CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CATEGORIES
                
ARCHIVES
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ
邪宗門@荻窪
コンタクトレンズを買いに荻窪へ。
毎度のことだけど、ちょっと動いただけで小腹が空く。
燃費悪い女。。。
と、いうことでちょっと喫茶店へイン。

邪宗門外観

前々から気になっていたお店へ。機会を狙っていた。
ドアを開けると、目の前には急な狭い階段がある。
客席は2階だけらしい。
ドア開けるとすぐ右手に、
コーヒーいれたり調理をしたりのスペースがある。
そこに髪が真っ白で、
とても上品で優しい面持ちのおばあちゃんが1人いた。
オーダー取りに、この目の前の階段を上って降りては申し訳ないので、
階段上がる前にオーダーをお願いすることにした。
小腹を満たすためのホットケーキがないとのことなので、
バタートーストと邪宗門ブレンドをお願いする。

邪宗門店内

階段上がってすぐの席が2つ空いていた。
私の後に、女性が来て店内は満席になった。
1人や2人で来ている人達。
最初、隣のボックスにいたおじさんが、
ずっとしゃべっていてうるさかったけど、
その人が帰ってからはジャズの流れる静かな店内でゆっくりできた。
(やや隙間風が寒かったけど)

邪宗門コーヒー

そしてオーダーした物が到着。
ベーシックな飲みやすいコーヒーにほっとする。
トーストも熱々ってほどじゃないけど、一口食べるごとにほっとする。
きっと、それもこれもこのお店の雰囲気と、
お店のおばあちゃんから伝わってくるものだと思う。
チェーン店系のお店とは対局の、
好き嫌いがはっきりするタイプの邪宗門。
もちろん私はすっかり気に入った派。
帰る時もドア開けて見送ってくれたおばあちゃん。
いつまでもお元気でいてくださいね。
また伺わせてもらいます。

荻窪 邪宗門
電話:03-3398-3411
住所:東京都杉並区上荻1-6-11
営業:15:30位ー21:00
定休日:不定休
| カフェ・喫茶店 | 11:18 | - | - |
トラットリア レモン@御茶ノ水
先日、何年ぶりかで御茶ノ水へ。
せっかくなのでコーヒーでも飲んで帰ろう。

レモン屋外観

ということで、おすすめしてもらった
レモン画翠系列のお店『トラットリア レモン』へ。
カフェタイムだったようだけど、時間的に外の席に1グループと
店内にパラパラとお客さんがいるだけだった。

レモン屋店内

外も雰囲気あるけど、
店内のこの落ち着いた感じがすっかり気に入ってしまった。

レモン屋のケーキセット

せっかくなのでケーキセットを注文。
ケーキは席まで持ってきてくれた、4種類の中から選ぶ。

レモン屋のケーキアップ

りんごのクラフティに決定。
りんごの他に、ベリー系が2種程入っている。
カフェのケーキという感じのやさしいおいしさ。
illyのコービーとも合う。
コーヒーもケーキもおいしかったけど、
こちらのお店、とっても雰囲気がいい。
さすがレモン画翠系。
更にお店の方の感じがとてもいい。
カフェや喫茶店って、そういうのが1番の重要ポイントだと思う。
御茶ノ水って、ほぼ用がないので次回はいつになるかわからないけど、
また行きたいな、という素敵なお店だった。

トラットリア レモン
電話:03-3295-0430
住所:東京都千代田区神田駿河台1-5-5 レモンビル1F
営業:ランチタイム  11:00〜14:45(L.O)
   ティータイム  14:00〜16:00(L.O)
   ディナータイム 17:30〜21:00(L.O)
定休日:日曜日
| カフェ・喫茶店 | 23:10 | - | - |
Cafe&Meal MUJI南青山
私の人生、
カフェと名のつくところへ行くことがほとんどない。
世の中の女子の多くはカフェが好きなのだろうけど・・・。
少し前のことだけど、猛暑まっただ中に青山へ行く用があった。
まだギラギラと陽が差している真夏の夕方。
用は澄んだ。
しかも喉は渇いている。
となると、ビールを飲みつつ小腹を満たしたいと思う。
で、目に入ったのが

