が辛口、右が廷辺。
辛口には、唐辛子の種らしき物がたくさんついているけど、
シルクロードと廷辺は、聞かないと見ただけじゃわからない。

羊串焼く

テーブル真ん中の蓋を開けて、炭を入れてくれる。
そしてその上に、焼き台をセット。
これを初めて見た時、ものすごく気に入ってしまった。
下で焼いて、焼けたら上の段に置いたら保温できる。
これを考えた人に会ってみたいくらいのお気に入り。
前回、串焼きでは廷辺が1番おいしかったなと思ったけど、
友人達は、シルクロードと廷辺の違いがわかりにくいと言っていた。
たしかに、

羊串焼きスパイス

各自に持ってきてくれる、このスパイスセット。
これをつけると、よりどっちがどっちだかわかりにくくなる。
ただ辛口は、見た目もちょっと違うし、明らかに辛い。
それにしても一串150円というのもナイスだし、
羊肉の脂身部分とこのスパイスとの相性が私にはたまらなく
何度でも来て食べたくなるお気に入りの串物。
今回は3人での来訪のため、他にも一品料理を注文。

大久保空心菜炒め

友人の1人が、青物が食べたいということで頼んだ空心菜の炒め物。
予想以上のニンニクがっつり状態。
週頭から、こんな臭ってしまって大丈夫なのだろうか。
ちょっと火が通り過ぎた感もあったけど、
やっぱり空心菜の炒め物はおいしくて好き。

ハチノスムチム

前回食べた豚の耳の和え物がなんだったのかを探していたら
廷辺料理で和え物は「ムチム」と呼ばれることがわかった。
しかも「ムチム」は廷辺料理では名物らしい。
いろんな種類のムチムがあったので、今回は牛ハチノスムチムを注文。
前回の豚の耳より、全然辛くない。
見た目は辛そうだけど。
でも入っていた唐辛子をピンポイントで食べてしまった時は、
さすがに辛かった。
パクチーが入っているので、友人1名は食べれず。
私のようにパクチー好きな人には、
お酒のおつまみにピッタリのおすすめの一品だと思う。
途中マッコリのボトルを頼んで飲んでいたのだけど、
「やっぱり甘いから」と、
普通の焼酎ボトルにチェンジして飲み続ける。
串物は最初の3種類の他に、羊のスジ肉も食べてみたけど、
更に脂が乗った柔らかい肉でおいしかった。
風下の友人が「暑いから、焼かないなら火を下げてもらおう」
ということになり串終了。
でもまだ焼酎ボトルがあるので、
「なにかつまめる物を頼もう」と言ってたら

五目焼きそば

五目焼きそばが登場。
友人にまかせたら、意外や意外なセレクト。
まあ、焼きそばをつまみに飲むのって、
結構いい感じで好きだからいいのだけど、
この店でまさかの無難な料理のセレクトが面白かった。
そして、3時間程ベラベラしゃべりながら飲んで食べたのも終了〜。
この間、お店はずっとお客さんが入れ替わり来て
ほぼ満席状態だった。
コストパフォーマンスもよく、この状態は本当に納得。
もちろん私も大満足状態。
そしてお店を出て、
「軽く1時間ぐらい飲もう」と新大久保駅近くの世界の山ちゃんへ。

10/17山ちゃんセット

あんなに食べたのに、こんなにガッツリつまみを注文。
どて煮は餅入りだし・・・。

10/17手羽先

当然、山ちゃんへ来たのだから手羽先も食べる。
飲みだけのつもりが、こんなにガッツリでいいのだろうか。
もう食べ盛り、育ち盛りじゃないのに・・・。
当然、この夜で成長しましたね。みんな横へと。

千里香
電話:03-5338-6918
住所:東京都新宿区百人町1-17-10 細野ビル2F
営業:11:00ー5:00
定休日:無休

今日の川柳〜
ここの串 食べ続けるも まだ飽きず
| エスニック・焼き肉 | 16:47 | - | - |
ジンギスカン ゆきだるま中野部屋@中野
先週、馬券が負けてぐったりしているところへ
追い討ちをかけるかのように「3連単20万馬券をゲット!」と
メールを送ってきた友人に羊の肉をご馳走になることに。
場所は中野駅南口を出て中野通りを直進し、
五差路のところにある『ジンギスカン ゆきだるま中野部屋』。

ゆきだるま看板

右手を歩くと、こんな看板が出ているので
このビルの2階。
こちらのお店、以前テレビで観たことがあって
ジンギスカン好きとしては1度来てみたかった。
しかも元相撲取りの方がやってるお店というのも気になってて。

