CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
CATEGORIES
                
ARCHIVES
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ
壱番館@新橋
腹がへった・・・と孤独のグルメの井之頭五郎状態。
時刻は午後の3時過ぎ。
おしえてもらった立ち飲み屋で、
ちょっとお腹を満たす程度にと思い立ち寄る。

壱番館

新橋駅前ビル1号館の2階にあるお店『壱番館』。
16時からとの情報だったけど、行ったらすでに2人の先客あり。

コーヒー酎とスイカ

おすすめと聞いていたコーヒー酎ハイを注文。
お通しに果物がついてくるのが、なんともうれしい感じ。
料理はほとんど250円。
魚や煮物などなど、カウンターにのっている物が250円。
事前情報によると、まぐろがおすすめとのこと。
でも見当たらないので、お母さんに聞いてみたところ、
5月で終わってしまったとのこと。
ありゃ、残念。。。
でもおいしそうな物がいろいろあるので、
その中から、赤魚のかす漬けをチョイス。
温めてくれて登場。

赤魚焼き

すごい!これが250円だなんて。
かす漬けって、自分で焼くと焦げつきがちなので、
食べたいけど、つい敬遠してしまう。
だから外で気軽に食べれるのってうれしい。

野菜素揚げ

そして野菜の素揚げもいただく。
仕上げに出汁醤油をさっとかけてくれて登場。
ごぼう揚げたの、好き。
そら豆も好き。
これ、とってもいい。すっかり気に入ってしまった。
まだ食べたい物あるけど、夕飯を食べることも考えてこのへんで終了。
週明けに再校確認のため、また新橋に来る予定。
なんやかんやと話しをした常連さんと、
また来週〜と言って退散した。
そして翌週。

お茶ハイと冬瓜

今回はもう1つのおすすめ、お茶ハイを注文。
約束した常連さんがいないので、お母さんとそんな話しをする。
だからか、とても気を遣ってくれて
いろいろ料理のことなどもおしえてもらった。
前回伺って気に入ったのは、
こちらのお母さんがとてもいい感じというのが1番。
品があって素敵な女性。
もちろんこの日食べた冬瓜の煮物も、
海老とお揚げのいい出汁がしみてておいしかったように、
家庭的で安いおつまみもナイス。
でもこういうお店って、やっぱりお店の人の魅力が1番。
この後、友人と会うことになったたためさくっと退散。
この猛暑が落ち着いたら、また行こうっと。

壱番館
電話:03-3574-1327
住所:東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館 2階
| 立ち飲み | 12:30 | - | - |
すっぴん酒場@野方
西武新宿線、野方駅南口を出て歩くこと
3〜4分ぐらいのところにある立ち飲み屋『すっぴん酒場』。
みつわ通りにある、
焼酎場ぁ〜くんちゃん』へ行くまでの途中右手にある。
野方には、
秋元屋という焼きとん好きの人達には有名なお店があるけど
他にも備長やヨシミ商店などもあり、串焼きレベルが高い街。
そんな中、唯一の立ち飲みが『すっぴん酒場』。
店内はL字のカウンターになっていて、
入り口すぐの道路の方を向いて店主の方が焼いている。
なので、どちらかと言えば
その前はちょっと煙いので奥へ行くお客さんが多いと思われる。

すっぴんの赤星

もちろん瓶ビールは赤星。
これ重要。

すっぴんの酎ハイ

更には、ホッピーのように中を追加で頼んで飲むただの酎ハイもある。
炭酸はもちろんニホンシトロン。
このあたり、呑んべいの心をグッとつかむ感じ。
焼酎の量もたっぷり。

すっぴんのおやじつくね

初めて行った時に食べたつくね。
たしかつくねは普通のつくね、おやじ、チーズと三種類あるみたい。

すっぴんのつくね

で、これが普通のつくね。
どちらもおいしいけど、個人的にはおやじの方が好き。
次回はチーズを食べてみよう。
それにしても、つくねがおいしいとテンションが上がる。

すっぴんのカシラ

他にもやっぱりカシラもお願いして。
カシラは意外と普通。

すっぴんの煮込み

ご主人が「煮込みありますよ」と言ってくれたので
そう言われたらやっぱり注文したくなる。
絹ごし豆腐のツルっと感がおいしい。
各種モツの部位が入っていて、
そう濃くないあっさり目の煮込みだった。
こちらのお店はキャッシュオンデリバリー。
前にある小さいざるにお金を入れておく。
大体串は1本100円なので、
立ち飲みだし、まずは1人1,000円置いて飲んでつまんで。
ご主人は焼きに徹しているけど、
話しかけらたやさしく返してくれる感じもいい、
街のなごむ立ち飲み屋さん。
実はまだ2回しか行ったことがなく、
たくさんあるメニューもどんな物があるのか把握できていない。
これから、ひっそり伺ってみようと思っている。