青山無印外観

『Cafe&Meal MUJI南青山』。
無印良品のカフェとベーカリーショップ。
ちなみにこの写真は、小腹を満たしてお店を出た時の写真。
店内に入ると、すぐにパンコーナーがある。
ここでチョイスしたパンは、カフェスペースでも食べることが出来るし、
もちろんカフェメニューも別にある。

青山無印店内

右側が入り口で骨董通りに面している。
ケースの中のデリなどを注文し、最後のレジのところで
ドリンクを注文できるシステム。

青山無印ビール

今回はビールと、パンコーナーで選んだ
ハムとトマトが中に入っているパンをお供に。
パンとビールの組み合わせは、何気に好き。

青山無印のパン

表面にもチーズがかかって焼いてあって、

青山無印のパン断面

中には、トマトとチーズが入っている。
予想よりも中身が少ないのがちょっと残念。
でも青山でこの価格のパンなら、これが妥当なのかなと思うところ。

青山無印のパン達

持ち帰り用にも買ったけど、
どれも世の中的に普通の価格のパン達。

あんクロワッサン断面

この表面に黒ゴマがたっぷりついたクロワッサンは、
中にあんこが入っている。
ちょっと変わりダネで面白かった。
クロワッサンとしては、ちょっと違うけど
あんパンを食べるつもりだったらいい感じ。
で、そのカフェの方はというと、
パンは温めるかを聞いてくれるのがナイス。
お店の人も感じがいい。
でもビールが高すぎる。
このグラスビールは650円だったと思う。
このお店のコンセプトは「素の食はおいしい」とのこと。
なので、それに合った
身体にやさしく食べておいしいメニューを取り揃えているらしい。
だから普通にキリンとかサッポロとかのビールじゃなく
そういう路線なのだと思う。
飲みやすいビールだったけど、
これだったら普通に
キリンのビール500円にしてくれたらうれしいかな、私には。
って、私のようなのんべいは
ターゲットに入っていないのだから仕方がない。
もし次回行くとしたら、打ち合わせにいいかなと思った。
店内の雰囲気が落ち着いているし、ゆっくりできる。
女性客が多いけどうるさくないし。
ひとまず世の中の女子度を味わってみたひととき。

Cafe&Meal MUJI南青山
電話:03-5468-2368
住所:東京都港区南青山5-11-9
営業:11:00ー22:00(L.O.フード21:30)

今日の川柳〜
女子タイム 気軽にトーク そんな店
| カフェ・喫茶店 | 15:44 | - | - |
千疋屋アトレ恵比寿店@恵比寿
恵比寿の駅ビル、アトレの3階にある『千疋屋』。
なんだか無性に甘い物が食べたくなる。
しかもフルーツショップならなおうれしい!と思い
前を通ったところで吸い込まれるように店内へ。
実は甘い物が食べたいと思ったのと同時に頭に浮かんだ物、
それはワッフル。
メニューを見たら・・・ありました、ありました。
ワッフルが。
カリっと焼いた物でも、ふわっとした物でも
ワッフルと名が付くものは大好きなので。
迷うことなく即注文。

いちごワッフルセット

セットのホットコーヒーも一緒に登場。
これ、実はまだ上着を着ていた頃に食べたので
もしかしたら、今はメニューにあるのかないのかは不明。
ワッフルそのものはあるけど、トッピングのフルーツが違うと思われる。

いちごワッフルアップ

カリっと焼かれたワッフルにフルーツがたくさん。
しかも温かいワッフルに
冷たいアイスクリームが乗っているのがたまらん。
この組み合わせって、最初に考えた人は素晴らしい。
メジャーな組み合わせだと、
温かいアップルパイにバニラアイスをトッピングする魅惑のあれ。
以前、このブログに登場した
代官山の『ママタルト代官山』でも食べたあれ、あれ。
アップルパイとはまた違って、
表面カリッ!中ふんわりのワッフルをナイフでカットして
アイスを一緒に添えたら、どんどん溶けていく加減がまたよし。
口に入れて、冷たいと温かいが一緒になって無茶苦茶幸せ状態。
フルーツショップなので、当然のことながらどのフルーツもうまし。
普段スーパーで買う、見た目は似ていても
こっちはお値段違いますよね・・・というマスクメロンも
高級マンゴーもみなおいしい。
すでに夕方の、飲み始める人もいる時間帯だったけど、
店内にはパフェなどを食べる女性が結構いたし、
隣の席には30歳前後だろうなという感じのオシャレ兄ちゃんが
1人でパフェを食べていた。
やっぱり老若男女問わず、長年愛されている千疋屋。
恐れ入りました。とてもおいしゅうございました。
普段だったら、私も飲んでる組だけど
たまには、こんな夕方もいいもんだなと思ったりする程
なんだか幸せ気分いっぱいのワッフルだった。
目でも舌でも十二分に楽しませてもらいました。