ゆきだるまビール

ペーパーエプロンを装着して準備OK。
焼く気マンマンで生ビールを飲む。

ゆきだるまジンギスカン

ひとまずジンギスカンセットを2人前注文。
こちらのお店のお肉は、
味付けしてあるのと、そうでないのの両方がある。
と、いうことで両方を1人前ずつもらうことにした。
お店の方から、肉が新鮮だから焼きすぎないようにと。
たしかに味付けしていない肉を見ると、いい感じ。
各自にタレと岩塩が用意されていて、塩もおすすめと言われたので
まずはこの味付けしていない方を塩で食べてみる。
厚さ加減もいいし、お肉もおいしい。
タレにつけても食べてみたけど、オリジナルの味付けもよかった。

ラムタン焼く

そしてタン好きな友人のリクエストにより、ラムタンも焼くことに。
こちらのお店は七輪で各自が焼くのだけど
火力がものすごく、あっという間にタンが焼けてしまった。
焼きしゃぶか!というくらいあっという間に。

味付けラム肉

その後は、味付けしてある方のお肉を焼く。
漬けダレとは、また違ったタレのような感じがした。
ちょっと甘めで、しっかり味がついているので
これを更に漬けダレに漬けるとちょっとしょっぱすぎる。
このままがいい感じ。
それにしても、こちらのお店は炭の火力が凄すぎる。
私は、焼く時に風下になりがちだけど、
この日は更に追い討ちをかけて、油もバシバシ飛んでくる。
ペーパーエプロンを通過して若干服にもついてしまったくらい。
そのため、
焼きながら写真を撮ることなんてとてもできる状態じゃない。
当然、ゆっくり話しながら食べて飲んでができない。
ひたすら焼いて食べることに専念しないと。

ゆきだるま鮭とば

一通り肉を焼き終えたので、
おつまみにと頼んでいた鮭とばをつまみながらビールを飲む。
炙られて出てきたのに、すっかり硬くなってしまった。
なので、ジンギスカンの鉄板でちょっと炙って食べる。
それはそれでいい感じ。
こちらのお店、実は食べ放題飲み放題のセットが2種類あって
たぶん多くのお客さん達は
3,980円の方のセットを頼んでいるんじゃないかなと思う。
実際私達も、注文する時に悩んだ。
ビールをガンガン飲むことを考えたら
3,980円のセットの方がお得なんじゃないか、と。
でもセットはご飯もついてくるし、つけ麺もついてくる。
それらがいらないので、通常メニューからオーダーした。
でもこちらにして私達には正解だった。
ジンギスカン食べたい!という欲求を満たしてくれる
おいしいお肉だった。
それと一緒いただくビールはおいしい。
サッポロというのもナイスポイント。
でも・・・油がガンガン飛んで熱いし、
そんな状況で焼くので結構体力を消耗する。
なので、食べ放題は90分と書いてあったけど、
90分をお店にいられないと思う。
実際私達は1時間程でお会計をしてもらった。
週末ということで、入れ替わり立ち替わりお客さんが来ているのは
おいしいからの人気の証だと思うけど、
もう少し加減が良かったらな・・・と思いながらお店を後にした。
油と格闘して疲れた後は、大好き焼きとん屋で飲んでから野方へ移動。
毎度のパターンで焼酎場ぁ〜くんちゃんへ。

焼酎村主

ゆったりと友人おすすめの麦焼酎村主を飲みながら、
マスターのくんちゃんから恐竜のことをいろいろと教えてもらう。

ジンギスカン ゆきだるま中野部屋
電話:03-3380-8321
住所:東京都中野区中野3-33-20 五差路ビル 2F
営業:17:00ー24:00
定休日:無休

今日の川柳〜
うまいけど 飛び散る油 痛すぎる
| エスニック・焼き肉 | 11:33 | - | - |
千里香@新大久保
世界は広い。
まだまだ食べたことのない料理がたくさんある。
今回行ったお店は「廷辺料理」を出すお店。
場所は新大久保駅から大久保駅方面へ歩いて2分ぐらい歩くと左手にある。

千里香入り口

階段を上がった2階にあるお店『千里香』。

千里香階段

新大久保と言えば、コリアンタウン。
過去に何度も、新大久保で韓国料理を食べた。
韓国料理以外にもタイ料理のおいしいお店にも行ったし。
でも今回のこのお店は「廷辺料理」なるもの。
そもそも廷辺ってどこだか知らなかった。
中国の吉林省に位置する朝鮮族の自治州らしい。
あまり地理は得意でないのだけど、
なんとなく「このあたりかな?」と想像。
廷辺料理、中華料理というのがこのお店。
まずは日本の生ビールで乾杯。