すっぴん酒場
電話:03-3339-3451
住所:東京都中野区野方5-18-4
営業:16:30ー23:00(LO22:30)
定休日:日曜祝日(日月連休の場合は日曜日営業)

今日の川柳〜
中野とは 違った空気 なごむ立ち
| 立ち飲み | 21:09 | - | - |
鎌倉酒店@中野
中野の北口にある大好きモツ焼き屋さん。
ここでなんやかんや話ししながら飲んでいて、いい頃合いに。
「場所かえようか」ということで、久々に南口へ。
南口のロータリーにある三菱東京UFJ銀行のワンブロック裏手にあるお店
『鎌倉酒店』なるお店が目的地。
中野は、北口に飲み屋街が広がっている。
もちろん南口にもお店はいろいろあるけど、
つい北口へ行ってしまい、ほとんど南口へ来ることはない。
南口が久々なので、この辺りにも来ることがないため
全くノーマークのお店だった『鎌倉酒店』。
入り口がものすごく明るい。
店構えも活気がありそうな感じ。
ダークなお店からの移動で、すぐに適応出来ず。
でも飲み始めれば、そんなことはすぐに解消。
これがまだ一軒目かという感じで、活気よく飲み始める。
まずは前割りなる焼酎を。
前割りってなに?と思うも、壁に書いてある説明書きを読む。
焼酎を飲む時に、水で割って飲む水割りに対して、
元々、仕込み水などで焼酎を割ってなじませておく。
これを前割りと言うらしい。
こういう飲み方が、九州では定番ということは
以前別のお店の奥さんから聞いたことがある。
でも、それを前割りって呼ぶとはちっとも知らなかった。
そして南高梅を別に注文して、前割りに入れて飲まずに、
ちょっとつまみながら飲むのがお気に入りらしく私もそれに便乗する。
久々に飲む前割りはおいしい。
ロックで飲む焼酎とは、また違ったおいしさ。
それと一緒に、煮込みと生きゃべつを。
きゃべつには金山寺味噌もついてくる。
これもおすすめとのこと。
マヨネーズもついてくるので、両方の味で楽しみながら前割りを飲む。
金山寺味噌って、普段食べることがないのでこれもまた楽しい。
きゃべつにつけずも、金山寺味噌だけでも飲める状態。
そして煮込みは赤味噌なのか、
はたまた八丁味噌といういうような濃い見た目。
モツがトロっとしているし、豆腐も入っていてガッツリ感満載。
二軒目でちょっと胃に余裕がなく、食べれなかったけど
おいしそうなおつまみがたくさん書いてある。
煮込みもそうだけど、次回はもも焼きやポテトサラダも食べてみたい。
お店の方も明るく感じがいいし、最近お気に入りというのが納得。
この日の同行者の方とは、飲みのスタイルとか味覚の好みなどが似ている。
今までも連れてってもらったお店が、
結果それ以降、私は別の友人と何度も行くことになっている。
新宿の『番番』がまさしくそのパターン。
そしてこのお店もそうなること間違いない。
結構年配の女性が1人でカウンターで飲んでいて、
お店の方と話している感じもなんだか良かった。

鎌倉酒店
電話:03-5342-9054
住所:東京都中野区中野2-30-14 1F
定休日:日曜日

今日の川柳〜
活気あり 焼酎うまし コスパよし


前割り2杯 まずは前割りで乾杯
鎌倉酒店煮込み がっつり煮込み
きゃべつと金山寺味噌 金山寺味噌がナイス
鎌倉酒店外観 また来ます〜
| 立ち飲み | 14:02 | - | - |
| 1/1PAGES |

Ferretアクセス解析