千疋屋アトレ恵比寿店
電話:03-5475-8306
住所:東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 アトレ恵比寿 3F
営業:10:00〜22:00
定休日:不定休(アトレに準ずる)


京橋千疋屋 アトレ恵比寿店フルーツパーラー / 恵比寿駅代官山駅中目黒駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

| カフェ・喫茶店 | 12:44 | - | - |
椿サロンカフェ@銀座
昨年から世の中ですっかりブームのようになっている共同購入クーポン。
話題になった秋ごろから気になり、
すでに2回程買って使ってみたことがある。
年末年始ですっかり話題のグルーポン。
それで買ったクーポンの有効期限が近づいていたので、
出掛けたついでに寄ってみたのが
銀座のコリドー街にある『椿サロンカフェ』。

椿サロン店先

元々は札幌にお店があり、その銀座支店らしい。
とらふぐ亭の手前を曲がって左手にある。
ちょうど会社が終わった人達で飲み始めるかという
夕方5時過ぎにお店へ到着。
外の席に2人、中には3〜4人いるという状態で席がとっても空いている。
店内はとっても広く、天井も高くカフェというよりも
ちょっとレストランという感じにも思える空間。
カウンターを勧められたので座った。
後からぞくぞくとサラリーマンのみ20人ぐらいが来て、
真ん中の大きいテーブルで食事会らしき宴が始まった。
カフェだけど、夜も11時までの営業なので
こういう集まりで利用もされたりしているのだろうし、
隣のカップルも軽くつまんで飲んでという感じだった。
そんな中私はというと、
白樺樹液のコーヒー&たまごのロールケーキセット1,700円が
500円というクーポンを利用してのお茶タイム。
まず白樺樹液のコーヒーなるものが登場。

白樺コーヒー

これ、ものすごーく小さいカップ。
エスプレッソぐらいのカップ。
でも普通のコーヒーなので、あっという間に飲み終わってしまう。
味覚は個人差があるからなんとも言えないけど、
私は普通のコーヒーの方がおいしいと思った。
アメリカンというぐらい薄かったので。

椿ロールケーキ

そしてたまごのロールケーキセットが後から登場。
しばらくしてからの登場は、ロールケーキ上部に
ちょっとキャラメルの焦げを作ったりするからなのかな、
と思ったりもした。
真ん中のクリームは、中心部近くにしっかりのカスタードがあり
それ以外は、たっぷりと生クリーム。
本店が札幌なだけに、この生クリームはとてもおいしかった。
ミルクをふんだんに使ってコクのあるおいしさで。
だから
ちょっとだけラズベリーのソースもついていたけど、
これはいらないと思う。
せっかくのクリームがもったいない。
周りのスポンジはというと、最近流行りのふわっとした感じでなく
ちょっとキメが粗めのしっかりスポンジだった。
これ、通常の1,700円だったらたぶん食べないと思う。
せいぜい場所代も考えると、900円ぐらいが妥当かなと個人的には思う。
でも世の中の人の好みはいろいろなので、
雰囲気重視女子同士や、
そういう女性を連れて一緒に男性が行くのならいい空間だと思う。
お手洗いもキレイだったし。
通りから1本入っているので、これからの季節
外の席でお茶するのもいいんじゃないかなとも思う。
でも私は1度行ったので、とりあえずよしということで。
そう思うのは、やっぱり味と同じぐらい大事な
サービスとかお店から伝わる匂いという部分がちょっと・・・だったから。
以前、グルーポンじゃなく
別のクーポンを利用して友人と飲みに行ったことがある。
その時も今回もそう感じたのだけど、クーポン客に対して
お店の人の感じがイマイチということ。
たしかに半額ぐらいで飲食されるのは
「なんだかな〜」と思う気持ちもわかる。
でもそういうクーポンを提供すると決めたのはお店側。
だったら区別することをなくして欲しいなと思ったりもする。
それと高価なオーディオセットが、威力をはっきすることなく
インテリアとしての機能がメインとなっている姿も
個人的にはあまり好きではないので。