千里香ビール

ジョッキの陰で全部写っていないけど、
大根のキムチ、もやしのナムル、煎ったピーナッツがお通し。

千里香豚の耳

まずは豚の耳を食べながらビールを飲む。
豚の耳を食べるのも、かなり久しぶり。
相当昔、台湾料理ばっかり食べに行ってた時期がある。
その時に、豚の耳を初めて食べた。
でもこちらのお店の豚の耳は、その時の台湾料理とは違った。
大きく厚めにカットされた耳と
キュウリ、ネギ、青トウガラシがなどと一緒に
見ての通り、辛い味付けとなっている。
当然のことながらとても辛い。
ヒーヒー言いながらビールを飲み、食べる。
青トウガラシを一緒に食べてしまった日には、
口から本当に火を吹いてしまうかと思うぐらい。
気分はゴジラ。
でもとってもクセになるおいしさ。
ビールに合うのはもちろんだけど、
ちょっと口の中を緩和するべく米マッコリにチェンジ。

千里香米マッコリ

グラスではなく1000mlの方を頼んだので
てっきり酒屋で売ってるボトルのまま登場するのかと思った。
そうしたら、こんな入れ物で登場。
すべてプラスチックだけど、この方が気分も出てうれしい。

千里香串焼き前

そして、今回のお目当ての炭火串焼き。
目の前の七輪に炭がセットされて、焼く台みたいなのもセット。
羊、牛、豚、鶏などがあるけど、今回はひたすら羊のみを。
これ2本ずつ、3種類の味付けを注文したのだけど
一緒にこうやってお皿に並べられて登場すると
どれがどれだかさっぱりわからない。
シルクロード味、延辺風味、辛口味の3種類。

千里香串焼き

どれがどれだかわからないけど、1種類ずつ3本焼くことに。
炭の上にセットされた枠に乗せて焼く。
この上に、もう1段枠があって
焼けた串をおいておくと、
冷めずにキープできるという素晴らしいセット。
私、このセットが相当気に入りました。
考えた人に会ってみたいと思う程に。
そして肝心の串焼きはというと、うまい!
いろいろな香辛料が混ざった物が表面についているのだけど
明らかに違うのは、辛口味の串。
他の串よりも断然辛い。
3種類どれにも共通するのは、クミンが効いているということ。
それと白ゴマもまぶしてある。
羊料理があるということや、クミンが使われているということで
モンゴルやインドなどの流れもくんでいるのだろうな、と想像。
だから串焼きの味付けにも、
シルクロードなんていうのがあるのだろう。
シルクロードと廷辺の串の差が微妙だけど、
「廷辺の方がちょっとおいしいね」という結論に至った。
この後気に入った味付けの串を追加し、更に羊肉のスジも追加。
メインイベントの串焼きをこれでもか!と堪能。
スジ以外はすべて一串157円。
新大久保で韓国料理やタイ料理食べると
「結構高いよな」という印象だった。
実際、韓国の友人も「日本の韓国料理のお店は高い」と言ってた。
でもこちらのお店は、もちろんちょっとお高めの料理もあるけど
全体的に、新大久保にしてはリーズナブル。
だからか、気がつけばあまり広くない店内だけど満席状態に。
しかも現地出身者らしき20代ぐらいのグループもいたりして。
年齢も国も入り交じった店内での初めての「廷辺料理」に大満足。
鍋もおいしいらしいので、またぜひ行きたいと思う。

千里香
電話:03-5338-6918
住所:東京都新宿区百人町1-17-10 細野ビル2F
営業:11:00ー5:00
定休日:無休


千里香 ホルモン / 大久保駅新大久保駅西武新宿駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

| エスニック・焼き肉 | 17:43 | - | - |
カリカ@練馬
もう2〜3年ぶりの来訪となるインド料理店『カリカ』へ。

カリカの店先

ここは全くどこの駅からも近くなく、
しいて言えば西武池袋線の練馬駅が近いかなというぐらい。
歩いたら15〜20分ぐらいかかると思うけど、
目の前の通りをバスが通っているので不便ではない。
最初は、偶然前を通ったので気になり入ってみた。
その時食べたこちらのお店のナンがとてもおいしく、
そしてお店の方がとても感じがよかったので好印象。
以前はとっても細長い一軒家状態だったけど、
ある時横幅が拡大していた。
なので1階席が広くなったけど、
空いていたので、せっかくだし調理場の前のテーブル席に座った。

カリカでビール

やっぱりインド料理屋へ来たからにはインドのビールを。
と、言いつつ片方はネパールのビールなのだけど。
おつまみに、

カリカのおつまみ

パパドを出してくれた。
何度も食べたことある物だけど、実は今回初めて名前を知った。
ウルド豆から作られたインドのうす焼きせんべい。
ちょっとだけピリっとするのが、ビールに合ってておいしい。
カレーの方はというと、
お店の1番人気だというほうれん草とタンドリーチキンのカレー。

ブラウンマサラ

これは定番のメニューに載っていたのだけど、
おすすめはコルクボードに貼ってある。
せっかくなのでその中からエッグマサラを注文。

エッグマサラ

ちょっと手を付けた後の写真になってしまったけど、
上の白いクリームは花の形になっていた。
そして、ナンを。

カリカのナン

大きさは同じなのだけど、以前よりちょっと薄くなった感じ。
まあこういうご時世だし、なんと言っても場所があまりよくないので
いろいろと大変なのだろうな、とちょっとしんみり。
今回お店の人は、サービスをしてくれる男性と
調理をしている男性の2人。
調理している男性は日本が長いようで、日本語もとても上手。
料理のことを聞くと、親切丁寧に説明してくれる。
学生の時バイトしていた同じフロアに、インド料理屋があった。
そのお店のインドの人達もみんな日本語が上手かった。
チーフなんて巨人好きというすっかり日本人のような人だったし。
自分が逆の立場だったらと思うと、
インドの人ってやっぱり頭いいんだな、と思うところ。
肝心のカレーはというと、辛さをあえて指定しなかったので
どちらもそう辛くはなかった。
でもここのカレーはとてもコクがあっておいしい。
今回食べた2つでは、
1番人気だというほうれん草とタンドリーチキンのカレーがお気に入り。
普通のチキンカレーと違って、
焼いたタンドリーチキンならではの香ばしさやスパイシーさが加わって
一粒で二度おいしいっていう感じもした。
本当はカレー以外にも
シシカバブなどを食べながらビールを飲みたかったのだけど
今、マクドナルドで期間限定でフィレオフィシュが100円で販売している。
夕方、フィレオフィシュ好きのためつい食べてしまったので、
ちょっとおつまみ類までたどりつくことが出来なかった。
また次回ということで。
と思ったのだけど、なにやら初めて聞く名前のデザートを発見。
即注文。

ラングーラ

ラングーラというインドの代表的デザートらしい。
お店の人に聞いてみたら、家で作って食べるというお菓子ではなく
お店で食べる物らしい。
牛乳を搾ってカッテージチーズのようにしてから、スパイスを加え丸くして
油で揚げるのだかして、砂糖のシロップをかけて食べるお菓子だとのこと。
家へ帰ってきてネットで調べたら、
クラブジャムという名前で同じような物が載っていた。
でもこちらのお店ではラングーラ。

ラングーラ断面

半分に割ってみると、真っ白じゃなくちょっと黄色いので
牛乳が元だとはとても思えない。
それにしてもこれ、ものすごく甘い。
更に砂糖シロップもかかっているし、
とてもじゃないけど飲み物なしでは私にはちょっと無理。
と、いうことでほっと一息にチャイを注文。

カリカのチャイ

丁寧に入れてくれて、濃さもちょうどよくおいしかった。
これを飲んで心も口の中もちょっとほっとする。
それにしても、ものすごい甘さのデザートだった。
でも日本で出されるカレーは、
日本人好みに辛さを控えめにしているのだろうから
本場ではこれぐらいの甘さじゃないとデザートにはならないのかもな、と
行ったことのないインドを想像してみた。
ちょうど閉店の23時にお店を出ようとしたら
テイクアウトの電話がかかってきた。
お店の人曰く、一応23時までだけど
お客さんがいればずっとお店はやっているからと言っていた。
でも閉店時間のテイクアウトにも対応したりと大変だなと思う。
この近隣にしてはちょっと気持ち高いかな?と思うところもあるし、
駅からも近くない場所だけど、
食べやすいカレーでおいしいし、
とにかくお店の人がとても感じいいので

カリカの看板

この看板とピンク色の一軒家を目印に
ぜひ近場の人は行ってみてくださいませ。

カリカ (旧店名 シャネパンジャブ)
電話:03-6766-8855
住所:東京都練馬区豊玉中3-21-10
営業:11:00ー14:30/17:00ー23:00
定休日:木曜日