椿サロンカフェ 銀座
電話:03-6255-6767
住所:東京都中央区銀座7-2-17 富士ビル1F
営業:11:00ー23:00
定休日:無休

椿サロンカフェ 銀座 カフェ / 内幸町駅銀座駅日比谷駅
昼総合点★★☆☆☆ 2.5

| カフェ・喫茶店 | 14:28 | - | - |
カフェレルブ@横浜
少し前、用があって横浜へ行った。
横浜という土地には、全く縁もゆかりもなく生きていたので
あまりにも詳しくない。
でもお腹も空いたし、さっと食べて帰りましょうということで
駅前にある横浜そごうのレストラン街へ行くことになった。
一緒の人が以前行ったことあるということで
10階にある『カフェレルブ』というお店へ。
都内でもそうだけど、デパートのレストランフロアへは
ほとんど行くことがないのでなんだか新鮮。

横浜そごう10F

他のデパートはどうなのかわからないけど、
一昔前のレストランフロアとは全く違う。
いろいろ考えてレイアウトしているんだろうな、と思ったり。
お店はこの左手の緑の奥にある。

そごう店入り口

夜8時の店内は、そこそこ人がいる状態。
「お好きなお席へどうぞ」と言われたので、奥の壁際の席へ。
この席から、先程の通路の方をむいて座ったのでこんな感じ。

サービスビール

まずはと私は生ビールを。
一緒の人はアルコールが飲めないので、グレープフルーツジュースを注文。
それと一緒に、こちらのお店自慢の野菜を使ったレルブサラダと、
ちょっとおつまみにとアペリティフ盛合わせを注文。

オーガニックサラダ

「自慢の野菜と言いつつ、ただのグリーンサラダじゃないの?」という
声が聞こえそうだけど・・・。
たしかにグリーンサラダだけど、これが野菜が新鮮だし
味がとってもしっかりしていて濃いからおいしかった。
お代わり自由なので、2人で3皿も食べる。
ドレッシングもこのしっかりした味の葉物類に合う味だったのが
更においしく感じたのだと思う。
そしてアペリティフ盛合わせも登場。

サービスアペリティフ

2人でつまむのにちょうどいい量。
ちょっと塩気の強めな生ハムが
こういう暑い時のビールに合っていておいしかった。
更にパスタも食べましょう、ということで

サービスパスタ

きのこのトマトクリームスパゲッティーを。
そして一緒にバケットも。
このバケット、手作り感があっておいしかった。
ちょっとボソっとした口当たりが、ほのぼのした気分にさせてくれて。
それが小麦の味を、いい感じに引き立てているなと思った。
そしてパスタもガッツリ食べる。

spastaup

パスタには、しめじとマッシュルーム、しいたけが入っている。
個人的には、このトマトクリームがあまり濃厚ではないので
しいたけをやめてエリンギを入れた方が合うんじゃないかな、と。

今回は、アルコール飲めない人と一緒だったので
生ビールをちょっと飲んだけど、
90分で1,500円という飲み放題プランもディナータイムにはあるらしい。
だからか、ちょうど向かいに座っていた3人グループは
ものすごい勢いで、ビールをガンガン頼んでいた。
昼間は、デパートのレストランフロアなので、
スイーツにコーヒーなんていうお客さんが多いのだろう。
買い物の疲れを癒すのにいい空間だな、と思う。
オープンな空間なのに、通路側のグリーンのおかげで
ゆっくりできるような雰囲気だったし。

カフェレルブ
電話:045-534-8829
住所:神奈川県横浜市西区高島2-18-1 そごう横浜店10F
営業:11:00ー23:00
定休日:不定休 (そごう横浜店に準ずる)