今日の川柳〜
のんびりと カレーを食べる 居心地が


カリカ インドカレー / 練馬駅桜台駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

| エスニック・焼き肉 | 11:35 | - | - |
トォンデジ@渋谷
あと、もうちょっと鉄道の旅話しがあるのだけど、
またしても別のネタで・・・。
渋谷で、今度の仕事のチーム決起集会。
というのはちょっと大げさで、
プロデューサー、カメラマン、デザイナーという3人で飲むことに。
場所は韓国料理のお店『トォンデジ』。

トォンデジ外観

プロデューサーの方の会社から近く、そして私は初めてのお店。
なので、料理は全てプロデューサーの方におまかせで。
ひとまず乾杯のビールで勢いをつける。

渋谷ハートランド

ビールがハートランドというのが、
韓国料理屋っぽくないけど個人的にはうれしい。
そして韓国海苔に、

渋谷キムチ

白菜キムチに、

渋谷レバ刺し

レバ刺しと、

渋谷ナムル

ナムルも頼んで、

渋谷韓国料理つまみ

なんだかわからないけど、内臓のどこかを茹でた物らしきおつまみ。
これらが最初に一気にテーブルへ登場。
どれから食べたらいいのか悩むという贅沢状態。
レバ刺しはピカピカ光っていて、とってもおいしそう。
ショウガの千切りと、おろしニンニクが添えられている。
ゴマ油&塩という最強コンビにつけて食べて、満足満足。
そして一緒にハートランドを飲めば、極楽極楽。
そしてどこだかわからない内臓を茹でたらしき物が、
これまたさっぱりしていておいしい。
すっかりお気に入りに。
キムチは激辛という訳ではなく、誰でも食べやすい辛さ。
そして、

渋谷チヂミ

やっぱりこれもビールにはぴったりね、というチヂミ。
たまにちょっと酢が強めのタレがついてくるお店もあるけど、
こちらのタレは、そういうタイプではなかった。
やっぱり粉もんはええですな〜と思いながら、ハートランドで極楽。
そしてガッツリと、

渋谷プルコギ

お店の人が焼いてくれたプルコギを食べながら、今度はマッコリを。
大きなハチに入って出てきて、
でっかいレンゲで湯飲みみたいな入れ物へ取り分ける。
以前、韓国の友人に聞いたのだけど、
韓国ではマッコリは年寄りが飲む物という位置づけらしい。
でもこちらのお店の女の子に聞いてみたら、
普通に飲みますよ、とのこと。
韓国の友人よりも、お店の女の子の方が若いけど
やっぱり住んでいる国でも違うんだろうな、と思ったりした。
私はマッコリ好きなので、ぜひ本場で飲んでみたいと思っている。
そして、このプルコギがまたマッコリに合って韓国気分を増長。
適度な甘さ加減のタレに、
私が好きな韓国春雨もしっかり入っていておいしかった。
最初に頼んだ韓国海苔やナムルなどを、チビチビつまみながら
更にマッコリを飲んで、話しには花が咲きっぱなし。
話しの花が咲き乱れているので、お店を変えて更に飲む。
実は、カメラマンの方と私はこの日が初対面。
だけどすっかり3人で話しも盛り上がり、本当に楽しい飲みだった。
楽しすぎて飲みすぎて、二軒目の後半は
もうなにを話したのか記憶にない。
気がついたら家でアイスを食べていた。

韓国食堂 トォンデジ
電話:03-3770-2939
住所:東京都渋谷区桜丘町16-7
営業:ランチ 11:45ー14:00
   ディナー 18:00ー23:50(L.O.23:15)
定休日:無休

韓国食堂 トォンデジ 渋谷店韓国料理 / 渋谷駅神泉駅代官山駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0


今日の川柳〜
重なった 出会えたご縁 うれしくて
| エスニック・焼き肉 | 23:00 | - | - |
ワンタイ タイレストラン@京橋
予定していたイベントが諸事情により延期になったので
それに参加予定だったメンツ4人で飲むことに。
まずは飲むというより、おいしい物を食べに行く。
それが今回のタイ料理のお店「ワンタイ タイレストラン」。
京橋はさっぱりわからないので、まずは明治屋の前で待ち合わせ。
明治屋から歩いて2〜3分の所で、ビルの地下にあるお店。
階段降りると、香辛料の香り。
久々のタイ料理への期待でテンション上がる。
まずはタイ料理といえば、お約束でビールはシーハーを。
やっぱりこれ飲まないとね。
この日はタイスキを食すのがメインだけど
その前にちょっとビールに合う料理も注文。
私の切なる願いでヤムウンセンを。
元々春雨好きな上に、この辛く
そしてパクチーの香りと味わいが合わさったこのサラダは
タイ料理食べに行くと必ず注文。
このお店のヤムウンセンもおいしくて大満足。
パクチー不得意の友人もおいしいと言っていた。
そして「肉で辛いのが食べたい」という友人のリクエストにより
メニューの名前は忘れたけど、鶏肉をカレーで炒めた物を。
出てきた料理は、チキンカレーがお皿にのったような感じ。
見た目よりもマイルドで、しかもおいしい。
食べたとたんすっかりみんなのお気に入りに。
ご飯にかけて食べたいというようなおいしさ。
これからメインのタイスキがあるので、米はやめておいて・・・。
そして4人揃えばワイワイと楽しい鍋の登場。
今回は3人前を4人で食す。
といっても、かなりのボリュームがある具材達が登場。
てんこ盛りの野菜も、しなっとなってたくさん食べれるし
鍋は楽しくおいしくて良い。
魚介の団子やイカやホタテ、海老に鶏肉と
種類も豊富な具材をスキスキして、
ケチャップ味のようなタレにつけて食べる。
別に出てきたパクチーと唐辛子つぶしたような物も入れて。
私は特にパクチーの味満載の、魚介のすり身団子がお気に入り。
それ以外ももちろんおいしくて大満足。
本当は最後に、麺とかを食べるところだけど
すでに飲んで食べて、みんなお腹がいっぱい。
今回は残念だけどここまでで。。。
場所柄、会社帰りの人達で年齢層高めだし
こじんまりした店内だけど、新大久保とかのタイ料理のお店とは
またちょっと違う雰囲気だった。
ナイス店セレクトで大満足。
10年以上前、タイスキ流行った時はすっかりハマッて
週1で食べていたような記憶が。
その時に戻ったような感じ。
おいしかった〜。

ワンタイ タイレストラン
電話:03-3535-0340
住所:東京都中央区京橋2-6-19 溝口山陽ビル B1F
営業:月〜金 11:30ー14:30(L.O.14:00)
       17:00〜23:00(L.O.22:15)
   土   17:00〜21:30
定休日:日曜・祝日

今日の川柳〜
久々の タイスキうまく 楽しくて


ヤムウンセン 大好きヤムウンセン
鶏カレー炒め これ、おいしかった
タイスキの野菜 この野菜達と
タイスキの具 この具材で
タイスキ タイスキ食す
| エスニック・焼き肉 | 14:29 | - | - |
マナカマナ@鷺ノ宮
ある時、入ったことないけど1度は行ってみようと思っていた
韓国料理屋がなくなっていた。
その後、インドネパール料理という看板のお店ができる。
それが「マナカマナ」。
竹よしの常連さんから
「おいしいかったよ」という話しを聞いていたので
ちょっと行ってみることに。
西武新宿線鷺ノ宮駅、北口を出て
線路沿いをちょっと新宿方面へ戻り、
かりんとう屋さんの所を左折してすぐ。
中へ入ると、4人掛けのテーブル席が5〜6ぐらいある。
意外と中は広い。
まずはビールを飲むことに。
やっぱりこういうお店に来たら、その国のビールを飲まないと。
キングフィッシャーと、ネパールビールなる物
両方飲んでみたけど、私はキングビールの方が好きだった。
もちろんカレーは食べるけど、まずはビールに合う物を注文。
ネパールサラダとアルアチャール、それとタンドリーチキンを。
ネパールサラダは、大量のきゃべつの千切りが主で
そこにスパイシーなドレッシングがかかっている。
ワサワサ虫になったような気持ちでガシガシ食べてビールを飲む。
シンプルなサラダだけど、なんだかおいしい。
アルアチャールは初めて食べる料理。
メニューにはじゃがいも、ゴマ、スパイスの
ネパール風あえ物と書いてある。
これが思いの外おいしくかった。
見た目はカレー味のじゃがいもといった感じだけど
所々に見える黒いツブツブのスパイス。これがいい感じ。
いろいろなスパイスが合わさった、初めての味にすっかりご機嫌。
お店の人に、この黒いツブツブの正体を質問して
おしえてもらったのだけど、一晩寝たらすっかり忘れてしまった。
3歩いたら忘れる鳥並の脳みそなり。。。
まあ、また行った時に食べてまた聞けばいいかな。
今度は忘れないように、ちゃんとメモをしないと。。。
そして定番のタンドリーチキン。
焼きたてのアツアツを、ハフハフしながら食べる。
ビールと一緒に。
これがおいしくない訳がない。
スパイスの加減も私にはピッタリでとってもおいしかった。
そして最後にカレーを食べることに。
初めてのお店だから、大好きなバターチキンカレーを注文。
私の中では、バターチキンカレーは六本木のモティ。
モティで初めて食べた時に、
この濃厚でカロリーの高い味にやられてしまった。
比較してはいけないのだけど、
ちょっとこちらのお店のはトマト味が前に出すぎていて
バターのこってり感が抑えめだった。
ちょっと好みと違って残念だったけど、
他のカレーは好きなタイプかもしれないので次回のお楽しみに。
お値段もリーズナブルだし、
なんと言ってもお店の方が親切で丁寧なのがすばらしい。
やっぱりお店の方が素敵だと、
それでおいしさが更にアップすると思う。
そして、来てよかったなとしみじみ思える。
また行ってみよっと。