今日の川柳〜
デパートで 食事をするのが 新鮮で
| カフェ・喫茶店 | 17:00 | - | - |
ガーデンカフェ 西武池袋店@池袋
池袋西武の地下2階フロアへ行くと、
いつも混でいるコーヒースタンドがある。
それが『ガーデンカフェ 西武池袋店』。
UCCの直営店で、一緒にコーヒー豆も売っている。
西武池袋線の地下改札を出て、西武へ入ってすぐにある
地下2階フロアにある『THE GARDEN』へ行く階段。
それを降りたところにある、カウンターだけのコーヒーコーナー。
席は10席程あるのだけど、タイミングによっては満席のことが多い。
デパートの地下フロアって、買い物の1番最後に寄ることがほとんど。
それは私だけじゃなく、世の中のほとんどの人の行動パターンだと思う。
だから、歩いて結構疲れていることが多い。
そんな時、前を通るとコーヒーのいい香りがする。
ゆったり座って、落ち着いて休む程の時間はない。
でもちょこっとした時間を、コーヒー飲んで休みたいという
世の中の人の疲れた足腰心へ、すーっと入ってくるのがこの店だと思う。
そんな私も吸い込まれるように、空いた椅子へ座る。
何度もこの前を通るものの、
時間がないからと泣く泣く諦めて、実は座ったのが今回初めて。
コーヒーだけのつもりが、何気にお腹も空いている。
「サンドイッチでも一緒に食べようかな」と思ったら
なんとワッフルがあるのを発見。
私、真ん中にクリーム挟んだタイプも、
カリッと焼いた代官山の『Waffle'S』のようなタイプも大好き。
基本、粉物好きというのもあるのだけど。
好き好きワッフルをみつけたからには、
サンドイッチではなくワッフル食べたいモードに頭の中がシフト。
メニューをよく見ると、ワッフルにも何種類かあって
更にハーフサイズもある。
「今の腹具合は、ハーフじゃないよな・・・」と思い、
お店の人へ、プレーンワッフルとホットコーヒーをお願いする。
そして目の前には、想像とはちょっと違うワッフルが登場。

ガーデンコーヒー&ワッフルセット

でかい!
お値段320円だったので、これの半分ぐらいかと思った。
だからなのか・・・。
ワッフル注文した時に「ハーフですか?」と聞かれたのは。
夕方6時にこのサイズを食べる人は少ないのかもしれない。
しかも、プレーンを頼んだはずなのに真ん中にアイスが乗っている。
「ラッキー!」と思ったけど、よく見たらバターだった。
ワッフルがでかければ、バターもでかい。
そのバターを、ナイフで塗り塗りすると、
ワッフルの編み目にバターが入りこんで、これが溶けるのもいい。
1枚1枚、オーダーの度にカウンターの中で焼いている焼き立て。
そして、大好きメープルシロップをドワーとかける。
やっぱりワッフルやホットケーキにはメープルシロップ必須。
なので、家にも常に常備している程。
そんな予想以上にでかいワッフルにナイフを入れると、
サクっとした感触が。
そして一口パクリ。
厚みのあるワッフルは、表面がとってもカリっと焼かれていて
中はふわっとしたアツアツ。
卵と粉の味わいがしっかりしたおいしさだった。

ガーデンワッフルアップ

このジュワーっと生地にメープルシロップがしみ込むのが
「たまらん!」という感じ。
でもこの大きさだと、ちょっとメープルシロップが足りない感が。
ちょうど隣の席のカップを下げにお店の人が来たので
半分程追加でいただけるようお願いした。
余すことなくメープルシロップをかけて、大満足。
お腹も、もちろん満腹。
コーヒーも、もちろんコーヒーメーカーだけあって
一杯一杯丁寧に入れてくれているので、バッチリ。
ワッフルもコーヒーも、オーダーがあってからなので
よくありがちなコーヒースタンドよりは、提供時間がかかる。
作り置きのコーヒーでないから、
ものすごく急いでいる人には不向きかもしれない。
でもこの両方食べて500円だか600円。
ちょっとした時間を、十分に満喫できるし
CPが高く、あなどっては行けない場所だと思った。
次回はストロベリーワッフルを食べようっと。

ガーデンカフェ 西武池袋店
電話:03-5949-5860
住所:東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本館B2階
   THE GARDEN内
営業:月〜土曜日10:00ー21:00
   日祝のみ 10:00ー20:00
定休日:西武百貨店に準ずる

今日の川柳〜
幸せの メープルしみ込む サックリ感
| カフェ・喫茶店 | 12:56 | - | - |
ママタルト代官山@代官山
代官山にあるヘアメイクさんの事務所へお邪魔した帰りに
ちょっと一休みして帰ろうと思い『ママタルト代官山』へ。
実はこちらのお店は、
1990年にオープンだというのに私は今回初訪問。
女子度低いから
「ちょっとお茶でもする〜?」ということに無縁なので・・・。
『ママタルト代官山』は、
代官山ではすっかりおなじみの家庭的手作りパイ専門店。
外観は「ガーデニングショップ?」「カントリー雑貨のお店?」
と思わせるような感じ。
そんなちょっと和み系雰囲気の建物の入り口もいい感じ。
いい具合に古くなっているところなんぞが。
1階が禁煙席で、
2階というか吹き抜けになっている階段を上がったところが喫煙席らしい。
1階は半テラス席みたいな所もあるけど、私は普通に家屋内席へ。
アメリカンカントリーという雰囲気の店内は、
ほぼ女性のお客さんでいっぱいだった。
メニューは、中高生の時に
「こういうの買って使ったな」と思い出させるようなアルバムに
写真入りで載っている。
食事系からスイーツ系まであり。
今回は初めてということもあって、スイーツ系から選ぶことに。
いろいろあって迷ってしまうけど、アップルパイに決定。
高校生の時、自分でも作ったくらいアップルパイは好き。
当時は、まだ冷凍パイシートなんぞはなく、
全て手作り状態で疲れることこのうえない。
そんな好き好きアップルパイには
生クリームかアイスクリームを希望によりつけてもらえる。
もちろんここは、アイスクリームをセレクト。
アップルパイは温めて出してくれるらしい。
となれば、やっぱりアイスだろう!と思って。
冷たいアイスに温かいアップルパイは黄金の組み合わせ。
これも、高校生の時に
当時友人から「ココスはアップルパイにアイスついてくるんだよ」と
おしえてもらったのがきっかけで知った。

アップルパイ

正解!激おいしそう!
今回は一緒にホットコーヒーも頼んだので、こんな感じで登場。

アップルパイセット

なんだか女子度満載状態。
私でもやればできるやん!って
ただ注文しただけで、私がなにかした訳ではないんだけど。。。
ホットコーヒーはポットで提供してくれる。
冷めないように手作り感満載の保温カバーがついてくる。
カバーからポットの口が出ているところが、鳥のくちばしみたい。

コーヒーポット

いや〜、すごいね。世の中の女子は。
こういうのを食べながら、女子トークをかわしているんだな・・・と
隣の席女子2人組をちらっと見てしまった。
ちなみにアップルパイは、焼きりんごパイという物もある。
今回はオーソドックスな方をセレクト。

ではアップルパイを堪能することに。
パイの中には、たくさんのりんごがギュウギュウ詰まっている。
食べごたえ満載。
火を通すことによって、
生とはまた違った食感と甘さを楽しめるのがまさにアップルパイ。
シナモンと一緒に煮たりんごのおいしいことといったらいいね〜。
軽く温められたパイと、
冷たいアイスクリームを一緒に食べた時の幸せ感は絶好調。
絶好調って広瀬香美じゃないんだから・・・。
こういう絶好調になるようなスイーツを食べると、
絶好調の恋がやってくるのかもと、向かいのカップルをちらっと見る。
こういうお店だから、さすがにカップル以外の男性客はいない。
休日ならきっとスイーツ男子がいるのかもしれないけど。
平日夕方の店内は、うるさくもなく落ち着ける。
1人で本を読んだり、仕事のことをまとめたりと
ゆっくりできる雰囲気で、たまにはこんな感じも良いかなと思った。

ママタルト代官山
電話:03-3770-0620
住所:東京都渋谷区恵比寿西2-15-9 代官山フラット1F
営業:11:30ー19:30  
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)