今日の川柳〜
人柄と 素朴なサービス 味とな


ネパールビール その国のビールを
ネパールサラダ ネパールサラダ
アルアチャール アルアチャールなる物
タンドリーチキン ビールに合う
バターチキンカレー バターチキンカレー
| エスニック・焼き肉 | 16:00 | - | - |
ケララバワン
毎日暑いから「喝!」入れようと思い、
昨日の昼ご飯、前から気になっていたインドカレー屋へ食べに行くことに。
あまり遠くないのだけど、
暑すぎて車で食べに行くことがすでにダメダメ。
すみません、ご飯食べるだけなのに二酸化炭素まき散らして。。。
大江戸線と西武池袋線が通る、
練馬駅から歩いて2〜3分の所にある「ケララバワン」。
練馬にうまいホルモン焼き屋があるというのを聞き、
ネットで検索していたら、練馬つながりでたまたま見つけたところ。
この店が好きな人のブログを読んだら、とても惹かれてしまった。
外観は、よくありがちな街のインド料理屋さんといった感じ。
中へ思い切って入ってみると、ちょっとリゾートっぽいような感じ。
たぶん籐の椅子がそう思わせるのかもしれない。
でもこの椅子が大きく、ゆったりと座れていい感じ。
テーブルも気持ち高めで、インド料理食べるにはいい高さ。
ランチのセットはいくつかあるのだけど、
2種類のカレーが選べるBセットを注文することに。
ナンも食べ放題だし。。。
カレーはチキン、マトン、サンバル、キーマ、エッグ、野菜の中から選ぶ。
マトンカレーが好きなのだけど、
今回はキーマが食べたいのでマトンはやめておいて、もう1つはサンバルを。
ランチはドリンクも付くらしく、アイスコーヒーとアイスティーが選べる。
もちろんアイスティーを。
それは、インド料理なんだからチャイが出てくるだろうと思い。
他にもライス、サラダがついてBセットは¥840なり〜。
場所柄かお手軽なお値段。Aセットは¥700だし。
待っている間、テーブルのビニールシートの下に敷かれた
インドの地図を見て楽しむ。
地図ってわざわざ取り出して見ることは少ないけど
見始めると楽しいので、貼ってあったり置いてあるとつい見てしまう物。
あまりインドをまじまじと見ることはないので、
つい楽しくてじーっと見てしまった。
そうしているうちに、まずはサラダが登場。
しばらくしてからカレーセットが。
サンバルは豆と野菜のカレーなので、大根も発見。
さらっとしていて、豆もやわらかめな感じ。
キーマもあっさりしていて、
今まで食べたキーマの中では1番辛くなかったかも。
辛さは希望を言えば調節してくれるようだけど
まずはお店がそのまま出してくれるのを楽しんだ方がいいかと思った。
私はバターチキンカレーが1番好きなので
そのこってりに慣れてしまっていたからか
全体的にあっさりした印象だった。
ここは南インド西部、ケララ州の料理を扱うインド料理店らしい。
インド料理は以前から好きでよく食べるけど
あまり、どの地方の料理かというのを意識したことがなかった。
ネットで見た情報だと、
ディナーメニューにある、豆と米をペースト状にして焼いた
インド風クレープのドーサという物が楽しみで食べにみな来るらしい。
ディナーメニュー見ると、いろいろあるので
今度は夜にきてドーサやタンドリーチキンなどを、
ビールと一緒に楽しみたいなと思った。
禁酒期間が終了後。。。
ナンも半分おかわりしたし、ライスも意外と量が多くお腹は満腹状態。
チャイもあまり甘すぎずに、食後に合っていた。
お店の人も、やさしい感じの人達でゆっくりできる所だった。