今日の川柳〜
たまにでも 女子度上げるは いい感じ
| カフェ・喫茶店 | 15:01 | - | - |
パーラー江古田@江古田
用があって江古田へ。
昼ご飯もまだだったので、遅いランチがてらちょっと駅から離れてみる。
以前、ネットで見て評判が良かった『パーラー江古田』へ。
事前情報によると、席数が少ないという。
まあ、天気も悪いし平気でしょ〜と思って行ったけど満席だった。
満席と言っても、カウンターが5席に2人掛けのテーブル席が1つ。
しかも外観からおわかりの通り、一軒屋カフェなので
食べたからすぐに帰りますという雰囲気ではない。
ここまで歩いてきたのだし、一緒の方と外で立ち話状態で待つことに。
お店の方から
「先にオーダー聞いておきます」と言われメニューを渡された。
なので、話しながら待っている間に決めればいいのかな?と思い
メニュー持って移動したら「パン見ながら説明しますから」と言われた。
失礼しました。。。
時はすでに14時過ぎ。
ということで、キッシュは終わったらしい。
そうすると10種類ぐらいあるパンを選んでドリンクつくだけのセット、
もしくは野菜のサンドイッチかチキンのサンドイッチしかない。
2人だったので、サンドイッチを1つずつお願いすることにした。
パンは、カウンターの前においてあるパンから好きな物を選べるとのこと。
私は新玉ネギとズッキーニの野菜サンドにした。
ハード系だけど食べたことない名前のパンがある。
でもネット状態だとカンパーニュがおいしいと書いてあったような。
なので、お店の方に「どちらがいいですか?」と聞いてみる。
「カンパーニュはちょっと酸味があるパンです」と言われた。
いや、それは知っているんだけど・・・と思いながらも
「どちらがこの野菜サンドにはおすすめですか?」
と聞いてみると「どちらでもいいと思います」とのこと。
どちらもおすすめと言うなら、
せっかくなので事前情報通りカンパーニュにしてみることに。
でも・・・新玉ネギとズッキーニにカンパーニュって合うかな・・・
と内心思いながら。
一緒の方は、全粒粉のハード系のパンをセレクト。
そして外で相当待ったので、やっぱりやめようか・・・
という話しをいたらカウンター席が空いた。
座ると「ドリンクはどうしますか?」と先程のメニューの裏を見せられる。
全体的に外観からもカフェという業務形態からしてもわかる通り
女性好みのお店。
メニューも細いペンで手書きで書かれていた。
ドリンク類もそういうラインナップ。
食後に甘い飲み物はいらないので、普通にホットコーヒーをお願いした。
ドリンクをお願いすると入れ違いぐらいに、サンドイッチが登場。
一緒にベビーリーフ、2種類のレタス、水菜をミックスさせた
葉物類が一緒に添えられている。
サンドイッチは2つに切ってあるので、2人で半分ずつ。
チキンサンドをいただく。
肉厚のもも肉とエリンギをスライスして焼いた物がはさんである。
もも肉はふっくらと焼き上がっていておいしく、
エリンギとのバランスもいい。
そしてセレクトした全粒粉のパンもこの中身に合ってておいしかった。
オーダーする時から、ある意味間違いない組み合わせだと思ったけど
予想通りのおいしさだった。
そしてもう1つの野菜サンドを。
こちらも、新玉ネギとズッキーニを
スライスして焼いた物がはさまっている。
野菜の焼き具合はいいけど、
やっぱりパンとの相性は違うかな、と思った。
せっかく焼いて甘味が増した野菜に、
あまり酸味のあるカンパーニュが合っていなかった。
カンパーニュのサンドイッチって難しいなとも思う。
クリームチーズを使ったサンドイッチだったら良いのかな、と思ったり。
食事をしている間も、外で待っている間もそうだったけど
パンだけを買いに来るご近所のおばさま方などが結構出入りしている。
それに店内にいるお客さん達も、すべて常連さん。
江古田は大学が3つもある。
学生の時の友人で、子供の頃から江古田住人がいたけど
江古田の人って地元愛が強いと思う。
チェーン店系のお店もあるけど、個人商店が多いから
飲みに行っても、こういうお店に来ても
どこをとってもアウェイ感が満載。
そこが地元の人達には良いのだろうけど、
たまにしか来ない私のような人には、
ちょっと溶け込みにくいな、と思うところ。
きっと家の近所にあったら、もっと親しみが湧くのだろうなと感じた。

パーラー江古田
電話:03-6324-7127
住所:東京都都練馬区栄町41-15
営業:8:30ー18:00
定休日:火曜日

今日の川柳〜
アウェイでも 肉厚鶏に なごむこと


江古田の外観 住宅街に存在
江古田の看板 この日の一言(?)
江古田のチキンサンド チキンとエリンギ
江古田の野菜サンド 新玉ネギとズッキーニ
江古田のコーヒー セットなのかな?
| カフェ・喫茶店 | 16:03 | - | - |
クリスティー@原宿
原宿、表参道へ仕事の資料とアイデアを探しにでかける。
歩き回って得た物を1度座ってノートに整理しようと思い
静かなお店に入ろうと思い歩いていた。
「そうだ!あそこへ行こう!」と思い出したのが
竹下通りに入り、最初の路地「ブラームスの小径」を右折して入り
すぐ左手にある、相当前から存在している『クリスティー』。
ここは紅茶のお店。
18歳頃、美容院へ行った帰りに、
ここかもう一軒の喫茶店へ行って紅茶飲みながら本を読むというのが
大人ぶって頑張っていた当時の懐かしくも恥ずかしい思い出。
平日の昼間なのに、いつ行っても若者がワンサカいる竹下通り。
そこから1本路地に入っただけで静かだし、
お店の中に入ると落ち着いて紅茶を飲めるという雰囲気。
店構えも店内も以前とちっとも変わらない。
変わったことといえば、分煙になっていたこと。
奥まった所のテーブル席に座るのがお気に入りだったけど
禁煙席は入り口すぐのところなので、今回はそちらの席へ。
夕方の店内の感じも前とそう変わらない。
女性同士がお茶しながらおしゃべりしてたり、
打ち合わせっていう感じの男性客がいたり。
以前を思い出しケーキセットをホットミルクティーでお願いする。
夕方の時間は、ケーキセットの他に
アフタヌーンティーで、サンドイッチやスコーンとのセットもある。
こちらのお店のケーキは、素朴な手作りっていう感じ。
最近のケーキのような感じではなく
喫茶店のケーキという、ある意味王道な感じのケーキ。
今回はチョコバナナかベイクドチーズケーキか迷った結果
チーズケーキに決定。
それと、ポットサービスの紅茶が一緒に。
カップと一緒についてくるあの茶こし。
これが18歳の私には、
何回やってもうまくカップの縁にひっかけられなかった。
だから、その頃はポットサービスで紅茶を出てくるとドキドキしていた。
今回も、お店で紅茶飲むことが久々なので
茶こしが今でもうまくセットできなかったらどうしよう・・・と思ったら
特に問題もなく普通にセットできた。
あの頃はなんだったのだろうか・・・。
今回の選んだケーキのベイクドチーズケーキは
甘さ控えめな感じで、紅茶にも合うしおいしかった。
やっぱりあまり甘いケーキだと
せっかくの紅茶が台無しになってしまうし。
しっかりとボリュームがあったので、
次の予定後の遅い夕飯までお腹が満たされたのもよかった。
ケーキセットの温かい紅茶はニルギリのみ。
ニルギリはすっきりした感じだし、
ミルクティーにも合ってておいしかった。
1つ希望を言うなら、私はもうちょっと熱い紅茶の方が好きかな
という感じもあり。
でも落ち着いた店内で、ゆっくりできたおかげで
1日歩き回った結果もまとめることができた。
普段、喫茶店やカフェなどには行かないけど
考えをまとめたりするのには、いいもんだなと思った。

クリスティー
電話:03-3478-6075
住所:東京都渋谷区神宮前1-16-1
営業:平日 11:00ー22:00
   日祭日 11:00ー20:00
定休日:無休

クリスティー (紅茶専門店 / 原宿、明治神宮前、表参道)


今日の川柳〜
懐かしい 大人ぶってた あの頃は


クリスティーヌ店先 ブラームスの小径に
クリスティーヌケーキセット ケーキセット
クリスティーヌチーズケーキ チーズケーキを
| カフェ・喫茶店 | 15:07 | - | - |
| 1/2PAGES | >>

Ferretアクセス解析