ケララバワン
電話:03-3991-5218
住所:東京都練馬区豊玉北5-31-4 松村ビル1F
営業:ランチ 11:00ー15:00
   ディナー 17:00ー23:00(ラストオーダー22:30)

今日の川柳〜
世界中 カレーはみなの 共通食


2種類カレーセット 暑い時はカレー
| エスニック・焼き肉 | 17:15 | - | - |
ロイヤルホストのカレーフェア
家から車で10分弱行った所にあるロイヤルホストで
昔からの友人が働いていることを、2年ぐらい前に知った。
たまに昼ご飯を食べに行ったことがあるのだけど
前回行った時に「今度、カレーフェアあるからおいでよ」と言われた。
あまり近所にロイヤルホストがあった環境でないので知らなかったのだけど
もう何年も続いている夏のフェアらしい。
そう聞いた後に、朝日新聞の広告にもそう書いてあり納得。
後でネットで見たら、もう今年で26回目になるらしい。
それはそれは、1度は食べてみないといかんわな。
友人からもらった社員割引券を使って食べようと、こっそり出掛ける。
カレーフェアというだけあって、何種類もある。
以前、友達と麻布十番のモンスーンカフェに行った時に
2軒目だというのにカレーを頼んだ。
その時、一緒についてきたデニッシュをぺったんこに潰したようなパンが
とてもおいしかった。
初めて食べたこともあり、名前がわからず・・・。
それが今回、ロイヤルホストのカレーフェアに行き名前判明。
「パロタ」というパンらしい。ナンと同じっていうことなのだろう。
これはぜひ!と思い、パロタが付いてくるセットを頼むことにしよう。
「アロマターリ」と「マハラターリ」というセットには両方付くらしい。
「アロマターリ」はカレーが3種類付いてきて
「マハラターリ」は3種類の中から、2種類を選べるというセット。
お腹具合から、2種類で充分なので「マハラターリ」を注文。
チキン、海老、野菜の中から2種類選ぶということなので
チキンと海老をお願いする。
その他にも、カチュンパルという野菜サラダのような物か
アナナスというパイナップルに黒胡椒と塩をかけた物の
どちらかも選べる。ひとまず今回はカチュンパルに。
ドリンクも付いてきてラッシーかドリンクバーのどちらかを頼める。
迷わずドリンクバーに。
それは嫌いな物がほぼない私の中で
あまり得意でないのがヨーグルトだから。
いろいろ選ぶ物があって、とっさに答えられず困るもなんとか注文完了。
しばし待つと「マハラターリ」登場。
ちょっとメニューの写真よりも、豪華さが控えめかも・・・。
なにが違うのかわからなかったけど、家に帰りネットで写真見たら
トレーの上に敷いてある紙の大きさが小さく、
トレーの銀色が目立っていたからだと判明。なるほど。。。
私はインドカレーの中で、バターチキンカレーが大好き。
今回はチキンでなく海老がバターエビカレーだと書いてある。
色もまさしくバター系の色で、味もたしかにマイルドでおいしい。
ご飯でなく、まずはパロタと一緒に食べる。
パロタもデニッシュのようで甘いので、両方ともソフトな口当たり。
ご飯と一緒に食べたけど、パロタとの方がやっぱりおいしかった。
次はブナチキンカレーを食べる。
エビとは一転、辛い。
ご飯ともパロタとも合わせて食べてみる。
ブナチキンカレーは、ナンとの方が相性いいんじゃないかな、と思った。
お口なおしにもなるカチュンパルも食べたりしつつ
あっという間に「マハラターリ」終了〜。
ロイヤルホストは洋食屋から始まったらしいだけあって
全体的においしいけど、
ファミレスのカレーは内心ちょっとどうかな・・・と思っていた。
でも26回も続いているだけあっておいしくて、満足。
もちろん本格的なインドカレー屋さんとは比べたら
ちょっとかわいそうかな、というところはあるけど
それはそれ。これはこれ。
急にインドカレー食べたい時に
ファミレスでこの味で食べれるなら、
インド料理屋さんよりお手軽価格だし、すぐに行けるしでいいなと思う。
なによりもパロタが食べれて、満足満足。

今日の川柳〜
パロタとナン 両方付いて 食べたいな


ロイホカレーフェア これがマハラターリ
| エスニック・焼き肉 | 00:50 | - | - |
| 1/2PAGES | >>

Ferretアクセス解析